スウェーデン第2の都市ヨーテボリ観光の押さえどころポイント10選

ヨーテボリの港

スウェーデン第2の規模を誇る都市であるとともに大学都市としても栄えているヨーテボリ(イエテボリ)Göteborg (英:Gothenburg) 。

近年観光地としても徐々に人気が高まっており、北欧雑貨を買いに行くという日本人の旅行者も時々見られるようになりました。またデスメタルの聖地でもあり、また芸術の街とも言われています。

個人的には、ヨーテボリの中心部には非常に多くの雑貨屋が立ち並び、スウェーデンの中で最も買い物をするのが楽しい街だと思っています。

今回は、そんなイエテボリを完全満喫するために是非訪れて欲しい観光名所を10箇所紹介します。

1. ヨーテボリ美術館

イエテボリ

ヨーテボリのメインストリートの正面にあり、街のシンボルでもあるポセイドンの像の背後に建つ美術館です。

イエテボリは元来芸術の街として知られ、多くの有名アーティストを輩出していますが、そんな北欧出身のアーティストの作品を中心にルソー、ゴッホ、ピカソ等の有名画家の作品等、数多くの展示がされています。

概要

名称(英語/スウェ語): Gothenburg Museum of Art/Göteborgs Konstmuseet
公式HP: ヨーテボリ美術館
住所: Götaplatsen 6, 412 56 Göteborg, Sweden

2. 市立博物館(東インド館)

ヨーテボリ市内中心部にある運河沿いに市立博物館はあります。

1750年に建設されたスウェーデンの東インド会社の建物をそのまま利用していることもありその外観は立派。

もちろん内部にも1万2千年前の石器時代からさかのぼって現在にいたるまで多くの展示がされており、中でもヴァイキング時代のスウェーデンに関する展示や、ヨーテボリの300年前からの発展の歴史は必見です。

概要

名称(英語/スウェ語): Gothenburg City Museum/Göteborgs Stadsmuseum
公式HP: ヨーテボリ市立博物館
住所 : Norra Hamngatan 12, 411 14 Göteborg, Sweden

3. ユニバーシウム

リセベリ遊園地(後述)の直ぐ近くにユニバーシウムがあります。科学館、水族館、植物園が一体となった非常に広大な施設で、観光客のみならず地元の子供たちの遊びと学習の場としても使われています。

ユニバーシウムというだけあって、ヨーテボリにある有名大学であるヨーテボリ大学とチャルマース工科大学がそれぞれ展示に協力していることから、アカデミックな博物館として評価されています。

巨大水槽のある水族館から宇宙開発に至る全てが1箇所に集まっている施設は他ではなかなかない珍しいものではないでしょうか。

概要

名称(英語/スウェ語): Universeum Science and Natural History Museum/Universeum
公式HP: ユニバーシウム
住所: Södra vägen 50, 40020 Göteborg, Sweden

4. リセベリ遊園地 

リセベリ遊園地は年間に300万人が訪れるという北欧最大の本格遊園地です。2005年には、フォーブス誌の“世界の遊園地トップ10”に選ばれたとのことで、地元の人だけではなく観光地としても人気なスポットです。

1番の人気はなんといっても世界でも最大規模の木造ジェットコースター。色々な意味でスリリングを感じることができます。室内アトラクションやレストラン等も充実しているので、1日かけて遊ぶこともできる施設です。

概要

名称(英語/スウェ語): Liseberg Amusement Park/Liseberg
公式HP: リセベリ遊園地
住所: Orgrytevagen 5
, GöteborgSweden

5. 園芸協会公園

園芸協会ヨーテボリ

園芸協会 Trädgårdsföreningen は市内中心部のメインストリート沿いにある大きな自然公園です。

中心部にあるオアシスという名にふさわしく、内部には一年を通して多くの花が植えられ、また温室テントでは熱帯植物を鑑賞することもできます。

晴れた日には地元の人が芝生に寝転んで日光浴を楽しんだり読書をしたりと、老若男女が集まる公園でもあります。

入場は無料なので天気のいい日の散策やピクニック、朝のランニングで訪れてみてはいかがでしょうか。

概要

名称(英語/スウェ語): Horticultural Society/Trädgårdsföreningen
公式HP: 園芸協会公園
住所: Slussgatan 1, 411 06 Göteborg, Sweden

6. ハーガ地区

Haga地区はヨーテボリ中心部にある旧市街地エリアを指し、石畳がびっしりと敷かれたヨーロッパらしい街並みを楽しむことができます。

多くの喫茶店やアンティークショップ、北欧雑貨店等が集まっており、ゆっくりとお店をみたりカフェでフィカ(コーヒーブレイク)をしたりしながら散策を楽しんでみてください。

概要

名称(英語/スウェ語): Haga
公式HP: Haga地区
住所: Haga Nygata, Göteborg, Sweden

7. スカンセン・クローナル

イエテボリスカンセン(フリー画像

スウェーデンの歴史的建造物で、デンマークからの侵攻に備えて要塞として1600年代に23門の大砲を備えて建設されました。

しかし1度も攻撃を受けることはなく、後に刑務所、住居、博物館として使用され建設当初のままの状態で現在にまで至っている建築です。

Haga地区内のリソスベルエット( Risåsberget)という丘の上に建っているため、ここからヨーテボリの街を一望することができます。

概要

名称(英語/スウェ語): Crown Sconce/Skansen Kronan
公式HP: スカンセン・クローナル
住所: Risåsberget, Haga Nygata, Göteborg, Sweden

8. イエテボリ魚市場

ヨーテボリにきたら是非訪れて欲しい魚市場です。建物が教会のような外観をしていることからスウェーデン語で魚教会と呼ばれています。

周囲を海に囲まれたスウェーデンの中でも特に、海に面したヨーテボリでは多くの新鮮な魚介類が水揚げされます。多くの小売業者が中に入っており、特に甲殻類の種類の豊富さには驚くこと間違いなし。

日本では見たことのないような魚も多く仕入れられており、見ているだけでも楽しくなる市場です。

そして、オススメなのがここの魚市場内のレストラン。

新鮮な魚介類を使った質の高い料理をリーズナブルにいただけるだけでなく、スウェーデン名物であるザリガニや新鮮な牡蛎なども提供されています。

概要

名称(英語/スウェ語): Seafood Market/Feskekörka 
公式HP: 魚市場 Feskekörka
住所: Fisktorget 4, 411 20 Göteborg, Sweden

9. ボルボ博物館

スウェーデンの車といえばVolvo。特にヨーテボリはこのVolvoを産業として発展した歴史があり、現在もヨーテボリ郊外に本社が置かれていることからVolvoの街とも言われています。

そんなVolvoの全てを展示しているVolvo博物館はヨーテボリ市内中心部から少し離れていますが、バス・トラムにて約40分ほどでアクセス出来ます。

Volvo誕生の歴史から現在に至るまで、そしてクラシックカーから現代車まで非常に多くの車が展示されており、Volvo愛好家の方に限らず車が好きな方は皆さん楽しめます。

概要

名称(英語/スウェ語): Volvo Museum
公式HP: Volvo 博物館
住所: Arendal Skans, 405 08, Göteborg, Sweden

10. ボートツアー・クルージング

ヨーテボリクルーズ

せっかくの港町ヨーテボリなのでランチやディナークルーズもおすすめです。

特に夜のディナークルーズでShrimp & Salmon Cruiseというスウェーデン名物であるザリガニをはじめとしてシーフードをめいいっぱい食べられるクルージングがおすすめ。

夜は音楽をガンガンに鳴らして飲んで食べて踊って歌って、盛りだくさんの3時間クルーズです。

ヨーテボリ名所
概要

公式HP: STRÖMMA SWEDEN

+α. サイクリング

ヨーテボリ(フリー画像

ヨーテボリはスウェーデン第2位の都市ですが、市内中心部はコンパクトにまとまっており、観光で訪れたい場所は一部を除いて徒歩圏内です。

ですが、それでも色々巡ろうとすると歩く距離が増えますので、そんな時はレンタルサイクルを利用してみてください。

市内の色々なところにこのような自転車スタンドがあり、ワンコインで借りることができます。返却はこの自転車スタンドであればどこでもいいので、片道だけの使用等フレキシブルに利用できます。

最後に

ヨーテボリの街並みをもっと見たい方へ

筆者がヨーテボリ滞在中に撮影した写真の一部をギャラリーで紹介しています。街並みに興味がある方は合わせて参考にしてください。

いかがでしたか?

ヨーテボリに行く際に最低限是非訪れて欲しい10スポット・アトラクションを紹介しました。

ヨーテボリにはまだまだ紹介できない多くの博物館や美術館、そして綺麗な離島等があり、短期でも長期でも観光を楽しめる街です。

また、北欧雑貨好きな方ならウィンドウショッピングだけで1日まるまる使えるかもしれません。

そんな様々な楽しみ方ができるヨーテボリ、北欧好きな方には是非オススメですよ!

筆者の定宿!オススメホテル紹介

ヨーテボリホテル

私がヨーテボリに行く時にいつも泊まるホテルがHotel Royal。ヨーテボリで最も伝統があり(設備は新しい)、チェーン傘下に入らず独立営業している唯一のホテルです。

ヨーテボリのホテルの中では比較的安いのですが、設備は綺麗ですし、フロント前に自由に頂けるコーヒーやケーキが置いてあり、好きな時にFika(コーヒータイム)を取ることができるというスウェーデンならではのサービスがあります。

もしヨーテボリに行かれる際はスウェーデン流のおもてなしが受けられるので是非ステイしてみてください。

ホテルの詳細はこちら:Hotel Royal Gothenburg

ヨーテボリホテルについては詳しくこちらの記事内でレビューしているので是非参考にしてください。

ヨーテボリの港

皆さんのシェアが次の記事執筆に繋がります!

2 件のコメント

  • 1枚目の画像利用させていただきたく連絡しました。こちらのサイトのイエテボリの記事です。
    (サイト閉鎖しましたので追記します)

    • こんにちわ。ご連絡有難うございます。
      画像の件ですが、出展元としてリンクを「Do follow」で掲載していただければ商用利用、まとめサイト(キュレーション)掲載を除いて認めさせていただいてます。
      画像を掲載した場所に出展先として元ブログ記事へのリンクの掲載をお願いいたします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です