ちょい辛口?ANAプレミアムエコノミークラス欧州国際線搭乗記

日本のナショナルフラッグキャリアの1つ、スターアライアンスグループの全日空ANA。

日本から欧州複数都市へと直行便を運行しており、観光やビジネスなどの力強い味方になります。

今回はそんなANAプレミアムエコノミークラス搭乗レビュー(ドイツフランクフルトー羽田便)を紹介します。

1. 機体

ボーイング777

日本と欧州を結ぶ長距離線の運行には主にボーイング777型、787型が使われています。

今回搭乗したのはボーイング777-300。ANAが現在所有する最大の航空機です。

787ドリームライナーと比べると設備面では劣りますが、それでも機体は比較的新しく、内装・外装ともにとてもきれい。

こういう外見面を整えるのはまさに日本という感じでしょうか。

2. プレミアムエコノミー座席

ANAプレミアムエコノミークラス

プレミアムエコノミークラスはビジネスクラスとエコノミークラスの中間に位置しており、2−4−2の座席配列で全32座席。

12月中旬に利用しましたが、プレミアムエコノミークラスには空席が残っていたため、このようなオフシーズンではANAの上級会員メンバーである場合には無償のアップグレードの確率は高いように思います。

ANAプレミアムエコノミークラス

エコノミークラスよりも前後幅は広く、足を伸ばしても前の座席にぶつかるということはありません。

フットレストやヘッドレストなどエコノミークラスにはないものも設置されているため、長時間の移動であっても比較的楽に過ごすことができます。

ANAプレミアムエコノミークラス

モニターはタッチパネル式の大型モニター。最新の映画やテレビ、ゲームなどを楽しむことができます。エンターテイメントの種類にクラス間格差はありません。

その他コンセントやUSB端末なども各座席に完備されています。

3. アメニティ

プレミアムエコノミークラスのアメニティはエコノミークラスのものに少しだけプラスアルファがあるといった感じ。

座席にはブランケットと枕(エコノミーと同一)、ノイズキャンセリングヘッドフォン、そしてスリッパが最初から備え付けてあります。

それに加え、希望者には歯ブラシ、耳栓、アイマスクの配布が着席後にありました。


スポンサーリンク

4. サービス・機内食

まず機内に乗り込み着席するとウェルカムドリンクが配られました。オレンジジュースもしくは水から選ぶようになっているようです。

尚、国内線のプレミアムクラスのような一人一人への挨拶のようなものは特にありませんでした。

離陸後1時間経過すると1回目の機内食がでてきます。

ANA機内食

食事の内容はエコノミークラスと同一で、選択肢はカレーか白身魚の餡掛けでした。

着陸約2時間半前頃になると2回目の食事が配布されます。こちらもエコノミークラスと同一のもの。お粥とエッグベネディクトの選択肢でした。

食事のクオリティは、エコノミークラスと同じなので決してクオリティが高いともいえず、不味くはないですが、褒められたものでもないというのが本音。

また1回目の選択肢がかなり和に偏っているので、欧米の方にはどうなのかなという印象です。またパンもビニール袋入りなパサパサのものが出てくるのも残念。

機内食レベルはヨーロッパ系エアラインやタイ航空、シンガポール航空などと比べるとどうしても見劣りしてしまいます。

プレミアムエコノミーで嬉しいのは、1回目と2回目の食事の間に、ビジネスクラスと同じ間食メニューやドリンクメニューをオーダーすることができるということ。

特に一風堂のカップ麺はかなりそそられます。ただ匂いがきつく1人食べてるだけでキャビン中がラーメン臭に包まれるので、食べるのはちょっと気を使うというのが本音。

特に横に欧米の人が座ってると麺をすするのも躊躇してしまいます。

5. CA対応

ANAに限らず日系航空会社の共通点ですが、機内食などメインのサービス時間以外でも頻繁にキャビンを周り水や飲み物などを持ってあるいてくれるため、きめ細かいサービスはしてもらえます。

特に欧米系エアラインだと機内食サービスが終わった後は1時間に1回くるか来ないか、という感じですがANAの場合にはかなりの頻度でキャビンを回ってくれるため、何か希望がある際などに伝えやすいのは嬉しいところ。

一方で、改善点があるとすればやはり語学力。国際線CAなのでせめてもう少し英語ができる人材を揃えて欲しいと思います。

発音が悪いとかそういうレベルならまだ許せますが、英語で話しかけられて何を言っているか理解できていないことがしばしばあるため、最低限のサービスという意味でも要改善です。

また英語での機内放送を「外人」クルーに任せるのもどうかと思いました。しかも今回の英語放送をしていたのはスペイン語なまりのノンネイティブ。外見で外人枠、みたいなのはいかがなものかなぁと思います。

更にいえば、95%の確率でANAの機内放送は「Enjoy your fright(恐怖を楽しんで)」となっているのでせめて「Flight」と発音できるよう頑張ってください。

6. 総評

いかがでしたか?ANA欧州線プレミアムエコノミークラスの搭乗レビューを紹介しました。

一言で言うと、エコノミークラスにちょっと毛が生えたという感じ。座席がただ広くなるだけ、と割り切るならいいですが、プレミアムエコノミークラスの正規料金を払って乗るだけの価値があるかはかなり微妙なところです。

少なくとも他者のプレミアムエコノミークラスと比較するとかなりランクが下がります。

特にシンガポール航空やタイ航空、欧州系ナショナルフラッグキャリアのプレミアムエコノミーはビジネスのやや下、という扱いなのに対しANAのプレミアムエコノミーはエコノミーのやや上という感じ。

その両者には大きな隔たりがあるというのが実際です。

是非ANAにはサービスの改善とCAのレベル向上(特に語学レベル)に努めて欲しいと思います。

飛行機乗るなら損はなし!

空港ラウンジは一部の上級会員のためだけ、と思っていませんか?

たとえ上級会員ではなくても、プライオリティパスを持っていれば空港ラウンジにアクセス可能!

さらに航空会社やアライアンスに縛られることがないので、空港を利用するときはどんな格安航空会社を使ったとしてもラウンジを使うことができます。

搭乗前に飲み物や食事、シャワーまで利用可能なため、お得に待ち時間を有意義に使えるだけでなく、搭乗直前までラグジュアリーな気分でいられて快適。

海外旅行をする方には絶対にお得です!

世界中130ヶ国、500都市、1,000か所以上の空港ラウンジをご用意!!【PriorityPass】

シェアして応援してください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Shun

アイルランド、スウェーデン、イギリスに留学経験あり。その際時間の都合がつく限りヨーロッパ各国を渡り歩き、決して観光ガイドだけではわからない現地の情報を収集。そんな情報を元に、ヨーロッパの生の観光情報と留学に必要なIELTS対策を紹介中。

RELATED POST関連記事