ハンガリー首都制覇!ブダペストおすすめ観光名所30選

ブダペストおすすめ観光名所

中欧の主要都市でありドナウ川の真珠とも言われる美しい街ブダペスト。

長い歴史に培われた豊富な文化と景観に惹きつけられ世界中から旅行者が訪れるヨーロッパでも有数の観光都市となっています。

今回はそんなブダペストを旅行する上で是非訪れたい観光名所を30箇所、全て筆者が自ら足を運んだ上でオススメポイントを紹介していきます。

ドナウ川東側(ペスト側)

1. セーチェーニ温泉

セーチェニ温泉

ブダペスト観光をする上で憧れの場所といってもいいセーチェーニ温泉。ハンガリーは温泉大国とも知られていますが、このセーチェーニ温泉はヨーロッパで最大の温泉です。

屋内に15、屋外に3の温泉・プールを持つ大きな複合設備で、黄色の美しい建物の前に広がるプールの景色はSNS映え間違いなしの絶景。

温泉の効能も医学的に見られている本格スパリゾートとなっています。

セニーチェ温泉概要

名称:Széchenyi Thermal Bath
住所(マップ):Budapest, Állatkerti krt. 9-11, 1146
公式HP:http://www.szechenyifurdo.hu
営業時間:全日 06:00 – 22:00
詳細案内記事:セーチェニ温泉まとめ

2. 英雄広場

セーチェーニ温泉を訪れる際には是非立ち寄りたいのが英雄広場。

温泉施設から徒歩10分程度の場所にある大きな広場で、イシュトヴァーン1世をはじめとするハンガリーの建国や歴史にまつわる英雄たちの像が置かれています。

この広場から伸びる一本通りが「アンドラーシ通り」と呼ばれ、現在のブダペスト世界遺産「アンドラーシ通りとその地下」を構成しています。

広場周辺には現代美術館や西洋美術館が複数あるため芸術好きな方は要チェックです。

英雄広場概要

名称:Heroes’ Square
住所(マップ):Budapest, Hősök tere, 1146

3. ブダペスト地下鉄1号線

ブダペストの世界遺産登録名は「ブダペストのドナウ河岸とブダ城地区およびアンドラーシ通りとその地下」。

この地下鉄1号線は「その地下」の部分として2002年にもともとのブダペスト世界遺産に追加される形で認定されました。

1896年に開通しており、本格的な地下鉄サービスとしてはユーラシア大陸世界初、ロンドン地下鉄に次ぐ世界2番目に古い地下鉄です。

ブダペスト地下鉄1号線

名称:Budapest Metro (M1)
始発駅(マップ):Vörösmarty térMexikói út
公式HP:https://www.bkv.hu/en/

4. 国会議事堂

ブダペストのドナウ川東側で最も立派な建物とも言える国会議事堂宮殿。

そのネオゴシック様式の外観の美しさはもちろんのこと、黄金に輝く豪華な宮殿内部は必見です。ブダペストでも1、2を争う超人気ガイドツアー(日本語あり・要予約)が毎日催行されています。

また、聖イシュトヴァーンの王冠と宝珠や宝剣などハンガリー国王の戴冠式で使われる国宝も収蔵されており、こちらもガイドツアーで見学することが可能です。

国会議事堂概要

名称:Hungarian Parliament Building
住所(マップ):Budapest, Kossuth Lajos tér 1-3, 1055
公式HP:https://www.parlament.hu
ガイドツアー時間:8:00 – 18:00 

5. 1956ハンガリー動乱跡とメモリアル

国会議事堂周辺は1956年のハンガリー動乱が起こった際の主要舞台の一つ。

旧ソ連への支配に反対し蜂起した民衆に対しソ連軍が武力を用いて制圧した事件で、数千人が殺害されたほか数十万人もの難民が生まれたことで知られています。

そんなメモリアルの展示ルームが国会議事堂前コシュート・ラヨシュ広場の地下に小さくあり、当時の生々しい映像や写真が紹介されています。

また、国会議事堂の向かい側にある農村開発省の建物にはソ連軍が発砲した際の銃痕が今も残されています。

ハンガリー動乱メモリアル概要

名称:In memorial 1956 October 25
住所(マップ):Budapest, Kossuth Lajos tér 11, 1055

6. ドナウ川遊歩道の靴

国会議事堂からほど近く、ドナウ川東側の岸壁沿いは遊歩道に整備されており、ブダペストの美しい景色を見ながら散策を楽しむことができます。

そんな一角に置かれた銅製の60対の靴。

ナチスドイツによる占領下にあった1944−45年、ユダヤ人がこの川沿いに並ばされ銃殺されたり沈められたりし多くの犠牲者が出ました。

その際、当時靴は貴重品とされ、死の直前に靴を脱ぐよう命じられ、川沿いには靴だけが残された。そんな悲劇を忘れないよう2005年にメモリアルが設置されました。

ドナウ川遊歩道の靴概要

名称:Shoes on the Danube Promenade
住所(マップ):Budapest, Id. Antall József rkp., 1054

7. セーチェーニ鎖橋

Széchenyi Chain Bridge

セーチェーニ鎖橋はドナウ川にかかり、ブダ側(西側)とペスト側(東側)を結ぶ吊り橋で、1840-49年にイギリス人エンジニアWilliam Tierney Clarkによって建設されました。

全長340m、片側1車線道路で日中は大変交通量の多い橋ですが、左右にある歩道からは見事なブダペストの景色を眺められるということでフォトスポットとしても大変人気。

夜は交通量も減りライトアップされるため昼とはまた違った雰囲気を醸し出します。

セーチェーニ鎖橋概要

名称:Széchenyi Chain Bridge
住所(マップ):Budapest, Széchenyi Lánchíd, 1051

8. エルジェーベト橋

ドナウ川にかかる大橋で、セーチェーニ鎖橋に並んで架かる吊り橋、エルジェーベト橋。

ブダ側とペスト側の交通量の増大に伴い、セーチェーニ鎖橋の負担軽減のために1964年に建設されました。

中世の姿を今に残すブダペストに馴染みながらもモダンな光を灯す夜の姿もおすすめです。

エルジェーベト橋概要

名称:Elisabeth Bridge
住所(マップ):Budapest, Erzsébet híd, 1013 

9. ブダペスト中心街の聖母マリア教会

エルジェーベト橋のペスト側にあるファサードが特徴的なブダペスト中心街の聖母マリア教会。

ゴシックーロマネスク様式の教会で、2000年近い歴史を持つブダペストでも有数の教会です。

今ある教会の地下からはローマ帝国時代や中世の遺跡も2014-2015年の発掘調査で見つかり、現在一部が祈祷室として利用できるようになっています。

聖母マリア教会概要

名称:Budapest Inner-City Mother Church of the Blessed Virgin
住所(マップ):Budapest, Március 15. tér, 1056 
公式HP:http://www.belvarosiplebania.hu

10. 聖イシュトヴァーン大聖堂・展望台

ローマ・カトリック教会の大聖堂で現在のハンガリーでは3番目に大きな教会となっている聖イシュトヴァーン大聖堂。ハンガリー王国の初代国王 St.Stephen I(975–1038)の名前がつけられています。

教会正面上部にある尖塔部分は展望台(有料)となっており、そちらからはブダペストの街並みを360度一望することができます。

聖イシュトヴァーン大聖堂概要

名称:St. Stephen’s Basilica
住所(マップ):Budapest, Szent István tér 1, 1051
公式HP:http://www.bazilika.biz

11. ドハーニ街シナゴーグ

1859年に完成したユダヤ教の教会、ドハーニ街シナゴーグ。

男性1,492名、女性1,472名の定員をもつヨーロッパで最大のシナゴーグとして知られています。

内部にはロマン派建築家 Frigyes Feszlによってデザインされた豪華絢爛な装飾や1859年に設置された5000本のパイプを持つパイプオルガンがあります。

ドハーニ街シナゴーグ概要

名称:Dohány Street Synagogue
住所(マップ):Budapest, Dohány u. 2, 1074 

12. ブダペスト中央市場

1897年に設立されそれ以来ブダペストの食卓を支えている中央市場。ネオゴシック様式の巨大な建物が特徴です。

3階構成になっている巨大な市場には新鮮な肉や野菜はもちろんのこと、衣料品やお土産品など様々。

地元の利用客が非常に多いマーケットではありますが、食べ歩きができるようなフルーツカットやファストフードなども売っているため観光客にも大人気になっています。

ブダペスト中央市場概要

名称:Great Market Hall
住所(マップ):Budapest, Vámház krt. 1-3, 1093
営業時間:06:00 – 18:00 (土月 短縮営業)
閉館:日

13. ハンガリー国立博物館

ハンガリー国立博物館

イシュトヴァーン1世の戴冠式から始まったハンガリー王国。長い間反映を続け、一時期はオーストリア・ハンガリー帝国として中欧の大部分を支配するなど、政治・文化・経済の中心として長い間機能してきました。

ハンガリーの首都ブダペストにある国立博物館には、建国から近代まで長い歴史のそれぞれの時期から無数のコレクションを7つの常設展にわけて展示しています。

ハンガリーの歴史を知る上では欠かすことのできない博物館です。

ハンガリー国立博物館概要

名称:Hungary National Museum
住所(マップ):Budapest, Múzeum krt. 14-16
公式HP:https://mnm.hu
営業時間:10:00 – 18:00(月曜定休)

14. ブダペスト東駅

ブダペスト最大のターミナル駅であり、オーストリアやドイツ方面など数多くの国際線が発着しているブダペスト東駅。

1884年に完成した当時はヨーロッパで最も革新的な駅として知られていました。

駅ファサードにはイギリスの産業革命家であり鉄道発展に大きく貢献したジェームズ・ワットとジョージ・スチーブンソンの像が設置されています。

ブダペスト東駅概要

名称:Budapest-Keleti Railway Terminal
住所(マップ):Budapest, 1087

15. ニューヨークカフェ

ニューヨークカフェ

ブダペストで最も美しいカフェとして有名で、今では観光客に非常に有名になったニューヨークカフェ。

まるで宮殿のような内装となっており、朝食からディナーまで時間帯に応じて様々な料理や飲み物が提供されています。

実際のところはアジアからの観光客で大混雑となっており、その美しい環境とは裏腹に落ち着かない場所。コストパフォーマンスもあまりよくないので、うーんというのが正直な感想。

訪れる際にはテーブル予約をお勧めします。

ニューヨークカフェ概要

名称:New York Palace Café
住所(マップ):Budapest, Erzsébet krt. 9-11, 1073
公式HP:https://www.newyorkcafe.hu/
営業時間:08:00 – 24:00
レビュー記事:ニューヨークカフェに行くべきでない5つの理由

16. SUGAR!

ブダペスト中心部から地下鉄などを使って約15分、今話題のスイーツストア・カフェSUGAR!があります。

こちらは公式インスタグラムでフォロワー数が1万を超えるSNS生まれのお店と言っても過言ではないほど。

店内は世界から集まったカラフルなお菓子やスイーツが売られているほか、カフェではケーキ屋マカロン、アイスクリームなど様々。甘党派はもちろん、ちょっとポップなフォトスポットを探している人にもおすすめです。

SUGAR!概要

店名:SUGAR!(SUGAR SHOP)
住所(PAULAY 店):Budapest, 1061 Paulay Ede utca 48.
公式HP:http://sugarshop.hu
開店時間(PAULAY 店):
 月曜 12 am – 10 pm
 火曜〜日曜 10:30 am – 10 pm
インスタグラム:@sugar_design_confectionery
レビュー記事:インスタ生まれの名店!SUGAR!レビュー

17. ヴァーチー(Váci)通り

ブダペストの中心部、ペスト側にある歩行者天国ヴァーチー通り。

ここには流行の先端をいくアパレルショップをはじめ、カフェやレストランなどが数多く集まっており活気のあるエリアとなっています。

筆者お勧め&行きつけのカフェAnna Cafeもこちらの通りにあります。買い物や食事をするのにおすすめです。

ヴァーチー通り概要

名称:Váci Street
住所(マップ):Budapest, Váci u. 1052


スポンサーリンク

ドナウ川西側(ブダ側)

18. ブダ城の丘ケーブルカー

セーチェーニ鎖橋を渡りきったところにあり、ブダ城へと登るケーブルカー。

1870年から運行を開始している歴史のあるケーブルカー(第2次世界大戦で破壊され1986年に再開)で、世界遺産を構成する一部となっています。

乗車時間は1分半、車窓から美しい景色を楽しんでください。

ブダ城の丘ケーブルカー概要

名称:Budapest Castle Hill Funicular
住所(マップ):Budapest, Clark Ádám tér, 1013

19. ブダ城トンネル

雨の日には鎖橋が収納されていた、という伝説もあるブダ城トンネル。

セーチェーニ鎖橋完成の数年後、ブダの丘の反対側にある住宅街とペスト側を結ぶ目的で1856年に開通した歴史のあるトンネルです。

ブダ城トンネル概要

名称:Buda Castle Tunnel
住所(マップ):Budapest, Alagút, 1012

20. ブダ城・国立美術館

ブダ城

ブダペストを代表する観光地であるブダ城。ブダの丘の北部の大部分を占める立派な城(宮殿)はハンガリー王国の歴史そのもの。

1265年にブダ城が建設され、その後18世紀にバロック様式で拡張増築され現在の姿となりました。

現在ブダ城内部はハンガリー国立美術館と歴史博物館として使用されています。

ブダ城(国立美術館)概要

名称:Buda Castle/National Gallery
住所(マップ):Budapest, Szent György tér 2, 1014
公式HP:https://mng.hu
開館時間:10:00 – 18:00 (月曜休館)

21. マーチャース教会

ブダの丘にひときわ目立つ教会がローマ・カトリック教会のマーチャース教会。

1015年にロマネスク様式で設立された教会を起源としており、現在の教会は14世紀にネオゴシック様式で建てられた姿(その後19世紀に大規模修復)となっています。

教会内部の美しい内装や独特な支柱の形状、フレスコ画は必見。また高さ80mの尖塔部分へも別料金で登ることができ、ペスト側の景色を一望することができます。

マーチャース教会概要

名称:Matthias Church
住所(マップ):Budapest, Szentháromság tér 2, 1014
公式HP:https://www.matyas-templom.hu

22. 漁夫の砦

ブダ城周辺観光

マーチャース教会周辺を取り囲む形で築きあげられている漁夫の砦。ネオゴシック様式およびネオロマネスク様式で1902年に建築されました。

7つの塔それぞれが9世紀に中欧を支配していた7つの部族を表しており、ブダ城の城壁の防衛を担当していたのが漁夫のギルドだったことから砦の名前がつけられています。

砦上部の展望台エリアは有料となっていますが、その下はカフェやレストランとなっておりそちらからも同様にドナウ川やペスト側、ゲッレールトの丘などの絶景を楽しむことができます。

漁夫の砦概要

名称:Fisherman’s Bastion
住所(マップ):Budapest, Szentháromság tér, 1014
公式HP:http://www.budavar.hu/halaszbastya-belepodijai

23. ゴールデンイーグル薬局博物館

ブダの丘での観光にちょっと疲れた際に立ち寄りたいのがゴールデンイーグル薬局博物館。

中世ブダペストの製薬器具や医療機器、薬局の歴史が展示されている小さな博物館ですが、入場料も非常に安いので炎天下の中などに冷を求めて訪れるのもおすすめです。

ゴールデンイーグル薬局博物館概要

名称:Golden Eagle Pharmacy Museum
住所(マップ):Budapest, Tárnok u. 18, 1014
公式HP:http://semmelweismuseum.hu/arany-sas-patikamuzeum/
開館時間:10:00 – 18:00 (月曜休館)

24. 独立戦争の像

Statue of the Independence War

ブダの丘に数多くある銅像の中でも特に注目したいのが独立戦争の像。

1848年にブダ城周辺で繰り広げられた戦いの犠牲者や英雄を奉る目的で1893年に建てられました。「自由か死か」を表した力強い像として有名です。

独立戦争の像

名称:Statue of the Independence War
住所(マップ):Budapest, I. kerület, 1014

25 . マグダラのマリア教会と鐘塔

13世紀に設立されたハンガリー人のための教区教会、マグダラのマリア教会。

その後14−15世紀に拡張された際に鐘塔も築かれましたが、その鐘塔は現在にいたるまで奇跡的に破壊されることなく残された数少ない貴重なゴシック様式の建物となっています。

鐘塔上部は展望台となっており、そこからはブダの丘の街並みを一望することができます。

マグダラのマリア教会・タワー

名称:Church of Saint Mary Magdalene
住所(マップ):Budapest, Kapisztrán tér 6, 1014
公式HP:http://www.budatower.hu

26. 防空壕病院(Hospital in the Rock)

1930年代後半からブダの丘の地下に築き上げられた地下迷宮。第2次世界大戦中の救急病院として作られました。

ソ連軍によるブダペスト包囲の際にはブダペストの医療施設として重要な役割を果たし、もともと60−70人の定員を想定して作られたバンカーは最大600人もの人を収容したとされています。

また冷戦中には核や化学兵器シェルターとしても整備されました。

現在内部はガイドツアーで公開されており、戦時医療の悲惨さや勇敢なハンガリー人医師たちを紹介したり、広島や長崎の展示も数多く含めながら反核兵器の教育の場として利用されています。

防空壕病院概要

名称:Hospital in the Rock
住所(マップ):Budapest, Lovas út 4, 1012
公式HP:https://www.sziklakorhaz.eu/en/
ガイドツアー時間:10:00 – 19:00 (毎時/夏季30分毎)

27. シラージ・デジュー広場の改革派教会

シラージ・デジュー広場の改革派教会はハンガリーでは珍しいキリスト教プロテスタント教会。

ドナウ川沿岸に建つ大きな煉瓦造りの教会は1896年に完成しました。

ハンガリーを代表するネオゴシック様式の建築として知られています。

シラージ・デジュー広場の改革派教会概要

名称:Szilágyi Dezső Square Reformed Church
住所(マップ):Budapest, Szilágyi Dezső tér 3, 1011

28. ゲッレールト山の洞窟教会

ゲッレールトの丘北側の登り口のすぐ近くにある洞窟教会。ゲッレールトの丘の地下に掘られた洞窟網の一部からなります。

もともと19世紀には貧しい人達によって住居として使用されていましたが、20世紀初頭にはチャペルや修道院として使用されるようになりました。

その後もナチスドイツ軍人のための病院として接収されるなど様々な歴史を歩んだ洞窟。現在はその歴史を知ることができる博物館兼教会となっています。

ゲッレールト山の洞窟教会概要

名称:Gellért Hill Cave
住所(マップ):Budapest, Szent Gellért rkp. 1, 1114

29. ゲッレールトの丘と要塞(ツィタデッラ)

標高235mのゲッレールトの丘。ハンガリーに初めてキリスト教を広めた宣教師でありこの丘から最後飛び降りて自決した聖ゲッレールト(英: Gerard Sagredo)から名前がつけられました。

ゲッレールトの丘頂上には19世紀中旬にを恐れた独立運動ハプスブルグ家(オーストリア)によって要塞が築かれ、現在はその跡地が展望台として整備されています。

頂上までは数十分のハイキングとなりますが、ここから見るブダペストの景色をみればブダペストがドナウ川の真珠と呼ばれる理由がわかるはず。

ゲッレールトの丘概要

名称:Citadella
住所(マップ):Budapest, 1118

30. ゲッレールト温泉

ゲッレールト温泉

ゲッレールトの丘のふもと部分にあり、ブダペストでも有数の人気を誇るゲッレールト温泉。

アール・ヌーヴォー様式の室内サーマルプールの光景がSNSで広まり、瞬く間にブダペスト人気観光名所となりました。

温水プールや温泉、波の出るプールなど半日〜1日楽しめるスパ施設となっています。

ゲッレールト温泉概要

名称:Gellért Thermal Bath
住所(マップ):Budapest, Kelenhegyi út 4, 1118
公式HP:http://www.gellertfurdo.hu
営業時間:06:00 – 22:00
レビュー記事:ゲッレールト完全攻略まとめ


スポンサーリンク

最後に

ブダペストを観光する際には是非立ち寄りたいおすすめスポットを30箇所一挙紹介しました。

ブダペストは国としての長い歴史から、芸術・文化がとてもリッチ。老若男女様々な楽しみ方ができる街になっています。

駆け足て観光すれば2日程度で主要スポットを全て回ることができますが、スパでゆっくりしたり芸術をゆっくり鑑賞したりするのであれば最低3日(2泊)は欲しいところ。

じっくり時間をとった観光計画をたててみることをおすすめします。

オーストリアーハンガリー周遊なら!

オーストリアの首都ウィーンとハンガリーの首都ブダペストは約240kmしか離れておらず、両都市間の移動は陸路が基本。

オーストリア鉄道の特急列車を使えば両都市間をわずか2時間半程度で移動することができるため周遊旅行がとてもしやすい組み合わせになります。

ヨーロピアンイーストパスを使えば、オーストリアとハンガリーやさらに周辺のチェコ、スロバキアなどの鉄道が期間内乗り放題となり、追加料金を払うことなく速達列車が利用可能。

効率よくそしてお得に中欧周遊旅行をすることができるので大変おすすめです!

ブダペストおすすめ観光名所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です