ノルウェー鉄道NSBでオスロ空港〜市街地を安く・早く・快適に移動する方法

オスロ空港最安アクセス

オスロ中心部から47kmの場所にあり、国内線・国際線を多く抱える主要空港であるオスロ・ガーデモエン空港。

スカンジナビア航空やノルウェーエアシャトルのハブ空港でもあり、ノルウェー最大の空港でもあります。

そんなオスロ・ガーデモエン空港から市街地中心部へはバス、直通特急列車フリートゲット、そして近郊鉄道によってアクセスが可能ですが、その中でも最もお得で、早くそして快適な移動方法がノルウェー国鉄NSBを使った移動。

今回はそんなNSBでの空港アクセス方法と切符の買い方を紹介します。

1. 安く・早く・快適なNSB利用

ノルウェー国鉄 NSBはノルウェー全土に路線網を持つ旅客輸送会社。オスロ国際空港とオスロ市街地を結ぶ路線も運行されています。

空港と市街地はバスや直通特急列車フリートーゲット Flytogetでも移動することができますが、NSBを使うのが最も安く、そして早くて快適に移動できる手段になります。

オスロ中央駅とオスロ・ガーデモエン空港との所要時間は23分の設定。

意外なことに、直通特急列車と同じ線路を走るため両者の所要時間の差はわずか1−3分。関わらず値段は半額近いということで、とてもコストパフォーマンスに長けています。

もちろんバスより所要時間はかなり短く、そして運賃もバスより安く設定(2018年11月現在 101NOK)されています。

運行間隔は時間帯にもよりますが大体20〜30分程度と、余程の急ぎの予定がない限りは使い勝手がいいように思います。

2. 利用列車

オスロ中央駅とオスロ・ガーデモエン空港を結ぶ列車は以下の路線。

  • R10
  • R11
  • L12

いずれを使った場合も、所要時間に変わりはなく、空港〜市街地間の場合は間に1つ停車駅があるのみとなっています。

尚、列車番号が「F」から始まるものは直通特急列車ですので注意してください。

空港から乗る際には「City centre」の案内が、中央駅から乗る際には「飛行機のマーク」が発車案内に表示され、またスーツケースなどを持った旅行客も多く利用するため迷うことはないはずです。

空港から利用する際は「OSLO S」と書いてある列車へ。

詳細な路線図を見たい方はNSB公式ページのルート案内でダウンロードすることができます。

3. 切符の購入方法

オスロ空港アクセス

空港からNSBを利用する際には、到着ゲートを出たのち列車のマークに従い進むことで切符売り場やホームへと迷うことなく迷うことができます。

切符購入時の注意としては、国鉄NSBと直通特急列車フリートーゲットは運行会社が違うため切符も別。

両者の券売機窓口は隣接して設置されていますが、「NSB」と書かれている券売機や窓口で購入しなければなりません。

窓口で係員から直接購入する場合には行き先を伝えれば発券してくれますので、今回は自動券売機を利用するケースを詳しく紹介します。

券売機はノルウェー語に加え英語にも対応。「New ticket」を選択してください。

初期画面ではどこから乗車するかを聞かれるので、画面上に表示される現在駅をタッチします。

その後の画面で目的地の駅名を入力する必要があります。

オスロ中央駅の表記は「OSLO S」。そのため頭文字の「OS」と入力すれば候補一覧に上がってくるはずです。

もちろん中央駅から空港へ向かう場合も同様。

空港は「OSLO LUFTHAVN」という名前なので、同じく「OS」と入力し、候補一覧から選択してください。

候補一覧に表示された目的地をタッチすると、次の画面で「このチケットは特急フリートゲットのチケットではありません。NSBでのみ有効です。」という案内がでます。

確認し「OK」をタッチしてください。

次に枚数や券種の選択です。

学生は16歳以上で英語で確認可能な有効な学生証がある場合、シニアチケットは67歳以上。これらの場合は割引を受けることができます。

枚数を決定すると、最終支払額の確認となります。問題なければ右下の「PAY NOW」を選択してください。

支払い方法はクレジットカード(VISA、Master Card、アメリカンエキスプレス、ダイナース)、キャッシュが利用可能。

一部機械はキャッシュに対応していないので注意してください。

レシートが必要な方は「receipt」を選択しておきます。

その後はクレジットカードや現金を挿入口に挿入し、指示に従って暗証番号など入力し、購入手続き完了です。

4. 最後に

いかがでしたか?

今回はオスロ・ガーデモエン空港とオスロ中央駅を最もお得に、そして早く快適に移動する方法を紹介しました。

直通特急と比較するとデメリットは若干本数が少ないということ、そして実際に多くの人が利用するため混雑しやすい傾向があるということ。

特にサマーホリデー期間や日中の混雑時間帯の場合は着席ができないという可能性もあるので、発車時間に余裕を持ってホームで待機しておくといいでしょう。

一方、またスーツケースなど大きな荷物を格納できるスペースも各車両に設置されており観光客にも対応した広々とした車内となっています。

治安も問題なく、車内も清潔なので是非安心してノルウェー国鉄の近郊列車を利用してみてください。

オスロに泊まるなら!

オスロに宿泊する際に是非オススメしたいのが、オスロ中央駅から徒歩1分の距離にあるスカンディックオスロシティ

鉄道はもちろんトラムやメトロの駅が目の前にあり、大きな荷物を持って空港から移動したり観光をする際も楽々便利な最高の立地が特徴です。

スカンディックは北欧を中心に展開する人気ホテルチェーンで、スタッフや設備の質はとても高く安心。

また非常に物価の高いノルウェーでありながらとても品数の多い朝食が宿泊者全員無料でいただくことができるなど、コストパフォーマンスがいいホテルになっています。

ホテル詳細・予約: スカンディックオスロシティ
口コミ・レビュー: スカンディックオスロシティ

オスロ空港最安アクセス

皆さんのシェアが次の記事執筆に繋がります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です