ルクセンブルグに泊まるなら!超便利なおすすめホテルレビュー

ヨーロッパの中心に位置し、世界でも唯一の大公国としても知られるルクセンブルグ。

隣国ドイツやフランス、ベルギーを訪れた旅行者が、移動途中の短期滞在先としてルクセンブルグへと足を運ぶ方も多くなっています。

今回はそんなルクセンブルグを短期間旅行する方に絶対おすすめなホテル、ベストウェスタンホテルインターナショナルを実際のステイレビューとともに紹介します。

1. ホテル概要

ルクセンブルグおすすめホテル

ベストウェスタンホテルは、世界100カ国以上に展開している超大手ホテルチェーン。

中級ビジネスホテルとしての地位を確立していますが、一方で西洋諸国のスタンダードをしっかり守りつつもとてもリーズナブルな料金設定のため、旅行者にも広く使われています。

ルクセンブルグのベストウェスタンホテルインターナショナルは、何よりも立地条件が素晴らしく、ルクセンブルグ中央駅およびバスターミナルの目の前ということで、魅力が詰まったルクセンブルグ郊外の観光にも最適。

もちろんルクセンブルグ市内旧市街までも徒歩で10分弱程度、周囲にはスーパーやカフェ、レストランも多いためとても便利です。

ホテル概要

ホテル名: Best Western Hotel International Luxembourg 
中央駅・バスターミナルまで徒歩1分
旧市街まで徒歩10分
朝食: 無料

2. 宿泊レビュー(シングル)

今回ルクセンブルグ滞在中に、紹介しているホテルに宿泊したので、そのレビューを参考までにみなさんに紹介します。

宿泊料金はルクセンブルグ中心部のホテルとしては格安な1泊80ユーロ(シングル)、その中でも朝食も含まれているということでかなりコストパフォーマンスの高いホテルかと思います。

a. チェックイン対応

ルクセンブルグ

ホテルに入ると目の前がフロントになっており、受付スタッフが24時間対応しています。

フロントスタッフは通常1〜2人と小規模ですが、皆非常にフレンドリーで英語も問題なく通じました。チェックアウトの時間を少し伸ばしてもらったりと、とてもいいサービスをしてもらいました。

事前に予約サイトで予約をしておけば現地では身分証明証の提示のみでチェックイン可能。会計はチェックアウトの際に行う事後方式でした。

b. シングルルーム

ルクセンブルグホテル

今回泊まったのは、ベストウェスタンホテルインターナショナルの中でも最も安いシングルルーム(ベッドはセミダブル)。

とはいっても部屋はそこそこ広く、日本の同価格帯のビジネスホテルとほとんど変わらないような感じです。スーツケースなど大きな荷物を持っている旅行者も場所を工夫すれば十分に広げられるスペースはあるように思いました。

もちろん清掃状態は問題なし、禁煙ルームということもあってか臭いなども何も気になるところはありません。

c. バスルーム

ベストウェスタンホテル

バスルームはいたって普通な西洋式。こちらのホテルにしては珍しくバスタブが付いていました。私は旅行先にバスタブを使うことはないですが、湯船に浸かりたい派の人には嬉しい設備なのかもしれません。

拡大ミラーもあるため、化粧バッチリ派の人も安心です。

d. 朝食

おすすめホテル

ルクセンブルグのホテルとしてはかなり嬉しい宿泊者朝食無料サービス。

通常のホテルだと朝食だけでも10〜20ユーロほどしてしまうので、格安の室料の中にさらに朝食までも含まれているというのはバジェットトラベラーにはとても有難いサービスです。

品揃えは無料にしてはかなり豊富。

サラダやヨーグルトといったコールドフードや、種類豊富なパン類。

ホットミールは2種類の卵料理とベーコン、ソーセージがありました。そのほか果物やフルーツジュールなど朝食としては十分な品揃えです。

3. 最後に

いかがでしたか?

ルクセンブルグ中央駅目の前の非常に便利なおすすめホテル、ベストウェスタンホテルインターナショナルを紹介しました。

ルクセンブルグ郊外にもとても魅力的で、美しい街がたくさんあるので立地条件を生かして様々なところに足を運ぶのも面白いとおもいます。

ルクセンブルグに宿泊の際にはホテル有力候補の1つとしておすすめです!

シェアして応援してください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Shun

1988年 横浜生まれ。アイルランド、スコットランドへ短期留学後、スウェーデン南部マルメ1年留学、さらにその後英国ロンドンに大学院生として留学。北欧やバルト3国の大部分の都市・街を周遊し北欧の文化や観光情報にも精通。
留学に必要なIELTS対策と北欧を中心としたヨーロッパ観光情報をブログにて紹介中。

RELATED POST関連記事