北欧全制覇した僕がリトアニア旅行を心からおすすめする10の理由

バルト3国の1つであるリトアニア。まだまだ観光地としての知名度は世界的に見ても低く、日本人にとってもあまり馴染みがある国ではありません。

ですが、中世ヨーロッパの雰囲気をそのまま残し街ごと世界遺産に登録されている首都ヴィリニュス市街地だけでなく、リトアニア全国に世界遺産を含む多くの観光資源があることから、コアな旅行者を中心に人気になってきています。

私自身、北ヨーロッパに属する国は全て訪れたことがありますが、その中でもリトアニアは私が心からお勧めできる国の1つです。

今回は、何故そこまでリトアニア旅行お勧めできるのか、理由を10項目紹介します。 

1. 豊富な観光資源

リトアニアというとパッと有名な観光地が浮かばないかもしれませんが、訪れてみると実際にはかなり観光資源に富んだ国だということがわかりました。

多くの旅行客がエストニア、ラトビア、リトアニアのバルト3国を1週間程度で駆け足で廻りますが、実際にはリトアニアだけに1週間滞在しても十分に楽しめる国です。

街ごと世界遺産登録されている首都ヴィリニュスの旧市街は比較的大きく、観光客がいつでも見学できる教会や大聖堂が20以上。

それに博物館や美術館も充実しており、何より中世ヨーロッパの姿を感じることができる町並みは、まさに息を飲むとの言葉がぴったり。その美しさは何日見ていても飽きることはありません。

リトアニア第2の都市カウナスは、「命のビザ」で有名な元駐リトアニア領事杉原千畝の足跡を辿る旅が人気。

街を歩いていると所々で杉原千畝の記念碑を見つけることができますし、リトアニア一の親日エリアでもあります。その他城や教会、博物館など訪れるべきところは多岐にわたります

さらに、リトアニア第4の都市シャウレイの近くには知る人ぞ知る世界遺産、十字架の丘がありコアな個人旅行客を惹きつけています。少しアクセスは大変ですが、十分に足を延ばす価値があります。

2. 格安の物価

リトアニアの物価

ボリューム抜群のラムステーキとビールでたったの7ユーロ

バスト3国に共通して言えますが、リトアニアはユーロ圏の中では最も物価の安い国々だと言えます。

ヴィリニュス中心部のレストランでさえ、前菜とメインコースにアルコール類を頼んでも3000円弱程度。少しローカルなレストランにいくと立派なサーロインステーキが600円程度なんてこともあります。

アルコール類も安く、ビール1杯1〜2ユーロ程度。北欧諸国を旅するときと違ってお財布事情をあまり気にしなくていいのは嬉しいところ。

ホテルも例外ではなく、中級ホテルであれば1泊30ユーロ〜40ユーロ程度。ゲストハウス(民宿)だと20ユーロ程度から、ホステルに至っては3〜5ユーロ/ベッドととにかく安く泊まれます。

節約旅行をするにも、ちょっとラグジュアリーな旅行をするにも出費が少なくて済むので財政的にも楽しい旅行になります。

3. 破格の航空券

リトアニアアクセス

リトアニアへは日本からの直通便はありませんので欧州各国から乗り継ぎが必要になります。

特に日本から直通便も飛んでいるコペンハーゲン経由にするのがおすすめ。

ライアンエアーという欧州で最も有名な格安航空会社(LCC)はコペンハーゲン-カウナス間をなんと10ユーロという破格の値段で航空券を販売しています(隔日運航)。

またコペンハーゲンから電車で30分程度の隣町、スウェーデンのマルメという街の空港からはリトアニアの首都ヴィリニュスまでこちらもWizzairという格安航空会社が8ユーロで販売。

リトアニアと北欧を結ぶ航空券はなぜか極端に安く設定されており、気軽に移動することができます。

航空券検索TIP!

格安の航空券を探すために下記のサイトをそれぞれ使ってみてください。

4. 人の良さ

一般的にリトアニア人は英語をあまり話しません。特に一定の年齢層になると簡単な英語でさえほとんど通じませんし、あまり英語で話したがることもありません。

ですが、それでもなんとか身振り手振りで案内してくれたり、ちょっと共産圏の名残なのかあまり笑うこともなく淡々と助けてくれる感じは、逆になんとも言えない温かみを感じます。

逆に英語を話せる人に関しては、旅行者と英語で話したがる人も結構多いようで、よくすれ違いざまに声をかけられたりと皆フレンドリーに感じました。

また、もともと移民が極端に少ない国ということもあってか反移民感情を持っているような感じはなく、またあまり人種差別的なことを感じません。

アジア人差別という意味では、欧州の他の主要観光客の方がよっぽど根強く残っているように思います。

5. コアな旅行者気分

リトアニアに旅行に行ったことがある人は身の回りのどの程度いるでしょうか。またリトアニアに行くというと周りの人はどういう反応をするでしょうか。

まだまだ日本人にとっては観光地としての知名度は低く、世界的に見てもまだまだ旅行客が多いとは言えません。

有名な世界遺産「十字架の丘」を訪れても観光客は自分一人だけ、一人で世界遺産を独占なんていう体験も出来てしまいます。

リトアニアを旅行する難易度は全く高くないのにもかかわらず、その観光客の少なさと知名度からまるで自分がコアな旅人になったかのような気分になるに違いありません。


スポンサーリンク

6. 発達した国内交通網

シャウレイアクセス

リトアニアはEU加盟国で、かなり巨額の援助を受けながら国内の交通網を整備してきました。主要都市ではバスやトラムが発達し、都市間の移動も高速鉄道や高速バスでスムーズに行うことができます。

特に都市部を結ぶ高速バスは定時運航率が高く、また非常に本数も多いため観光にも最適です。

7. 安定した治安

リトアニアの治安

様々な国を旅行してきましたが、リトアニアの治安の良さは最高水準、少なくとも主要都市では夜間も含めて犯罪に巻き込まれるような雰囲気は微塵も感じさせません。首都ヴィリニュスなど観光客の多いエリアでは、夜間にカメラをぶら下げた人も普通に街中を歩いています。

実際現地の人に聞いても、犯罪らしい犯罪はほとんど起きていないと言っていました。

理由の一つに移民や難民がほとんどいないこと。欧州が難民危機に巻き込まれる中、嘘か本当かリトアニアで自ら難民申請したのはたったの3人だとか。「リトアニアは移民に不人気なんだ」と笑いながら話していたのが印象的でした。

またそれほど平均所得は高くないにもかかわらず観光客に法外な値段を突き付けたり、スリやひったくりを狙うというような雰囲気も全くありません。

旧共産圏の名残なのか、従順なキリスト教国の所以か、なんとも言えない犯罪を抑止する雰囲気があります。

8. 親日感情を持っている人が多い

リトアニアの親日度

もちろん人にもよると思いますが、リトアニア人は日本に対して少し他のアジア諸国とは違った印象を持っている人が多いように感じました。

基本リトアニアのある一定の年齢層以上の人は、共産主義時代の名残なのか人種に限らず観光客(リトアニア語を話さない人)に冷たいように一見思えるのですが、日本からきたということを伝えると突然笑顔で何かいってくるということを何度か経験しました(もちろん何言っているかは不明)。

カウナスにある杉原千畝博物館の職員に聞いてみると、リトアニアでは学校教育の一環として杉原千畝の功績をはじめとして日本の歴史も少し学ぶということ、そしてカウナスの公立学校の中高生は全員杉原千畝博物館に社会科見学に行くとのことでした。

たった1人の先人による人道支援が、現在の親日感情に繋がっているというのはとても感謝すべきことだと実感します。

9. 団体旅行者がいない

正確に言うと0ではありませんが、団体旅行や大人数のグループの観光客を見かけることはほとんどありません。少なくとも他の欧州書庫奥で見られるような中国人の大人数団体のような目立つグループはなく、あっても10人程度の小規模なもの。

そのため団体でごった返す中観光したりしたり、団体ツアー客と同じレストランに鉢合わせたりという心配は無用で、他の旅行客に対するストレスなく自分のペースで見て回ることができます。

逆に、リトアニア観光では教会をはじめとした中世の建物巡りだったり小規模の博物館を回る機会が多くなるので、あまり大人数のグループは適さないのかもしれません。

10. 美味しい食事

リトアニア料理

リトアニアの食事と聞いてどういうイメージを持つでしょうか。バルト3国に共通して言えることは、とにかく食事が美味しく手が込んでいるということ。

リトアニア伝統料理であってもなくても、肉料理も魚料理も関係なく、メニュー上の何をたのんでも外れということはありません。さらに食事の値段も非常に安くコストパフォーマンス抜群。

欧州諸国色々旅をしてきましたが、リトアニアを含めバルト3国の食事がもっとも高評価です。

最後に

いかがでしたか?

物価が安くて、治安もいい。食事も美味しいし人も親切。観光地としては最適な条件が整っています。

戦後の復興に時間がかかったこともあってまだまだ観光地としての知名度は低いままですが、EU加盟国として近代化が急速に進んできており観光客が安心して滞在できる環境が整っています。

リトアニアに今すぐにでも行きたくなった方、是非次の目的地候補に追加してみてはいかがでしょうか。

見所は非常に多いので、リトアニア滞在の日数をしっかりと確保した旅行計画をお勧めします!

旅行通の常識!

EUおすすめWi-Fi

ヨーロッパ専用Wi-Fiルータ(周遊対応):ユーロデータ

バルト3国周遊旅行の際に是非持っていきたいのがポータブルWi-Fiルーター。

ユーロデータのWi-Fiルーターは通信量超格安の定額で、通信会社が提供する海外パケット放題などに申し込むよりもずっとお得。

日本から持ち込んだ携帯であっても、国際電話や海外ローミングによる高額請求を気にすることなくインターネットにつなぐことができるようになります。

もちろんLineやFacebookメッセンジャーを使えば通話も可能。現地で観光情報を調べたり電話で連絡を取ったりと重宝すること間違いなし!

シェアして応援してください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Shun

1988年 横浜生まれ。アイルランド、スコットランドへ短期留学後、スウェーデン南部マルメ1年留学、さらにその後英国ロンドンに大学院生として留学。北欧やバルト3国の大部分の都市・街を周遊し北欧の文化や観光情報にも精通。 留学に必要なIELTS対策と北欧を中心としたヨーロッパ観光情報をブログにて紹介中。

RELATED POST関連記事