最適なのはこれ!オスロ国際空港〜市街地のアクセス方法まとめ

空港アクセス方法

ノルウェー最大の空港でオスロのメイン国際空港であるオスロ・ガーデモエン国際空港。

オスロ市街地の北約50kmの場所にあり、観光客はバスや鉄道などで移動することになります。

今回はそんなオスロ・ガーデモエン国際空港とオスロ市街地を結ぶ主要交通機関をまとめて紹介し、利点・欠点をお伝えいたします。

1. 直通特急列車 フリートーゲット

Flytorget

オスロ・ガーデモエン空港とオスロ中央駅を最速で結ぶのが直通特急列車フリートーゲット Flytorget。

10分おきに空港と中央駅を発着している直通列車で、所要時間は時間帯により19分〜25分、運賃は大人190 NOK(2018年11月現在)となっています。

車内には電源コンセントや無料Wi-Fiが完備されており、シートピッチも広く快適。混雑で座れないということはほとんどありません。

ただし後述するノルウェー国鉄の近郊列車と使用する線路は同じで所要時間の差はわずか1−3分程度。

そのため、フリートーゲットに払う代金については、移動速度というよりは、空いていて必ず座れるという快適性、そして近郊列車よりも本数が多いことによる利便性ということに払うものだと理解したほうがいいでしょう。

Flytorget概要

公式ページ: https://flytoget.no
所要時間: 19-25分
運賃: 190 NOK (2018年11月現在)

2. ノルウェー国鉄 NSB

ノルウェー国鉄

ノルウェー国鉄 NSBが運行するオスロ近郊鉄道もオスロ・ガーデモエン空港と中央駅間を結ぶ路線があります。

NSBは前述のフリートーゲットと競合関係にありますが、乗車券が半額近く安いにも関わらず所要時間は22〜25分程度とほとんどフリートーゲットと差がありません。

時間帯によっては通勤客などで混雑することもありますが、本数も20〜30分程度に1本と空港利用客にも利用しやすい運行形態になっており、事実公共交通機関を利用する観光客の大部分がこちらを選択します。

詳しいNSBのチケット購入方法についてはこちらの記事で説明しています。

NSB空港アクセス線概要

公式ページ: https://www.nsb.no
所要時間: 22-25分
運賃: 101 NOK (2018年11月現在)

3. 直通バス フリーブッセン

オスロ空港直通バス

最後に紹介するのが空港直通リムジンバスであるフリーブッセン Flybussen。オスロ中央駅の隣にあるオスロ中央バスターミナルを発着するリムジンバスです。

所要時間は50分前後と鉄道利用の場合よりも長い時間がかかるデメリットがありますが、オスロ市街地中心部や、ラディソンブルなど主要ホテルにも停車するため大きな荷物を持って自力で移動するのを極力回避したい方におすすめです。

また宿泊場所がバス停の最寄りにある場合にも便利です。

運行は15分おきに行われ、車内には無料Wi-Fiが完備されています。

Flybussen概要

公式ページ: https://www.flybussen.no
所要時間: 40-60分
運賃: 180 NOK〜 (事前購入の場合 2018年11月現在)
路線図・途中停留所はこちら

まとめ

比較表

いかがでしたか?

とにかく快適性と利便性を最優先したい場合には直通特急列車フリートーゲット、ホテルに直通で行きたい場合や市街地中心部で下車したい場合には直通リムジンバスブリーブッセンがおすすめ。

それ以外の大部分の一般旅行者の方にはノルウェー国鉄NSBの近郊列車がコストパフォーマンスを考えるとおすすめです。

是非荷物の量や人数、宿泊場所などを考慮した上で最適な移動方法を検討してみてください。

オスロに泊まるなら!

オスロに宿泊する際に是非オススメしたいのが、オスロ中央駅から徒歩1分の距離にあるスカンディックオスロシティ

鉄道はもちろんトラムやメトロの駅が目の前にあり、大きな荷物を持って空港から移動したり観光をする際も楽々便利な最高の立地が特徴です。

スカンディックは北欧を中心に展開する人気ホテルチェーンで、スタッフや設備の質はとても高く安心。

また非常に物価の高いノルウェーでありながらとても品数の多い朝食が宿泊者全員無料でいただくことができるなど、コストパフォーマンスがいいホテルになっています。

ホテル詳細・予約: スカンディックオスロシティ
口コミ・レビュー: スカンディックオスロシティ

空港アクセス方法

皆さんのシェアが次の記事執筆に繋がります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です