鉄道を使って簡単アクセス!コペンハーゲン国際空港〜中央駅移動方法

デンマークの首都コペンハーゲンにある北欧最大の国際空港、コペンハーゲン国際空港(カストラップ空港)。

日本と直通便もあるスカンジナビア航空のハブ空港として、北欧を訪れる多くの旅行者が利用することになります。

そんなコペンハーゲン国際空港はデンマーク国鉄が運行するエーレスンド鉄道 Öresundstågによって市街地中心部にあるコペンハーゲン中央駅と結ばれており、空港を利用する観光客の大部分がこの鉄道を利用することになります。

今回はそんなエーレスンド鉄道を使った空港〜中央駅のアクセス方法を現地でのチケットの買い方を中心に紹介していきます。

1. コペンハーゲン国際空港到着後

コペンハーゲン国際空港は大きな空港ではあるものの、扇型の構造をしておりとても導線がわかりやすい設計となっています。

チェックインした荷物をターンテーブルで受け取り、税関を抜けるとそこはターミナルホール。国際空港としては珍しく到着ターミナルと出発ターミナルが分かれていないので大変混雑するエリアです。

ターミナルホールに出たらそのまま真っ直ぐと直進すると、50mほど離れたところに鉄道の切符売り場が見えてきます。

コペンハーゲン国際空港駅には約20台の自動券売機が設置されており、こちらで中央駅までの切符を購入します。

尚、自動券売機周辺には鉄道会社のスタッフも多く配置されており、不明点などがある場合も親切に教えてくれるので問題ありません。

3. 乗車券購入方法

自動券売機はタッチパネル式となっており、英語を含む複数言語に対応。こちらが英語の初期画面になっています。

コペンハーゲン中央駅や、隣国スウェーデンの都市マルメなど利用者が多い駅については初期画面に最初から表示されているので簡単。

中央駅に向かう場合には「Copenhagen Central St.」をタッチしてください。尚、「Tourist Ticket」の選択画面からは1日乗車券なども購入することが可能です。

初期画面に表示されていない駅については「Ticket」というボタンをタッチすることで、主要駅の候補一覧が表示されます。

こちらの画面ではコペンハーゲン中央駅はもちろん、デンマークやスウェーデンの主要都市の一覧が表示されます。

目的地を見つけてタッチしてください。

次の画面では枚数の選択画面へとなります。大人や子供、ユースなど年齢によって細かく料金が分かれているので、必要枚数だけ「+」をタッチしてください。

次の画面では指定した目的地と枚数に応じた料金が表示されます。「Standard」と書かれたチケットが通常の普通車チケット。

「1’」と書かれたチケットは一等車を利用する場合や特急列車に必要となるものですが、コペンハーゲン中央駅へと向かう場合には最も安いStandardチケットで構いません。

その後「Add to basket」を選択し支払いへと移ります。

次の画面では料金の最終確認画面となります。問題なければ「Pay」を選択してください。

画面上には支払い可能方法が表示されます。

今回利用した機械ではビザやマスターカードのついているクレジットカードやデビットカード、紙幣、硬貨が利用可能となっていますが、現金が使用できない機械などもあるので注意してください。

自動券売機の側部にはこのように現金やカードの挿入口があります。現金非対応の機械ではカード挿入口以外がないので、もし現金を使用したい方はあらかじめ確認しておいてください。

希望する支払い方法に応じて現金やカードを挿入することで支払い手続きが完了します。

乗車券は紙のカードが発券されます。チケット上部には発券時間と有効期限が書かれており、この有効期限内であればバスやメトロへの乗り換えも可能です。

コペンハーゲン国際空港はゾーン4に属し、コペンハーゲン中央駅はゾーン1。そのため今回購入した切符には3ゾーン分の移動が可能ということを示す「03」という数字が書かれています。この区間内であれば乗り降りも自由となっています。

4. 中央駅方面ホーム

空港ターミナルの地下が鉄道の駅となっており、コペンハーゲン中央駅を含むデンマーク側の地域に向かう場合の列車は全て2番ホームから発着します。

また2番線にくる列車はすべてコペンハーゲン中央駅へと向かいますが、スウェーデン方面から来たスウェーデン国鉄の特急列車(先端が尖っているいかにも特急列車のような外観)には「Standard」チケットでは乗車できないので注意してください。

マルメアクセス

このような四角い顔をした列車が乗車すべきエーレスンド鉄道の目印です。

一方、1番ホームを発着する列車はすべてスウェーデン方面行き。コペンハーゲン中央駅の次は国境を超えてスウェーデン側のヒリエという駅になってしまうので、くれぐれも間違えないように注意してください。

5. 列車・車内

コペンハーゲン国際空港から公共交通機関を使って市街地へと行くほとんどの人が利用するということもあって、列車内は比較的混雑します。

コペンハーゲン中央駅までは所要時間15分、大きな荷物がある場合にはこちらのような荷物車両がおすすめです。

スーツケースやベビーカーなどをそのまま置くことができ、また簡単な折りたたみのシートも設置されているため荷物のそばにずっといることが可能。またこの車両にはトイレも完備されています。

短い道のりですので、4列シートの座席車両へと行かなくてもいいかと思います。

6. 最後に

今回はコペンハーゲン国際空港から市街地へと行く際に最も便利で簡単なデンマーク国鉄エーレスンド鉄道を使った移動方法を紹介しました。

エーレスンド鉄道は24時間運行しており、運行本数も多いため空港アクセスには最適。

運賃携帯もシンプルで慣れない観光客にとってもわかりやすくなっているので、是非利用してみてください。

北欧で鉄道周遊旅行を予定している方へ!

デンマーク、スウェーデン、ノルウェー、フィンランドはいずれも鉄道で繋がれており、主要都市はもちろん北極圏の地方都市まで広く鉄道網でカバーされているため、北欧旅行には鉄道が最適。

そんな北欧鉄道旅行の際に絶対かかせないのがユーレイルパス。

特急列車や国際列車、寝台特急まで国鉄が全て無料になる他、主要観光地やフェリーも無料になったり割引が受けられたりとサービス満点。

EU外からの旅行者しか購入できない非常にお得な周遊切符となっていますので、是非旅行前に準備しておいてください!

詳細: 
ユーレイルグローバルパス(欧州31カ国対応)
ユーレイル スカンジナビアパス(北欧4カ国対応)
ユーレイルデンマークパス
ユーレイルスウェーデンパス

皆さんのシェアが次の記事執筆に繋がります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です