簡単システムで観光向け!エストニア首都タリンでのトラムの乗り方

タリントラム

日本人観光客にも人気なエストニアの首都タリン。

その観光の中心地は世界遺産にも登録されているタリン旧市街で、この中には公共交通機関の乗り入れがありません。

一方、旧市街の外周にはトラムが走っており、タリン空港やタリンの中央駅と旧市街入り口を結ぶ路線もあることから、ちょっとした移動をする際にタリンのトラムを活用できると移動がとても楽になります。

今回はそんなタリントラムの利用方法を紹介します。

1. タリントラム網

タリン市内を走るトラム路線は現在4ルート(1~4番)あります。

1・2番はKopliという沿岸部とタリン駅(Balti jaam)や旧市街を通ってカドリオルグ宮殿 Kadriorgを結ぶ線、4番は空港と旧市街を通ってTandi駅を結ぶ路線で、主に観光客が使う可能性があるのはこれらの路線になるかと思います。

トラムの停留所は主に2タイプあり、歩道にトラムの標識が示されていて、トラム到着後に道路上に停車したトラムに乗車するタイプの場所と、小さなトラム専用駅が道路上に設置されているところがあります。

2. 乗車方法

タリントラム

タリントラムは専用の駅が設けられていない停留所も多く、このように道路中央に停車する場合もあります。

そのため乗降車の際には周囲を走行する車には十分に注意するようにしてください。

旧式のトラムと新式のトラムがあり、停車時に全てのドアが自動で開くものと、ボタンを押して自分で開けるものがあります。

3. 乗車券購入

トラムの乗車賃の支払い方法は3種類。

キオスクなどでICチップの入ったカードを購入しそこにトップアップして利用する方法、スマートフォンを使ってオンラインで購入する方法、そして運転手から直接購入する方法があります。

タリントラムを利用することはさほど多くはないと思うので、短期の観光で利用する際には、運転手から直接購入する方法がおすすめです。

トラムを乗車する際には一番前の扉から乗車し、運転席の後方窓に設置された小窓(写真右下)に所定の運賃を入れます。

すると、運転手が乗車券兼レシートを発行してくれます。

ランダムで検札員が乗車してきて乗客の乗車券の確認が行われることがあるため、無賃乗車や運賃の支払い忘れ、乗車券の紛失には気をつけてください。

運賃は以下のとおりです。

  • 大人 2ユーロ/回
  • 学生 1ユーロ/回(要学生証)

お釣りも出ますが、あまり高額紙幣だと断られる可能性もあるので、なるべく小銭もしくは5ユーロ紙幣を用意しておきましょう。

4. 車内・下車

車内には旧式・新式トラムにかかわらずLEDでの停車駅案内と音声案内(エストニア語)が入ります。

事前に下車する場所を乗車前に停留所で調べておいて、目的地が近づいてきたら電光掲示板を注意して見ておきましょう。

下車時にはバスのように停車ボタンを押す必要はありません。停車したら最寄りのドアから下車してください。

5. 最後に

いかがでしたか?

タリンのトラムシステムはその都度ごとの定額制、運転手から現金で購入できるなど観光客にもとてもわかりやすくなっています。

あまり頻繁に使うことはないかもしれませんが、旧市街からタリン中央駅(Balti jaam)やタリン空港(Lennujaam)などを移動する際や、タリン郊外の有名観光名所であるカドリオルグ宮殿へアクセスする際に活用できます。

是非、臆することなくタリンのトラムを使ってみてください!

エストニア旅行のお供に!

EUおすすめWi-Fi

ヨーロッパ専用Wi-Fiルータ(周遊対応):ユーロデータ

エストニア旅行の際に是非持っていきたいのが、バルト3国はもちろんヨーロッパ全土で使用可能なポータブルWi-Fiルーター。

ユーロデータのWi-Fiルーターは通信量超格安の定額で、通信会社が提供する海外パケット放題などに申し込むよりもずっとお得。

日本から持ち込んだ携帯であっても、国際電話や海外ローミングによる高額請求を気にすることなくインターネットにつなぐことができるようになります。

もちろんLineやFacebookメッセンジャーを使えば通話も可能。現地で観光情報を調べたり電話で連絡を取ったりと重宝すること間違いなし!

役に思ったと思う方はシェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Shun

アイルランド、スウェーデン、イギリスに留学経験あり。その際時間の都合がつく限りヨーロッパ各国を渡り歩き、決して観光ガイドだけではわからない現地の情報を収集。そんな情報を元に、ヨーロッパの生の観光情報と留学に必要なIELTS対策を紹介中。

RELATED POST関連記事