所要時間2時間半!ウィーン〜ブダペストの鉄道を使った移動方法

オーストリア鉄道

オーストリアの首都ウィーンとハンガリーの首都ブダペスト。

中欧にある2つの大国はもともと歴史的にはオーストリア・ハンガリー帝国として共栄した国。この2国間の移動は現在も非常に活発で、観光客もその例外ではありません。

ウィーンとブダペストは直線距離にして約230kmしか離れていないため、この2都市を移動する方法はバスや鉄道など陸路が一般的。今回は最短でかつ旅行者にも安心なオーストリア連邦鉄道 ÖBBを使った移動方法を紹介します。

1. オーストリア連邦鉄道予約方法

ウィーンからブダペストの区間を移動する際に利用するオーストリア連邦鉄道 ÖBB。国際列車を含む長距離特急列車は座席の予約が必要ということもあり、事前にオンラインから予約をしておくのが一般的です。

空席があれば駅構内の自動券売機やオーストリア連邦鉄道窓口でも購入可能ですが、ホリデーシーズンや週末などは万が一ということもあるので、旅行の計画をたてたら早めに予約をおすすめします(オンライン早割有り)。

以下に予約方法を紹介します。なお、英語での予約が心配な方は、欧州鉄道会社の鉄道切符を一括販売している公的法人、レイルヨーロッパから日本語でも購入が可能です。

a. オーストリア連邦鉄道公式HP

まず予約をする際はオーストリア連邦鉄道の公式HP(英語対応)から行います。

トップページから直接出発日、乗車駅、降車駅の入力を行えます。ウィーンおよびブダペストの国際列車の発着駅はそれぞれの名称は以下の通りです。

  • ウィーン:Wien Hbf
  • ブダペスト:Budapest Keleti

行き先と目的地を入力後、次の画面へと進んでください。

b. 発着地の決定

次の画面では乗車券と座席指定席券両方を購入するか、それとも座席指定券のみかを選択します。

レイルパスを持っている場合など特殊な場合を除いて乗車券と指定席券両方が必要になるので「Single Tickets and Day Tickets」を選択してください。

c. 乗車列車の指定

すると指定日の列車一覧リストが表示されます。

一番スケジュールにあうものをクリックし選択してください。尚、日本の鉄道とは違い数十分の到着遅延はよくあることなので、なるべく時間に余裕を持たせることをお勧めします。

d. チケットタイプの指定・追加オプション

次の画面では、チケットのタイプを選択します。通常は「Best Price」というものを選んでおけば問題ありません。そのほかこの画面ではファーストクラスや座席指定も可能です。

尚、一部の列車では座席指定オプションがないものや一等車のみ座席指定可能という場合もあります。

e. 個人情報の入力

ここまでで利用する列車と座席の種類を選択したら最後に個人情報の入力画面と支払いへと進みます。

氏名は必ず乗車する人の名前と一致するように、そしてパスポートなど身分証と一致するものを入力してください。氏名の一致がしていないと車内検札で場合によっては指摘されてしまうことがあります。

f. 支払い

最後に支払い画面となります。日本からの支払いの場合にはクレジットカード(ビザ、マスターカード、アメリカンエクスプレス、ダイナース)もしくはPayPalでの支払いが可能です。

支払いを完了すると登録したメールアドレス宛に購入確認のメールが届きます。このメールには領収書は添付されていますが、乗車券や座席券は添付されていません

発券手続きはそのメールに書かれたリンク先からQRコード付きの乗車券を印刷し持参するか、オーストリア連邦鉄道のアプリを使う、あるいは駅での発券に必要な「ピックアップコード」を発行し自動券売機で印刷を行う(後述)必要があります。

2. 予約チケットの駅での発券方法

a.  ピックアップコード

予約完了時に受け取ったメールの指示に従い、ピックアップコードを発行すると、改めてこのコードがメールアドレス宛に送られてきます。

このピックアップコードは、オーストリア連邦鉄道の自動券売機で予約済みチケットを受け取る際に必要になります。

引き換えは列車出発時間より前であれば当日でなくともいつでも可能です。

b. 自動券売機での発券方法

ブダペストへの行き方

オーストリア鉄道の列車に乗り込む前に予約済み乗車券の発券を行う必要があります。

まず駅構内にあるオーストリア連邦鉄道の自動券売機を探してください。

自動券売機は複数言語に対応しています。タッチパネル式になっているため「English」を選択し英語表記へと切り替えてください。

こちらが初期画面。少し分かりづらいですが、画面左上にある「Enter Pick-up Code」というものをタッチしてください。

するとキーボードが表示されますので、メールで受け取ったPick-up Codeを入力してください。

これを行うことで正規の乗車券が発券されます。

c. 発券の確認

予約済みの乗車券と指定席券一式(往復)、領収書が発券されるので確認してください。

乗車券には出発地と到着地が、指定席券には乗車する列車番号、発車時刻と到着予定時刻、号車番号(WAGEN)と人数分の座席番号(FENSTER=窓側 GANG=通路側)が記載されているはずです。

全て記名されているので、必ず検札時には名前と実際の乗客が一致するよう各自乗車券・指定席券を持っていることが重要です。

3. ウィーン中央駅

ウィーン中央駅はウィーン市街部南部に位置しているオーストリア最大の駅。オーストリア国内各地はもとより周辺国などへ向かう国際列車もほとんどがこの駅を発着もしくは経由します。

地下鉄や近郊列車、バス・トラムなど公共交通機関の乗り入れも多いため、ウィーン市内各地との接続も非常にいい駅となっています。

一点注意点は、ウィーン中央駅のホームは多層となっており、初めてだと発着ホームがどこにあるのか若干迷いやすいということ。迷ったらまずは地上階のメインホールへ向かうように覚えておくといいでしょう。

列車の発着時刻にゆとりを持って駅へ向かうことをおすすめします。

ウィーン中央駅概要

正式名称:Wien Hauptbahnhof
住所(Google map表示):Alfred-Adler-Straße 107, 1100 Wien, Austria

4. ブダペスト東駅(ケレティ駅)

ブダペスト東駅

ブダペスト東駅は中心地の北東に位置するターミナル駅。ハンガリー最大の駅であり、ブダペストへと入る長距離列車や国際列車はこちらへと入線します。

バスや地下鉄の乗り入れも多く、ブダペスト中心部へのアクセスも非常にいい駅となっています。

一点注意点としては、駅周辺はあまり夜間の治安がよくないとされています(酔っ払いやホームレスなど)。夜間の移動になる場合には十分に注意し、人通りの少ない場所などにはいかないようにしてください。

ブダペスト東駅概要

正式名称:Budapest Keleti /Keleti Pályaudvar
住所(Google map表示):Budapest, Kerepesi út 2-4, 1087 Hungary

5. 列車内

オーストリア鉄道

オーストリア連邦鉄道による長距離国際列車は現在も電気機関車牽引式の客車列車が主力。

ただし客車は比較的新しいものが多数投入されており、機関車牽引車両の特徴とも言えるエンジンやモーター音の聞こえない静かな客室となっています。

2等車であっても座席の前後間隔は非常に広く、とてもゆったりとした室内空間になっており快適。

また車内では無料のWi-Fiを利用することができるので、2時間半の乗車時間も長くは感じないはずです。

車内の治安も非常によく、車掌など連邦鉄道職員も親切な人が多いので安心です。

6. 最後に

ウィーンとブダペストの周遊旅行はオーストリア連邦鉄道を使うのが1番のおすすめ。所要時間は最短で2時間半〜とバスなどを使うより早く、そして何よりゆったりとした座席で安心して過ごすことができます。

またウィーン中央駅、ブダペスト東駅いずれも公共交通機関との接続がよく、そのままトラムや地下鉄などで街の至る場所へ移動が可能。そのまま観光をすすにも、市街地中心部へのホテルへ向かうにも立地のいい場所となっています。

オーストリア連邦鉄道公式HP(英語対応)もしくはレイルヨーロッパ公式HP(日本語対応)から簡単に予約が可能、ぜひこの2都市を効率よく移動したい方はオーストリア連邦鉄道を使ってみてください。

ウィーン発ハンガリー旅行前泊におすすめ

ウィーン中央駅の目の前にあるモダンなビジネスホテル、AZIMUT Hotel Vienna。駅目の前という立地からウィーン中央駅を使った早朝や深夜の移動前後、あるいはウィーン国際空港へのアクセスにとても便利な立地にあります。

ウィーンの観光名所のあつまる中心地と比較すると、室料は3割ほど低く抑えられておりとても経済的。一方綺麗で広々とした客室や早朝出発に嬉しいフリーコーヒーサービスなど、ホスピタリティの高いホテルです。

実際の宿泊レビューを詳しく書いているのでどうぞそちらをご覧ください。

ホテル名:AZIMUT Hotel Vienna
住所・Google Map:
Sonnwendgasse 8, 1100 Wien, Austria
予約・口コミはこちら

 エクスペディア:AZIMUT Hotel Vienna
 Hotels.com:AZIMUT Hotel Vienna
実際の宿泊レビューはこちら

オーストリア鉄道

皆さんのシェアが次の記事執筆に繋がります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です