エディンバラで芸術巡り!スコットランド3大国立美術館大紹介

エディンバラの美術館

スコットランド観光の中心となるエディンバラにはユニークな3つの国立美術館(一般美術、肖像、近代美術)があります。

歴史のある街だからこそ芸術も魅力的なエディンバラ、観光される際にはこの3つの美術館巡りをしてみるのもおすすめです。

今回はエディンバラにあるスコットランド3大国立美術館をご紹介します。

概要

エディンバラ市内にはテーマの違うスコットランド国立美術館が3箇所あります。

  • 国立スコットランド美術館 Scottish National Gallery
  • 国立スコットランド肖像画美術館 Scottish National Portrait Gallery
  • 国立スコットランド近代美術館 Scottish National Gallery of Modern Art

オープニングアワーは10時〜5時、いずれも入場は無料(一部有料展示あり)ですので、美術に興味がある方もそうでない方も、少し足を止めて中に入ってみてはいかがでしょうか。

3美術館を循環するシャトルバスもありますので、そちらを利用してみると1日で効率良く回ることができます。

いずれの美術館にも、カフェ、レストラン、売店が併設されているので、休憩やカフェ代わりに利用してみるのもおすすめです。

以下より具体的に3つの美術館をそれぞれ紹介していきます。

1. Scottish National Gallery

エディンバラの中心部プリンセスストリート沿いにあり、その存在感から誰でも目には止めているであろう国立スコットランド美術館 Scottish National Gallery。

スコットランドで芸術の中心となる美術館です。

1859年開館の歴史のある美術館で、ルネサンス初期から19世紀末にいたる豊富な名作を多数展示しています。

バン・ゴッホ、モネ、ゴーギャン、ラファエルなどヨーロッパを代表する画家の作品が、時代や描かれた国ごとに別れた部屋に展示されており、国の規模を考えるとその豊富なコレクションに驚く古都間違いありません。

非常に有名な傑作にもかかわらず、作品の目の前でじっくり見学することができるのも、海外の美術館のいいところです。

  • アクセス

エディンバラ新市街のメインストリート、プリンセスストリートの中心部にあります。非常に目につく建物ですので、アクセスに迷う事はまず無いはずです。

国立スコットランド美術館

住所: The Mound, Edinburgh EH2 2EL, UK
入場料: 無料
営業時間
 全日: 10a.m – 5p.m(木曜除く)
 木曜: 10a.m – 7p.m

2. Scottish National Portrait Gallery

国立スコットランド肖像画美術館 Scottish National Portrait Gallery は1890年に肖像画をメインに扱うというコンセプトで始まった珍しい美術館です。

内部に入るとまず目にするメインホールのデザインが独特で、見入ってしまうこと間違いありません。

スコットランドの歴史に関わる人物や王室の肖像画もちろん、日常的な生活を描いた肖像等、スコットランドの歴史に関わる人物の作品を中心に様々なコレクションがあります。

また、肖像画だけではなく像、彫刻、石膏模型、デスマスク等、人面を扱った多くの作品が展示されています。

特に、デスマスクの展示は一見の価値あり。スコットランドの歴史的な人物や学者だけでなく、スコットランドの悪党(死刑囚)のデスマスクなど奇妙なコレクションが展示されており、死後の型取りをベースに作られていることから不気味なほど精巧に作られています。

期間展示はその時々によって様々なテーマがあり、私が見学をした際には写真・カメラの発達に関する展示がなされていました。

  • アクセス

エディンバラ中心部にある最大の駅Waverley駅から南に徒歩5分程の距離にあります。エディンバラ中心部からであればどこからでも徒歩圏内に位置しています。

国立スコットランド肖像画美術館

住所: 1 Queen St, Edinburgh EH2 1JD, UK
入場料: 無料
営業時間
 全日: 10a.m – 5p.m(木曜除く)
 木曜: 10a.m – 7p.m

3. Scottish National Gallery of Modern Art

国立スコットランド近代美術館 Scottish National Gallery of Modern Art はエディンバラの中心部よりやや離れたDean Villageの近くにあります。

道路を隔てて2つの美術館から構成されており、近代美術館、ディーン美術館と名前が付けられています。

世界中の近代美術館同様、通常のアートギャラリーと比べると現代芸術家による期間展示が占める割合が多く、その時々によって作品内容は大きく変わります。

私が訪れた際には日本人アーティストともう1名ドイツ人アーティストの期間展示もありました。

お二方とも非常に抽象的な作品を製作されており、芸術心があまりない私としては、やや解釈が難しい作家でした。

スコットランド人の中で戦後最も多彩な近代アーティストと呼ばれるSir Eduardo Paolozziのアトリエや、Duane Hansonの最も有名な作品である「Tourist」等思わず見入ってしまう作品が数多く展示されています。

常設展示は、いずれも戦後の作品を中心としたコレクションが展示されており、ピカソ、ダリ、ミロ、ダグラ・ゴードン等世界的に有名なアーティストの傑作も含まれています。

  • アクセス

エディンバラ中心部プリンセスストリートからだと徒歩で約30分程度、バスやトラムを使ってプリンセスストリートの西端にあたるウェストエンド West end まで行けばそこから徒歩で15分弱でアクセス出来ます。

あるいは、Scottish National Galleryの前から1時間おき(11時〜4時)にシャトルバスが出ているのでそちらを利用してもいいかもしれません。詳しくはこちらを参照ください。

国立スコットランド近代美術館

住所: 75 Belford Rd, Edinburgh EH4 3DR, UK
入場料: 無料
営業時間
 全日: 10a.m – 5p.m

最後に

いかがでしたか?

エディンバラで是非泊まりたいおすすめホテルはこちら

スコットランドの首都エディンバラには3つの国立美術館があり、それぞれ違った視点から芸術を楽しむことができます。

1つ1つの美術館はそこまで巨大ということもないので、1箇所につき1〜2時間程度で見て回ることができます。

国立というだけあって豊富なコレクションにもかかわらず、入場料も無料。是非エディンバラに観光の際には立ち寄ってみてくださいね!

シェアして応援してください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Shun

1988年 横浜生まれ。アイルランド、スコットランドへ短期留学後、スウェーデン南部マルメ1年留学、さらにその後英国ロンドンに大学院生として留学。北欧やバルト3国の大部分の都市・街を周遊し北欧の文化や観光情報にも精通。 留学に必要なIELTS対策と北欧を中心としたヨーロッパ観光情報をブログにて紹介中。

RELATED POST関連記事