アムステルダム・スキポール国際空港〜キューケンホフ公園への行き方

オランダの春の代名詞とも言えるキューケンホフ公園。数百万のチューリプが咲き誇るヨーロッパの春を代表する美しい公園で、世界中の人を魅了しています。

そんなキューケンホフ公園はアムステルダムの北西部リッセというエリアにあり、アムステルダム・スキポール国際空港からは直通バスが出るなどとてもアクセスのしやすい場所になっています。

今回はアムステルダム・スキポール国際空港からキューケンホフ公園までの行き方を紹介します。

1. 空港到着ターミナル

オランダの春といえばチューリップ、チューリップといえばキューケンホフ公園。

そんなヨーロッパで最も知られている公園であるキューケンホフ公園を目当てに、世界中から観光客が集まります。

そんなこともあり、アムステルダム・スキポール国際空港に到着したその瞬間からいたるところでキューケンホフ公園の広告や紹介を見かけることになります。

2. バス乗り場の場所・所要時間

スキポール国際空港

キューケンホフ公園行きのバスは、公園が開園している季節限定で到着ターミナル4 (Arrival 4)外から発着します。

空港の税関を抜けたのち、頭上の黄色い看板に従ってArrival 4を目指してください。空港の最も端に位置しています。

Arrival 4から空港外に出ると、すぐ目の前に特設のバス停留所が見えてきます。

早朝から夜間までバス運行中には複数のスタッフがバス乗り場前にいるため、見逃す心配もありません。

バスのチケットを事前に購入している場合や後述のコンボチケットを持っている場合には、そのスタッフに提示するか、もしくは設置されているカードリーダーをつかって改札を行います。

アムステルダム・スキポール空港からキューケンコフまでの所要時間は約30分です。

3. コンボチケットのすすめ

キューケンホフ公園

アムステルダム・スキポール空港からキューケンコフ公園を往復する場合には、往復の交通機関+入園料がセットになった事前割引チケット、コンボチケットがおすすめです。

このチケットは各所観光案内所やキューケンホフ公園公式HPから事前購入可能で、公共交通機関と入園料をバラで購入するよりもお得な料金設定となっています。

また、チューリップ満開の時期や週末など非常に混雑する時期においては、入園チケットを購入する人による長蛇の列ができることがありますが、このコンビチケットを持っていればそのまま入園ゲートを通過できるため列に並ぶ必要もなくなります。

少しでもお得に、そして効率的にキューケンホフ公園散策を楽しみたい方は是非チェックしてみてください。

4. キューケンホフ公園の楽しみ方

チューリップの満開

キューケンホフ公園はヨーロッパの庭とも言われるほどオランダを代表する公園で、春の時期には数百種類のチューリップを含む700万株もの花が咲き誇る春の代名詞。

広大な敷地の中に様々なテーマで花々が植えられており、どこを歩いてもフォトジェニック。

いつまでいても飽きることのない美しい光景が一面に広がっています。

オランダのチューリップ

内部にはオランダの代名詞でもある風車や、花を使ったアートスペース、動物と触れ合えるスペース、写真映えすること間違いなしなフォトスポットなど散策以外にも楽しめる施設が複数あり、丸半日いても見切れないくらい。

目に入るものすべてが綺麗で、ついつい写真を撮りすぎてしまうほどの感動の景色が広がっています。

是非春のオランダを訪れる際にはキューケンホフ公園を見逃さないようにしてください。

アムステルダムからは公共交通機関のほか様々な日帰りツアーが催行されており、時間や希望に沿ったものを見つけることもできるはずです。

花が満開の時期の週末には団体バスだけで数百台が訪れる観光名所。キューケンホフ公園まで自力で行くのに自信がないという方は、アムステルダム発の送迎・ガイド付きの現地ツアーも多数催行されていますのでチェックしてみてください。

キューケンホフ公園の観光のポイントはこちらの記事で詳しく紹介しています。

アムステルダムの筆者おすすめホテル

ホテル名: The Manor Amsterdam

アムステルダム中心部のホテルはどこも割高で、落ち着かない所が多いのが欠点。

そんな中このThe Manorは中央駅の1つ隣駅の静かなエリアにあり、しかも値段を考えると客室も広くホテルサービスのクオリティが高いので本ブログ運営者一押し。

スタッフのホスピタリティも高く、なによりモダンでゆったりとした空間が作られている客室で休むことができるので日中忙しく歩き回る人におすすめです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です