まだ間に合う!ヨーロッパ現地発ツアー検索・申し込み

【ロフォーテン諸島】ノルウェー秘境地で食べたい絶品名物グルメ10選

 

知る人ぞ知る世界の秘境地として知られるロフォーテン諸島。アナと雪の女王の世界観のモデルとして使用され、その美しさからなかなか気軽に訪れることができる場所ではないとはいえ、日本からも訪れる人が増えてきているようです。

そんなロフォーテン諸島はノルウェー有数の漁業が盛んなエリア。特にロフォーテン諸島産のタラは世界一旨いともしばし言われる絶品で、ノルウェー人もロフォーテン諸島で食べるタラは別物、と口を揃えます。

そんなロフォーテン諸島で是非味わいたい現地の絶品グルメをロフォーテン諸島滞在歴もあるノルウェー在住筆者の私が紹介します。

1. タラのストックフィッシュ

ロフォーテン諸島を訪れるのであれば絶対に欠かせないのがストックフィッシュと呼ばれるタラの干物。

ロフォーテン諸島は世界的に有名なタラの産地であり、乾燥する冬場に水揚げされた魚を乾燥させて保存する伝統が今も引き継がれています。

綺麗な空気にさらされ乾燥したタラは旨味が凝縮。水で戻してグリルすると外はパリパリ、中からはジューシーな旨味が溢れ出す逸品となります。

2. フィッシュ&チップス

フィッシュ&チップスというとイギリスが名物と思いがちですが、ロフォーテン諸島のフィッシュ&チップスは格別。

冷たい海で育ち、身のしまったタラの味をストレートに楽しめる料理として愛されています。

ソースや塩、ビネガーをつけて食べるのが一般的ですが、是非その前に何もつけずに一口味わってみてください。

3. タラの舌

タラの舌を食べるというのはなかなかイメージが湧かないかもしれませんが、舌も貴重な食材。ロフォーテン諸島でとれるタラは最大180cmにも到達する大物ばかりなため、舌といってもなかなかのサイズに至ります。

ロフォーテン諸島では44cm以下のタラを魚をとることが禁止されており、種の保存という見地から大きく成長したもののみが捕獲されます。

舌はサクサクに衣をつけてあげるのが定番。トロトロに溶けるコラーゲンの塊のような独特な食感と風味はお酒のお供に最適です。

4. タラのグリル

またタラ、と思うかもしれませんがとにかくロフォーテン諸島にきたならば色々な形でタラを食べて欲しいというのがノルウェー在住筆者の思い。

ノルウェー人でさえロフォーテン諸島のタラは完全に別格というほどこの地のタラは特別な存在。それぞれのレストランが色々なアレンジを行ったタラのグリルはどれも絶品です。

味付けが変わると印象が大きく変わるのでタラ三昧をしても飽きることはないはず。

5. ロフォーテン・フィッシュスープ

ノルウェー各地にはその地に伝わるフィッシュスープがあり、その土地の味として地域の人に愛されています。

ロフォーテン諸島で食べられているフィッシュスープはクリームベースのミルキーなもの。ロフォーテン諸島でとれたサーモンやタラ、甲殻類などがふんだんに使われています。

日本人には少し塩気が強めなので、添え合わせのパンと一緒に食べるのがおすすめです。

6. サーモンマリネ・スモークサーモン

ロフォーテン諸島には多くのサーモンの養殖場があり、脂の乗ったサーモンをノルウェー全土はもちろん日本へも多く輸出しています。

とれたての新鮮なサーモンを楽しめるのもロフォーテンならでは。

みずみずしさをそのまま感じられるサーモンのマリネやスモークサーモンは定番の前菜として各レストランで提供されています。

7. おひょう(カレイ)のグリル

おひょうは平均でも1mを超える大型の魚でカレイの仲間の一種。北極海など冷たい海の深いエリアに生息しており、ロフォーテン諸島でも多く水揚げされています。

大型の魚ですが身が締まっていて淡白な味わいが特徴。クリームソースなど濃厚なソースと非常にマッチする魚です。

8. 牡蠣・帆立

ロフォーテン諸島のシーフードの名物といえば甲殻類も忘れてはいけません。

牡蠣や帆立は高級な食材ではありますが、レストランなどでは前菜の定番としてサーブされる品。

新鮮だからこそ安心して楽しめるオイスターもロフォーテン諸島ならでは。

9. ロフォーテン・ラム

シーフードもいいけど肉も味わいたい、そんな時におすすめなのがロフォーテン・ラムのステーキ。

ロフォーテン諸島で育てられるラムはノルウェーでも最高級品として扱われる高い品質が特徴で、ラムステーキやラムチョップ、ラムシチューなど様々な形で通年提供されています。

臭みが全くなく柔らかい身の肉は、今までのラム肉の概念を変えるかもしれません。

10. ドライフィッシュチップス

ロフォーテン諸島の定番スナックといえばタラのドライフィッシュチップ(フィッシュジャーキー)。

日本で食べるフィッシュジャーキーよりも歯応えが少なく、口の中で柔らかく簡単にほぐれる食感になっています。

また塩味もさほど強くはなく、タラそのものの味を楽しめるスナック、お土産にも最適です。

最後に

世界有数の絶景スポットであるロフォーテン諸島はシーフードの天国。

特にタラは新鮮な魚にうるさいノルウェー人でさえ格別だというほどの逸品です。

実はそんなロフォーテン諸島は、世界中から集まった一流シェフがレストランを開いていることでも知られるグルメの宝庫。

現地の新鮮な食材を使った絶品料理を是非楽しんでください。

ロフォーテン諸島に泊まるなら
ロフォーテン諸島のロルブー

ロフォーテン諸島に泊まるなら是非使いたいのがロルブー。

もともとは漁師小屋だったものの一部が今は宿泊施設として改装されており、ロフォーテンならではの宿泊方法として人気となっています。

客室内には複数のベッドルームとキッチンがあり、短期から長期滞在まで対応。複数人で室料を割れば一人当たりの宿泊費を抑えることが可能です。

筆者おすすめのロルブー

名称:Eliassen Rorbuer
住所・マップ:8390 Hamnøy
予約: Booking.comからのみ可能
実際の宿泊レビューはこちら

シェアして応援してください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

Eurotraveller 公式
アイルランド、スウェーデン、イギリスに留学経験あり。その際時間の都合がつく限りヨーロッパ各国を渡り歩き、決して観光ガイドだけではわからない現地の情報を収集。そんな情報を元に、ヨーロッパの生の観光情報と留学に必要なIELTS対策を紹介中。