この絶景を見よ!厳しい冬の北欧旅行をおすすめする10の理由

スカンジナビア

冬の北欧と聞いてどのような印象をみなさんは持ちますか?

厳しい寒さ、暗い日中、あまりいい印象を持っていない方が多いのではないでしょうか。事実、冬に北欧を観光する人は少なく、どうしても避けられてしまっている印象があります。

しかしながら、北欧の冬でしかみられない魅力がたくさんあるのも事実。

今回は、冬に北欧を訪れたくなる10の理由を紹介します。

1. 北欧のクリスマス

北欧のクリスマス

北欧のクリスマスは本場ドイツやイギリスとは少し違った雰囲気を味わえます。

街の中心的な広場でクリスマスマーケットが開催されるのは同じですが、混雑はほとんどなし。地元の人が仕事帰りにオーナメントや子供へのプレゼントを買ったりと、とても地域に根ざしたマーケットなのが特徴。

北欧のクリスマス

いつまでもその場にいたくなるような、そんな居心地のいいクリスマスマーケットを楽しむことができます。

また、日照時間が短い北欧だからこそ、長い時間イルミネーションを楽しめるのも嬉しいポイント。街は電飾で綺麗に飾られ、散策をしえいるだけでも全身からクリスマスを感じることができます。

北欧のクリスマスの記事はこちらでも紹介しています。

2. 混雑無縁の観光地

ストックホルム

ヨーロッパの人にとっての冬のバケーションの目的地はイタリアやスペインなどの暖かい国。そのこともあり、冬の北欧は混雑とは無縁です。

夏場は人でごった返している有名観光スポットも冬はゆったり。落ち着いて街並みを鑑賞したり、記念撮影をすることができるはずです。

オスロ

ストックホルムやコペンハーゲン、オスロといった北欧主要都市の首都では大雪になることも少ないため、冬はとても観光がしやすい季節になります。

3. 北欧の色彩

北欧雑貨や北欧家屋と聞いてどういう印象をもちますか?日本でも北欧雑貨が人気で何と無く想像ができると思いますが、特徴はその色鮮やかさ。

暗い冬の北欧を乗り越えるために、家の内外に明るい色を使い気持ちを温めるためだと言われています。

冬に北欧を訪れる方はそんな北欧の人々の色彩感覚をより強く実感することまちがいありません。

4. ロマンチックな夜景

夜が長いということは、夜景を楽しめる時間が長いということ。

北欧の建物はカラフルな外装が多く、ライトアップされるとより色が映えて見応えがある絶景を作り出します。

さらに運が良ければ、オーロラを街中で見ることができるかも。人々と自然が生み出す色のコラボレーションほど贅沢な夜景はありません。

5. 息を呑むオーロラ

もちろん冬の北欧ときたらオーロラも欠かせません。

大都市のある北欧南部でオーロラが観測されることはほとんどありませんが、北欧各国北部ではオーロラを頻繁に見ることができます。

スヴァールバル

そして、オーロラは必ずしも僻地で見るものというわけではなく、街中から観測できるエリアも多いのが北欧の特徴。

ホテルから一歩でるだけでそこにはオーロラ爆発、なんてことが起こるかもしれません。


スポンサーリンク

6. 美味しいシーフード

日本と同様、海に面した北欧諸国。もちろんシーフードもよく食べられています。そんなシーフード、冬が旬のものも多く、身が締まって美味しいのがこの季節。

特にエビやカニ、牡蠣などの甲殻類は北欧の人の大好物でもあり、日本と比べてもお得な値段でいただくことができます。

是非旬を迎えたエビをたらふく食べる、なんて冬の北欧ならではの経験をしてみてください。

7. お酒の季節

アイスランドのアルコール

北欧の冬が寒いのは事実。だからこそ寒い季節では強いお酒を飲む文化が発達しました。

北欧諸国それぞれに地元に根付いたアルコール度数40度以上のスピリッツがあり、その原料は様々。

日本酒や日本産ウイスキーの世界的な広がりにより日本人はお酒が強いと思っている人が多く、勧められることも多々。是非お酒が強い人は地元のバーでローカルと蒸留酒片手に団欒してみてください。

ビールも日本ではみられないような、アルコール度数10度以上のものも多数。

寒い地域ならではのお酒文化を楽しむことができるのも冬の醍醐味です。

8. スローライフを実践

どうしても観光となると慌しく動き回ってしまうのが常。せっかく冬の北欧を旅行するのであれば、スローライフを実践してみるのもおすすめです。

カフェやレストランでゆっくり暖かいコーヒーやスープ、あるいはお酒をいただきながら団欒を楽しんてみるのもよし。

美術館でムンクやラーションなど多くの有名画家を生んだ北欧のアートに身を浸してみるのもよし。

もちろん教会を巡りながら気持ちを落ち着かせ身を清めるのもよし。必ずしも屋外を歩き回るのが観光ではありません。

9. 冬の北欧ならではの景色

アイスランドの絶景

冬の北欧は絶景の宝庫。

夜景はもちろん、太陽の動きが水平に近いことから日の出や日の入り前後のトワイライトを長い間楽しむことができます。

オレンジ色に染まった空と雪景色ほどマッチする景色はこの世の中にありません。

アイスランドの絶景

場所によってはさらに流れ着いた氷河の塊とのコラボレーションを見ることができるスポットも。アクセスが難しい場所も多くありますが、それでも訪れたくなってしまうほどの絶景です。

夜景はもちろん、自然が作り出す星空も冬は観測に最適。澄み切った空気と低い湿度のおかげで満点の星空を見ることができます。

オーロラが出ても出なくても、北欧の夜には魅力がたくさん詰まっています。

10.冬の北欧ならではの経験

もちろん冬の北欧でしか経験できないようなアクティビティもたくさん。

厳しい寒さに見舞われる時期にしかアクセスができない自然が作り出した氷の洞窟では人の手では作れない幻想的な形の氷柱がずらり。

アイスランド氷の洞窟

何千年も前からある氷河が作り出した氷の洞窟もまた見所。氷の密度が極めて高いために透明度はもとより青みが強く、宝石のような輝きには心を奪われることまちがいありません。

もちろんその他定番のアクティビティも多数。犬ぞりやトナカイソリなど大人も子供も楽しめる体験がたくさんあります。

最後に

ふゆのスウェーデン

いかがでしたか?

冬の北欧を訪れるべき10の理由を紹介しました。

夏の旅行ももちろんですが、寒い国には寒い国ならではの楽しみ方があるのも事実。特に北欧の冬には人生を豊かにしてくれるような魅力がたくさん詰まっています。

是非冬の旅行先に北欧をくわえてみてください!

スカンジナビア鉄道周遊旅行を予定している方へ!

デンマーク、スウェーデン、ノルウェーはいずれも鉄道で繋がれており、主要都市はもちろん北極圏の地方都市まで広く鉄道網でカバーされているため、北欧旅行には鉄道が最適。

そんな北欧鉄道旅行の際に絶対かかせないのがスカンジナビア ユーレイルパス。

特急列車や国際列車、寝台特急まで国鉄が全て無料になる他、主要観光地やフェリーも無料になったり割引が受けられたりとサービス満点です。

EU外からの旅行者しか購入できない非常にお得な周遊切符となっていますので、是非旅行前に準備しておいてください!

スカンジナビアユーレイルパスの詳細・購入はこちら

スカンジナビア

皆さんのシェアが次の記事執筆に繋がります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です