ウィーンでがっつり飯!スペアリブが絶品な人気レストラン紹介

中欧オーストリアの首都ウィーン。芸術で有名なこの街ですが美食家が世界から集まるグルメの街でもあり、旅行の一つの楽しみとして美味しいものを食べるというのも欠かせないポイントの一つ。

そんな中、とにかくがっつり肉を食べたい人におすすめなレストラン、Mariahilferbräu restaurantは地元の人からの人気が観光客にも広がった人気店。

今回は食レポを通してウィーンの人気店を紹介いたします。

1. Mariahilferbräu restaurant概要

Mariahilferbräu restaurant

Mariahilferbräu restaurantはウィーンの中心地の外れ、ウィーン西駅 Wien Westbahnhofのすぐ近くに位置するダイニングバー。

常時複数のドラフトビールがタップで用意されている地元でも人気のバーでありながら、その食事のクオリティが高いことで評判になっているお店です。

ランチはビッフェスタイル、ディナーは通常のメニューから選ぶスタイル。いずれも肉料理を中心とした「がっつり系」の料理が多く提供されています。

特に週末やホリデーシーズンは予約をしないと入れないことも多いお店。直前でも大丈夫なので事前に電話で予約を入れておくことをお勧めします。

2. 人気メニュー紹介

まずはお店に入ったら注文すべきはビール。オーストリアらしく大きいサイズでは1リットルのジョッキにドラフトビールが注がれてきます。

このお店のメニューは非常に豊富で初めて訪れるとどれを選んでいいのか迷ってしまうというのが本当のところ。

嬉しいことに、人気メニューを1皿に少しずつ乗せた盛り合わせメニューが複数あることから、最初はそういうのを選んでシェアするのもおすすめです。

中欧はもともと海から距離がある街がおおいこともあって、肉料理が盛ん。男性でも満腹になるようながっつり料理が数多くあります。

そして、このお店を選んでくる人の多くが目当てにしているのが特製のスペアリブ。

非常にジューシーで柔らかいスペアリブは「過去に食べたものすべてを上回る旨さ」、そんなレビューが数多く口コミサイトにも掲載されています。

スペアリブは通常サイズと小サイズがありますが、こちらは小サイズ。この大きさで小です。

女性の方は小でも多いと感じるほどなはず。一人で食べるのも美味しいですが、味がなかなかこってりなので複数人でシェアしながらいただくのがおすすめです。

そのほか数多くの人気メニューがあるものの、1品の量がとてつもなく多いこともありデザートの入るスペースを残すこともできずに満腹に。

量はもちろんですが料理のクオリティをとっても人気な理由がよくわかるお店でした。

ウィーンで肉を心置きなく食べたい、そんな方におすすめのレストランです。

今回紹介したお店

店名:Mariahilferbräu
住所・Google map:Mariahilfer Str. 152, 1150 Wien, Austria
営業時間:朝11時〜深夜12時
電話番号(予約):+43 1 8974749

シェアして応援してください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です