ロンドン地下鉄使いこなし!オイスターカードを使ったお得な利用方法

ロンドン地下鉄

ロンドン中に蜘蛛の巣のように路線網を持ち、ロンドン市民や観光客にとって貴重な足となっているロンドン地下鉄(ロンドンアンダーグラウンド)。

ロンドンにある全ての観光地に地下鉄を使って訪れることができるため、ロンドン滞在中には必ず利用することになるはずです。

また、ヒースロー空港にまで路線が伸びているため安価で空港へアクセスする場合にもおすすめ。

今回はそんなロンドン地下鉄の利用方法を紹介します。

1. 地下鉄路線図

ヨーロッパには比較的シンプルで簡単な路線網を持つ地下鉄が多いですが、ロンドンの地下鉄はパリの地下鉄などと同様非常に複雑で広い範囲に路線網を持っています。

そのため、初めてロンドンを訪れる際にはあらかじめ目的の観光地にいくためには何線の何駅にいくべきなのかを調べておくか、現地でWi-Fiや現地SIMカードを使うなどしてインターネットに接続し、Google map等で検索することをお勧めします。

上記路線網はクリックで拡大しますので、必要であれば印刷してください。

2. 地下鉄の目印

ロンドン地下鉄

日本と違って、ロンドンの地下鉄は全て1つの会社によって運用されています。

そのため地下鉄の案内マークや切符の買い方などは全て統一されており、慣れない観光客でも比較的簡単に使いこなすことができます。

ロンドンで地下鉄に乗る際にはこの赤いマークを探してみてください。一駅の間隔が比較的短く、またロンドン中心部では非常に多くの路線が乗り入れているため、少し周囲を歩き回るだけでもいくつかの駅を見つけられるはずです。

3. 切符の購入方法

現金で地下鉄を利用する場合には駅構内にある自動券売機から乗車券を購入します。

自動券売機には二種類あり、幅が広い大きな機械(写真左)と幅が狭い機械(写真右)があります。

現金で購入する場合には大きな機械で、クレジットカードを利用する場合には小さな機械を利用してください。

画面はタッチパネルになっており、また日本語を含むマルチ言語に対応しているため、英語が苦手な人でも使いやすくなっています。

一点注意は、ロンドン地下鉄の料金はゾーン制になっており、乗車駅と降車駅の場所によって運賃が変わります。

ロンドン中心部にある主要観光名所はほとんどゾーン1に入っていますが、郊外に行く場合などにはその降車駅の駅名もしくはゾーンがわからないと切符を購入できないため現金で切符を購入するのはややハードルが高くなっています。

また、ロンドンの地下鉄は現金で利用する場合非常に運賃が高くなるため、ロンドン滞在中2−3回以上地下鉄を利用する場合、もしくはロンドンバスも利用する場合には後述するオイスターカードの利用がおすすめです。

4. オイスターカードの購入方法

オイスターカードとは日本のスイカやパスモに相当する交通ICカードです。オイスターカードを利用すると運賃が約半額になります。

例えばゾーン1内を利用する場合、たとえ一駅であっても現金では4.9ポンド(約750円)ですが、オイスターカードを利用すると2.4ポンド(約370円)となるので、滞在中複数回利用する場合にはオイスターカードの利用がおすすめ。

また、ロンドンバスにはオイスターカードがないと乗車することができません。

a. 購入・トップアップ方法

オイスターカードはロンドンの駅にある自動券売機から購入することができます。発行時に5ポンドのデポジットがかかります。

オイスターカードにチャージすることを英国では「トップアップ Top-Up」といい、同じく自動券売機から行うことができます。

オイスターカードトップアップ時も現金のほかクレジットカードを利用することができます。

b. 返金方法

ロンドンを離れる際など、もうオイスターカードを利用しない場合には返金を受けることも可能です。

オイスターカード残っている残額が10ポンド以下(デポジット含む)の場合、駅にある自動券売機から払い戻し手続きが可能。

ヒースロー空港の地下鉄駅構内にも自動券売機があるので帰国前には残高を無駄にしないよう手続きをしておきましょう。

自動券売機のオイスターカードメニューの中から「Oyster refund」を選択してください。

尚、10ポンドを超える返金の場合には郵送でしか手続きができないため、トップアップする際にはどのくらい滞在中に利用するか考えて行うようにしましょう。

5. 改札

ロンドン地下鉄の乗り方は基本的に日本と同様。切符を購入後、自動改札機を通ってホームへと入ります。

オイスターカードを利用する場合には、改札機についている黄色いパットにタッチするとゲートが開きます。

尚、ロンドン中心部では通勤ラッシュ時間などの際にはホームの混雑が原因で改札が閉鎖されることもしばしばあり、その場合駅の外まで大混雑ということがあるので、頭の片隅に入れておくことをお勧めします。

なお、駅によって1つの改札で全ての路線にアクセスできる場所と、路線によって改札が分かれている場所があります。

改札上にこのように路線案内が出ているので、実際に乗る路線が記載されているかを確認してください。

改札内に入ったら乗る路線と進行方向を間違えないよう確認し、ホームへと向かってください。

ロンドン地下鉄は日中3−5分間隔と比較的短い間隔で運行されているため、車内が混雑している場合には無理して乗らず次の車両を待って無理な乗車をしないよう気をつけててください。

6. 最後に

ロンドン地下鉄は犬も乗車可能。おとなしくシートに座っているワンちゃん、なんていう光景を見かけることもあるかもしれません。

路線網が非常に充実しており、ロンドン市内の移動にはかかせないロンドン地下鉄。さらにヒースロー空港にいくピカデリー線など一部の路線は24時間運行しており、使いこなせると大変便利になります。

是非、ロンドン地下鉄に乗ってたくさんの観光名所を巡ってください!

ロンドン地下鉄

皆さんのシェアが次の記事執筆に繋がります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です