倒壊寸前!?ベルゲンの世界遺産ブリッゲン地区を散策してきた

ベルゲン名所

ノルウェー第2の街ベルゲン。そんなベルゲン中心地に世界遺産ブリッゲンという場所があります。

ブリッゲン地区はかつてハンザ同盟貿易で栄えたベルゲンの姿を今にのこす歴史地区で、木造倉庫がひしめき合って建ち並ぶ独特な雰囲気を持つ場所。

今回はそんなブリッゲン Bryggen エリアをくまなく散策してきたので紹介します。

1. ブリッゲンとは

ベルゲン市は11世紀につくられ、その後ベルゲンはかつてノルウェーの首都が置かれていたこともある重要都し。特にハンザ同盟時代の1360年にはハンザ同盟貿易の拠点がベルゲンに置かれ、その後は対外貿易を通じて発展した貿易港でもありました。

その際にドイツ人商人が居住していた地区にあったのがブリッゲン。もともとは輸出入品を一時的に保管するために建てられた木造倉庫群のことをいいます。

様々な手法を用いて、修復保存が試みられ、1979年にユネスコ世界文化遺産に登録。現在はベルゲン1の観光名所となっています。

ブリッゲン詳細

住所: Bryggen, 5003 Bergen, Norway

2. まずは外側を散策

さっそくブリッゲンエリアを歩いてみました。ベルゲンの港に面してずらっと一列に並ぶ巨大な木造倉庫群。

一部工事中(修繕中)のところがありますが、茶色のオーソドックスな建物から黄色や白、緑など色とりどりの建物が並んでいます。

ブリッゲンエリアはさすが観光名所というだけあって、表に面した1階部分にはほとんどがお土産屋が入っています。

ノルウェーの定番お土産から手編みのセーター、アクセサリー、トナカイグッズなどなどオリジナリティのあるお店がずらり。

ノルウェー観光

ブリッゲンエリアには、ハンザ同盟時代のあとに作られた石造りの建物も。外観は木造倉庫にそっくりに作られており、うまく溶け込んでいました。

ちょっと晴れると色が映えますね。

もちろん世界遺産登録を記念した記念碑も。これに登録されることで世界中から多くの観光客が訪れて市が潤い、さらに修復の予算が国や国際機関からも出るので助かっているんだとか。

この建物、本当に維持が大変なんだろうと思います。

何故ならば、、、

この角度から見るとわかりやすいんですが、建っているだけでも奇跡だと思いませんか?とにかく歪んでいるんです。

日本だったら震度3で倒壊するんではないか、、、と思うくらい。

木造だから歪んでるんだろうなって簡単に片付けることもできますが、そう考えると日本の伝統建築ってすごいですよね。10世紀に建てられた京都の五重の塔、醍醐寺なんかと比べると、日本の建築技術の高さが光ります。

ただこの歪みこそが修繕を困難にする要因になっているようです。

3. 内部は迷路状態

ベルゲン観光

さてこの倉庫群。ただ建物が建っているというわけではなく、内部もしっかりと機能しています。

お土産屋だけではなく、会社のオフィスやアトリエ、旅行会社、その他クラフトショップなどなど。なので、ブリッゲンにきたら是非倉庫の奥にも入ってみましょう。

倉庫と倉庫の間にある通路から奥に入ることができます。

木造でギシギシときしむ床。それぞれの倉庫は渡り廊下や階段で繋げられていることがわかります。

床、壁、階段、屋根全てが歪んでいるため、だんだんとどこが水平なのかわからなくなってきます。水平だと思ってもカメラの画面を見るとインジケーターが右に傾いていたり、、、

非常に狭いスペースに倉庫が密集していることもあって、狭い通路と階段だらけ。そのため、大きな荷物を運ぶ時用に荷釣り用リフトもありました。

小さなお店がたくさん入っているため結構ぶらぶらしてるだけでも楽しい。

階段があるので上に登ります。

ブリッゲン観光

足を踏み出すごとになるきしみ音。こりゃひっそりと忍び込むなんていうのは無理そう。

2階にいくとそこはまた長い通路が続きます。

天井につけられた小さな裸電球以外文明的なものがほとんどないのも、当時の雰囲気を感じさせてくれます。

少し身を乗り出すとすぐそこは外。もちろん窓なんかないので吹きさらしです。

しかも床が傾いていて、柵も実は外に少し傾いていて、さらにぎしぎしいうもんだから結構恐怖。

4. 傾いた建築は難しい

この傾いた建物たち。確かにここまで規模の大きい木造倉庫がずらっと並ぶとインパクトも大きくてなかなか見ごたえがあるんですが、一方で「建築技術低すぎじゃないの?」と正直思ってました。

1軒1軒傾いてて不安定だから両隣と橋渡しして安定させてるだけ、、、みたいな。

実際建築した当時は本当に「倒れなければいい」、そう思っていたかもしれません。ただその「歪み」が今きているようで。。。

木造ということだけあって、雨風の影響も強く受けるため定期的な修繕が不可欠。このように2軒が修繕作業中でした。

この修繕作業をしっかりと観光客が見られるように内部が公開中。

そして、この修繕作業は1000年前と全く同じ建築技法を再現するために、木組みで釘などを一切使わない工法が使われています。そして、なんと、この歪みも含めて全て再現しているんだとか。

現在の修繕師たちは、伝統的な手法を用いてわざと歪んでいる建物を作っている、そしてそれが何より難しくお金がかかるんだそうです。

修復現場横には説明パネルが置かれており、それによると今回の修繕作業は2016年〜2019年までの3年がかり、そして写真にある2棟の修復予算はなんと4200万ノルウェークローネ、日本円にして約6億円と膨大なもの。

ほんとに世界遺産の保存は大変ですね。

5. 最後に

いかがでしたか?

ベルゲンの観光名所、ブリッゲンエリアを紹介しました。

おしゃれな雑貨屋やノルウェー発アウトドアブランド品店などが多く入っているのでお土産探しにも最適。

せっかく訪れるならば倉庫内部にも足を踏み入れ複雑に入り組んだ木造倉庫の雰囲気を堪能してみてください。

ベルゲンに泊まるならここ!

ホテル名: Scandic Byparken (旧 リカトラベルベルゲン)
住所: Christies gate 5-7, 5015 Bergen, Norway

今回紹介したブリッゲンエリアやフィヨルド観光の始点であるベルゲン中央駅も徒歩圏内、観光に非常に便利なスカンディック バイパルケン Scandic Byparkenが特におすすめ。

宿泊料金が抑えられていて、ベルゲンの中では比較的お得に宿泊ができる一方で、全宿泊者に無料で提供している超豪華な朝食ブッフェが売りになっています。

もちろんスカンディックの名を冠することだけあって、客室も綺麗でサービスも文句なし。

実際の宿泊レビュー記事も書いているので詳しくはそちらを参照してください!

シェアして応援してください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Shun

1988年 横浜生まれ。アイルランド、スコットランドへ短期留学後、スウェーデン南部マルメ1年留学、さらにその後英国ロンドンに大学院生として留学。北欧やバルト3国の大部分の都市・街を周遊し北欧の文化や観光情報にも精通。
留学に必要なIELTS対策と北欧を中心としたヨーロッパ観光情報をブログにて紹介中。

RELATED POST関連記事