オーレスン観光まとめ!ノルウェーで1番美しい街で訪れたい観光名所15選

ノルウェー西海岸のフィヨルド地帯に位置し、ノルウェー人が選ぶノルウェーで最も美しい街に選ばれ続ける街、オーレスン

街並みをみても、大自然の景色をみても、どこを見ても美しいと思える街になっています。

今回はそんなオーレスンに訪れた際に観光スポットとして、ガイドブックには書かれていない場所も含め是非立ち寄りたい観光名所を15箇所厳選して紹介します。

1. ユーゲント・シュティール建築群

オーレスンといえばユーゲント・シュティール建築。1904年に発生した大火により街の大部分が焼失したものの、当時の最先端であったユーゲント・シュティール様式で復興され、今ではその街並みが美しすぎると観光の目玉になっています。

街の中心部はもちろんどこを歩いてもユーゲント・シュティール建築が見られ、1軒1軒が全て異なるデザインで装飾されているので見応えも十分。

カラフルで唯一無二の建物を見ながらゆっくりと散策を楽しんでみてください。

実際の街並みはこちらで紹介中! 

2. アクスラ展望台 Aksla Utsiktspunkt

オーレスンの中心部のすぐ背後にあるアクスラ山。ここの頂上にある展望台からはオーレスンの街並み全てを見下ろすことができます。

中心部より徒歩で30分程度、481段の階段を登ればそこは見渡す限りの絶景。昼間の風景はもちろん夜景も本当に見事ですので必訪です。

レストランやカフェも併設されており、景色を楽しみながら食事というのもおすすめです。

詳細

住所: Parkgata 11, 6003 Ålesund, Norway
公式HP: www.fjellstua.no
実際の散策記はこちら 

3. ストールハウゲン公園 Storhaugen park

ストールハウゲン公園

オーレスンの中心部からアクスラ山とは反対方面にある小高い丘の上にある小さな公園。地元の人たちの散策コースになっています。

ここからはフィヨルド地帯にあるオーレスンならではの雄大な山々と、目の前にどこまでも続く海を360度眺めることができます。

詳細

住所: Gange Rolvs gate 5, 6005 Ålesund, Norway
営業時間: 24時間 

4. オーレスン教会 Ålesund kirke

1909年に建てられた石造りの重厚なルター派カトリック教会。祭壇周りの美しい装飾が特徴的です。

オーレスン中心部にあり、教区教会としての機能を担っている他、優れた音響環境を生かしてパイプオルガンコンサート等が定期的に開催されています。

詳細

住所: Aspegata, 6004 Ålesund, Norway
公式HP: kirken-aalesund.no 

5. アトランティックシーパーク Atlanterhavsparken

現在の水族館は1998年に建てられ、それ以来スカンジナビアで最大級の水族館として多くの観光客を魅きつけています。

室内展示だけでも4000㎡、さらに屋外にも6000㎡もの広大な敷地を持ち、様々な魚の展示はもちろん、世界で最大級のアザラシやアシカの展示スペースがあります。

また水族館周辺は散策路が整備されており、ハイキングや釣りなど様々なリクリエーションを楽しむことができます。

詳細

住所: Tueneset, 2090 skarbøvik, 6006 Ålesund, Norway
営業時間
 月 ~ 土: 11:00 ~ 16:00
 日:  11:00 ~ 18:00
公式HP: atlanterhavsparken.no

6. ユーゲント・シュティール建築博物館 Jugendstilsenteret

オーレスン大火の後1905年から1907年に薬局として建設されたユーゲント・シュティール様式の建物が、現在は博物館として公開されています。

オーレスンで最もいい状態で保存されていると言われるユーゲント・シュティール様式の内装を見ることができる他、中世から近代の様々な形式のアート作品展示がされています。

詳細

住所: Apotekergata 16, 6004 Ålesund, Norway
営業時間
 火 ~ 日: 11:00 ~ 16:00 (木: ~ 20:00)
 月: 休館
公式HP: jugendstilsenteret.no

7. 漁業博物館 Fiskerimuseet

オーレスン

ノルウェーの漁業を支えた主要な漁港街オーレスン。ここにある漁業博物館では、漁業発展の歴史や、タラを使った塩漬けやオイル抽出などかつての主要産物の製造過程などを紹介しています。

博物館の入っている建物は1861年に建てられ、1904年にオーレスンのほぼ全てを焼失させた大火を免れた数少ない貴重な建物としても知られています。

詳細

住所: Molovegen 10, 6004 Ålesund, Norway
営業時間(冬季休館期間有り)
 月 ~ 金: 9:00 ~ 16:00
 土 ~ 日: 12:00 ~ 16:00

8. オーレスン博物館 Ålesund Museum

オーレスン博物館

オーレスン中心部にほど近い場所、美しい港をのぞむ場所に位置するオーレスン博物館。

1904年の大火やその後の復興はもちろん、漁業港としての側面や第2次世界大戦中の状況など、多くの写真、絵画と工芸品を通じてオーレスンが歩んだ歴史を紹介しています。

オーレスン市民の生活に関わるものはもちろん、昔のボートやノルウェー軍の装備、歯科の治療室など興味深い多くのものが展示されています。

詳細

住所: Rasmus Rønnebergs gate 16, 6002 Ålesund, Norway
営業時間: 季節により変動(公式HP参照)
公式HP: sunnmoremuseum.no

9. スンモーレ博物館 Sunnmøre Museum

オーレスン中心部より東に4kmほど離れた場所にある屋外博物館。

広大な敷地の中に、教会を含む50軒以上の建物、40以上のボートなどを使って主にバイキング時代の生活環境を再現しており、また当時の生活を実体験できるアクティビティも多数。

まるでバイキング時代のような何百年も前にタイムスリップしたかのような気持ちになります。

博物館にはバイキング時代の船のレプリカや貴重な出土品などが展示されています。

詳細

住所: Museumsvegen 1, 6015 Ålesund, Norway
営業時間
 月 ~ 土(夏季): 10:00 ~ 16:00
 火 ~ 土(冬季): 10:00 ~ 15:00(月曜休館)
 日: 12:00 ~ 16:00
公式HP: sunnmoremuseum.no

10. 灯台ホテル Molja Lighthouse

オーレスン灯台

オーレスンのフェリーターミナルに面する場所に立つモルヤ灯台。ここからはオーレスンの街並みや、アクスラ山、そしてどこまでも続く美しい海を見渡す事ができます。

景色を楽しむだけでももちろんいいのですが、なんとこの灯台の内部はホテルの客室になっているんだとか。Hotel Brosundetというオーレスンで人気ホテルの47号室として宿泊することができるようになっています。

ここの宿泊客限定でわざわざ朝食をホテルマンが届けてくれるサービスもあるんだとか。ちょっと風変わりなホテルを探している人は是非トライしてみてください。

詳細

ホテル名: Hotel Brosundet (灯台は47号室に該当)
住所: Molovegen 70, 6004 Ålesund, Norway

11. Nedre Strandgateの橋

オーレスンの中心部にあり、ユーゲント・シュティール建築博物館のすぐ目の前にある橋も是非立ち止まりたいポイント。

そこからは運河沿いに一列に並ぶカラフルで美しいユーゲント・シュティール建築を見ることができます。

風が少ない日には水面に建物が反射しさらに綺麗な光景に。特にライトアップした建物が鏡のように映り込む夜の景色は必見です。

詳細

場所: ユーゲント・シュティール建築博物館前
昼夜の景色はこちらで紹介中

12. ニシン漁婦の像  Herring woman

オーレスン観光

Nedre Strandgate通りにある橋のすぐ側に、漁港街として反映したオーレスンを記念して銅像が建っています。

1990年に個人と地元企業の寄付によって建てられ、その後は観光客にとっても人気の記念撮影スポットになりました。

詳細

住所: Pharmacy square, Apotekertorget, 6004 Ålesund, Norway

13. オーレスンターミナル Terminalen

主に中〜大型の客船やフェリーの発着場、そして空港シャトルバスや長距離バスの発着場になっているオーレスンターミナル。

ターミナルの裏からは雄大な山々を背景に美しいフィヨルドの景色を楽しむことができます。

バスやフェリーの待ち時間などを使って是非水辺にまで足を運んでみてください。

詳細

住所: Keiser Wilhelms gate 6, 6003 Ålesund, Norway
公式HP: momentium.no/terminalen

14. アルネス島灯台 Alnes Fyr

アルネス島灯台は、オーレスンより直線距離にして約10km西にある小さな島にある灯台。1876年に漁船の誘導灯として建てられました。

現在アルネス島へはフェリー(夏季のみ)、バス、車で訪れることができ、オーレスンの市街地からも近いため、夏季には美しい景色を堪能できるリゾート地として地元民のみならず観光客にも人気になっています。

冬季には人工的な明かりによる光害が殆どないことからオーロラ観測場所としても有名です。

詳細

住所: Alnesgard, 6055 Godøy, Norway
営業時間: 11:00 ~ 18:00
公式HP: alnesfyr.no

15. ルンデ島 Runde island

オーレスン中心部より西に約80km、車とフェリーで約2時間の距離にあるルンデ島。人口は100人程の小さな島ですが、夏季になるとオーレスン市民の憩いの場となるリゾート地でもあります。

この島はバードアイランドとも呼ばれ、夏場には50万〜70万もの海鳥が生息する島として野鳥好きの人はもちろん環境問題や野鳥の生態を扱う研究者にとっても重要な活動拠点にもなっています。

北極圏を中心に生息する愛嬌のある姿が人気の貴重な野鳥、パフィンなどにも出会うことができるかもしれません。

詳細

住所: 6096 Runde, Norway

最後に

オーレスンをもっと知りたいあなたへ!

筆者が滞在中に撮影した写真ギャラリーや絶景を納めたタイムラプス動画を公開しています。併せてご覧ください。

いかがでしたか?

最安!ノルウェーでも使える欧州専用Wi-Fiレンタルはこちら

ノルウェー人が選ぶノルウェーで最も美しい街オーレスンで訪れたい観光スポットを15箇所紹介しました。

ユーゲント・シュティール建築をはじめとした美しいオーレスンの街並みを楽しむもよし、少し郊外へ出て大自然を堪能するのもよし。好きな旅行スタイルに合わせた色々な楽しみ方ができる街です。

どこへ行っても「美しい」オーレスンを満喫してください!

オーレスンに泊まるならここ!

オーレスン一押しホテルがScandic Ålesund。運河に面しており、美しい景観が楽しめるホテルとして有名。客室やレストランからユーゲント・シュティール建築を満喫することができます。

北欧を中心とした中〜高級ホテルチェーンであるためクオリティは折り紙つき。にもかかわらずここのホテルは宿泊料金は抑えられていてコストパフォーマンス絶大です。

景観の見事なレストランで無料で提供される朝食も非常に物価の高いノルウェーということを考えると嬉しい限り。観光前に北欧定番な朝食メニューを堪能することができます。

ホテル詳細: Scandic Ålesund
住所: Molovegen 6, 6004 Ålesund, Norway
筆者の実際の宿泊記: こちら

シェアして応援してください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Shun

1988年 横浜生まれ。アイルランド、スコットランドへ短期留学後、スウェーデン南部マルメ1年留学、さらにその後英国ロンドンに大学院生として留学。北欧やバルト3国の大部分の都市・街を周遊し北欧の文化や観光情報にも精通。
留学に必要なIELTS対策と北欧を中心としたヨーロッパ観光情報をブログにて紹介中。

RELATED POST関連記事