ヘルシンキ近郊の鉄道移動に便利!ヘルシンキ近郊列車の利用方法

フィンランド国鉄が所有し、通勤輸送を主な目的として運行しているヘルシンキ近郊列車。

ヘルシンキ通勤列車とも呼ばれ、フィンランド国鉄が主に運行する都市間路線とは区別されており、中心部から空港や郊外の観光地などへの利用に大変便利。

今回はそんなヘルシンキ近郊列車の利用方法と特徴を紹介します。

都市間路線の乗車方法を知りたい方はこちら!

高速鉄道や夜行列車を含む長距離都市間路線の利用方法をお探しの方は、こちらのフィンランド鉄道紹介記事を参考にしてください。

1. ヘルシンキ近郊列車運賃

ヘルシンキ近郊列車の運賃はトラムやバス、地下鉄と共通のゾーン定額制となっており、観光客でもわかりやすい料金設定になっています(クリックで拡大)。

例えば、ヘルシンキ中心部の移動であれば、自動券売機からの購入の場合大人2.9ユーロ、空港を含むヘルシンキ郊外や周辺の町へ行く場合にはZone-2 extended region ticketと呼ばれるチケットで大人5ユーロとなります。

その他1日券〜7日券まで選べるデイチケットなどもあります。

2. 乗車券購入方法

ヘルシンキ近郊列車を利用する場合には、駅備え付けの「HSL/HRT」と書かれた青い券売機を利用します。

この券売機はバスやトラム、メトロの券売機も兼ねており、同様の手続きで購入が可能です。

大きな機械(写真中央)は現金対応のもの、小さな機械(写真右)はクレジットカードのみ対応可能となっています。

尚、写真左の緑色の券売機は都市間(長距離)鉄道専用の券売機となっていますので注意してください。

青い機械の初期画面では以下の4種類のチケット種別が表示されています。

  • Internal ticket
  • Regional
  • Region Zone-2 ticket(空港はこちら)
  • Region Zone-3 ticket

目的地がどのゾーンに含まれるか既にわかっている場合にはこちらをクリックすることでクイック購入が可能ですが、目的地のゾーンがわからない場合には駅名をタイプして検索、購入することも可能です。

その他の購入方法としては「R-キオスク」の店員から直接購入する方法があります。こちらも料金は自動券売機と同様ですが、発行される券の形式が違うこと、そして乗車後に打刻が必要となる点が異なります。

3. 乗車方法

自動券売機で乗車券を購入するとこのようなレシートタイプのものが発行されます。一方、キオスクで購入した場合にはICカードタイプのものが発行されます。

フィンランドの鉄道は日本のような自動改札機がないため、チケット購入後はそのまま列車へと乗り込みます。

レシートタイプの1回券チケットには購入時間とそのチケットの有効期限(Voimassa/Giltig)が書かれており、この時間内であれば列車下車後に乗り換えやバス・トラムなどを利用することも可能です(打刻不要)。

一方、自動券売機で購入したレシートタイプの24時間券などは、初回使用時に車内に設置された黄色い打刻機を使用しないと有効とはみなされません。

キオスクで購入したICカードタイプのものを使用する場合には写真左端に見えているICカード専用検札機にかざし打刻が必要になります。

尚、有効な乗車券を持っていない場合や、デイチケットなどで打刻漏れがある場合には係員による抜き打ち検札により80ユーロの罰金が科されるので注意してください。

4. 使用列車

フィンランド近郊列車で使用されている車両は全て電車タイプのもので、主にSm4型とSm5型の通勤用電車が使用されています。

このようにHSL/HRTというロゴも描かれており、都市間輸送を行う高速鉄道とは完全に使用列車が区別されています。

こちらはSm5型電車の車内を撮影したもの。

車内も通勤用ということで、2人掛けシート、4人・6人掛けボックスシートの3種類のみの設定になっています。

また立ち席にも対応してハンドレールなども設置され、収容人数を増やすために座席がないスペースも多く取られています。

冬場は寒さが厳しいこともあり、ドアは基本的には駅停車中も閉じたまま。乗降時にはドア横に設置されているボタン(緑色に点滅)を押してドアを開けます。

5. 運行路線図

近郊列車は全てアルファベット1文字で路線が表記されており、全ての列車はヘルシンキ中央駅を起点としています(クリックで拡大)。

本線とされるD・R・T・N・K・Z線や、ヘルシンキ空港にも停車する環状線であるP・I線、沿岸線と言われるY・X・U・L・E・A線など豊富な路線網となっています。

6. 最後に

いかがでしたか?

今回はヘルシンキ近郊列車の利用方法と特徴を紹介しました。

近郊列車とバス、トラム全てが同一料金体系で接続しているため、乗り継ぎなどにも便利。

特に空港とヘルシンキ中央駅をつなぐP線やI線などはほとんどの観光客が使うといってもいい路線なので、是非簡単に利用方法を予習して実際に乗車してみてください。

フィンランド鉄道を使った長距離路線の利用方法については別記事で紹介しているので、フィンランド列車旅を検討している方はどうぞあわせて参考にしてください。

ヘルシンキ宿泊に超おすすめ!

ヘルシンキに数多くあるホテルの中で、フィンランド観光に最適なホテルがHotel Seurahuone Helsinki

ヘルシンキ中央駅の目の前にありながら比較的コストパフォーマンスが良く、トラムやバス、鉄道を使う際に大変便利な立地になっています。

また、空路で深夜到着になる場合や早朝に空港へ行かないといけない場合にも、駅前から空港行きバスが運行しているためとても便利。

もちろん客室やスタッフの対応も世界から訪れる観光客を満足させるだけの高い質が保たれており、快適なステイが保証されています!

実際に泊まってみて、口コミで高く評価されている理由がよくわかりました!

個人旅行情報ブログ生き残りのためシェアして応援お願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Shun

アイルランド、スウェーデン、イギリスに留学経験あり。その際時間の都合がつく限りヨーロッパ各国を渡り歩き、決して観光ガイドだけではわからない現地の情報を収集。そんな情報を元に、ヨーロッパの生の観光情報と留学に必要なIELTS対策を紹介中。

RELATED POST関連記事