1日でウィーン制覇!徒歩で廻るおすすめ観光名所・見所17選

オーストリアの首都、音楽の都としても知られるウィーン。ウィーン自体は大きな街ですが、観光の名所は比較的近いところに集まっており、短期旅行者にとっても十分満喫できる魅力ある街になっています。

今回は1日の間に徒歩で廻れる範囲で、ウィーンにきたら絶対見ておきたいおすすめ観光スポットを17箇所紹介いたします。

多少移動距離はありますが、実際に私が1日で歩いた範囲で全てまわることができたので、是非短期間で一気にウィーンを満喫したいという方は参考にしてみてください。

ウィーン市街地マップ

ウィーンリンク通り

ウィーンの市街地中心部はリング通りと呼ばれる大通りが環状に走行しており、大部分の観光名所もこの内側もしくは側縁に位置しています。

1日観光で歩かれる際には、まずこのリング内側を中心に移動してみてください。尚、このリング通りの内側はウィーン歴史地区として、エリアそのものが世界遺産登録されています。

1日ウィーン観光ルート・見所

ウィーンの主要観光地を効率よく回るため、リング通りの一角でドナウ川支流に面したObere Donaustraße駅もしくはSchottenring駅を始発としたおすすめコースを提案させていただきます。

特に名所が密集するリング通り内側はかなり複雑に入り組んでおり、基本的には徒歩での移動が最も効率的。

ですので、多少移動距離が多くなりますがうまく休憩など組み合わせていけば十分徒歩で移動可能な範囲なので、周遊旅行者等なかなかゆっくりと時間が取れない方も1日で十分ウィーンを堪能することができます。

一人での移動が不安な方や、日本語で説明を聞きながらピンポイントでじっくりと回りたいという方はガイドツアーも行われています。

ウィーン市街半日ガイドツアー(日本語)の詳細はこちら

こちらのツアーではメトロを使って移動時間を減らす代わりに説明を聞きながらウィーンの主要スポット巡りをすることができます。

1. ドナウ川

ドナウ川

1日観光の始発としたObere Donaustraße(トラム)もしくはSchottenring駅(メトロ)付近には、ヨーロッパ第2の大河で地域の発展を担ったドナウ川の支流があり、ウィーンのリンク通りの一角を沿うように流れています。

地図の番号を振ったロッサウアー橋が個人的にはドナウ川のベスト絶景ポイントです。橋を隔てて大自然の中を流れるドナウ川と、都会の中心を流れるドナウ川の両方の一面を見るとこができます。

ここから少しドナウ川沿いをゆったり歩きながらウィーン歴史地区内部へと入っていきましょう。

概要

名称: Donau
住所(クリックで地図表示): 
アクセス: Obere Donaustraße駅(トラム)目の前/Schottenring駅(メトロ)徒歩2分
おすすめ時間: 晴天時・日中

2. アンカー時計

ウィーン観光

ウィーン旧市街に入ったすぐ近くの所に、ホーアーマルクト Hoher Marktという歴史的な広場があり、そこの一角に有名な機械時計 Ankeruhrがあります。

1914年に作られた機械時計で、12人のウィーンにまつわる有名な人物が1時間ごとに現れ時刻を指します。毎日正午にはその12人が音楽と共に一斉に登場する仕掛けになっているので、もし時間が合えば正午を狙ってみてみましょう。

もちろんそれ以外の時間でも見る価値十分です。

ホーアーマルクト周囲にはおしゃれなショップやカフェも多く、また聖ペトロ教会へと続く通りを馬車が走ったりと、新旧のヨーロッパらしい風景を楽しめます。

概要

名称(現地語): Ankeruhr
住所(クリックで地図表示): Hoher Markt 10-11, 1010 Wien, オーストリア
おすすめ時間: 日中・正午

3. 聖ペーター教会

聖ペーター教会の起源は4世紀、ウィーンでは最も古いローマ・カトリック教会とされています。

ドーム型の緑屋根が特徴のバロック様式の教会で、内部は大理石と金をふんだんに使った豪華な装飾となっています。

2175本のパイプから構成されるロココ様式のパイプオルガンや、天井のフレスコ画も見事なので厳かな雰囲気を満喫してみてください。

概要

名称: Katholische Kirche St. Peter
住所(クリックで地図表示): 
公式HHP: http://www.peterskirche.at/st-peter/
見学可能時間(礼拝時間除く)
 平日: 7:00〜20:00
 週末: 9:00〜21:00

4. ペスト記念柱

ペスト記念柱

聖ペーター教会から後述するシュテファン大聖堂へと続く歩行者天国、グラーベン Graben 通りにあるペスト記念柱はあります。

14世紀頃からヨーロッパでペストの大流行が発生するようになり、これの終息を願って1693年に大理石で建てられたモニュメントです。

欧州にはペスト記念碑が色々なところにありますが、ウィーンのものは特に美しいと評判です。

概要

名称: Wiener Pestsäule
住所(クリックで地図表示): Graben 28, 1010 Wien, オーストリア
おすすめ時間: 随時


スポンサーリンク

5. シュテファン大聖堂

ウィーンの歴史地区最大の観光名所とも言えるのがシュテファン大聖堂。その特徴的な塔の高さは107メートルと欧州で3番目の規模を誇ります。

建築的な意義だけでなく、ウィーン大司教区の司教座聖堂として平日7回、日曜は10回行われる祭典はオーストリアの文化の象徴でもあります。

ハプスブルグ家代々の墓所であるだけでなく、モーツァルトの結婚式・葬儀が行われた大聖堂としても知られています。

概要

名称: Domkirche St. Stephan
住所(クリックで地図表示): Stephansplatz 3, 1010 Wien, オーストリア
公式HP: http://www.stephanskirche.at
見学可能時間(礼拝時間除く)
 月曜〜土曜: 6:00〜22:00
 日曜・祝日: 7:00〜22:00
*随時ガイドツアーあり

6. モーツァルトの家

モーツァルト

音楽の都ウィーン、あのモーツアルトが生活していた家が現在でも残っています。

内部には当時モーツアルトが住んでいた当時の状況が今も無傷のまま残されており、4つの大きな部屋、2つの小さな部屋、そしてキッチンを見学することができます。

このウィーンにあるモーツアルトハウスが現存する唯一の家とのことですので、音楽好きの方はもちろん、音楽の都ウィーンを訪れた際には是非訪れたい場所です。

概要

名称: Mozarthaus Vienna
住所(クリックで地図表示): Domgasse 5, 1010 Wien, オーストリア
公式HP: http://www.mozarthausvienna.at
入場可能時間: 10:00〜18:30

7. シュトラウス記念像

シュトラウス像

音楽の都ウィーンを歩く上で、モーツアルトと共に欠かせないのがヨハン・シュトラウス。

リング通りに面した市営公園、シュタットパーク内にヨハン・シュトラウスの記念像が建てられています。

像はもちろんですが、公園そのものも花や植物がたくさん植えられ大変美しいので、天気が良ければ是非散歩を楽しんでください。

概要

名称: Johann Strauß Denkmal
住所(クリックで地図表示): Am Stadtpark, 1030 Wien, オーストリア
おすすめ時間: 日中

8. ウィーン国立オペラ座(歌劇場) 

ウィーン国立オペラ座

1869年に完成した客席数2324、面積8709平方メートルのネオルネッサン様式の大劇場で、音楽の都ウィーンの音楽文化の中心とも言える場所。

世界に誇るウィーン・フィルハーモニー管弦楽団やウィーン少年少女合唱団などがこちらの劇場を本拠地として活動していることでも有名です。

オペラやコンサートの鑑賞が好きな方は絶対に欠かせないスポットでしょう。尚、チケットの購入は国立歌劇場公式サイト(日本語対応)から可能です。

概要

名称: Wiener Staatsoper
住所(クリックで地図表示): Opernring 2, 1010 Wien, オーストリア
公式HP: https://www.wiener-staatsoper.at

9. アルベルティーナ美術館 

市内最大の旧ハプスブルク家邸宅を利用した非常に広大なアート美術館。

その保有作品は膨大な数に上り、常時モネやピカソなど世界的に有名な画家の作品を展示しています。

内部に入るとそれだけで1日終わるくらいの広さがありますが、古典様式の宮殿として外観だけでも大変見応えがあります。

概要

名称: Albertina
住所(クリックで地図表示): 
公式HP: https://www.albertina.at 
入場可能時間
 全日: 10:00〜18:00(木・金: 〜21:00)

10. 王宮宝物館 

アルベルティーナ美術館の周りにはハプスブルグ家が所有していた広大な王宮が広がっており、その一角を使用してハプスブルグ皇帝一家の所有していた豪華絢爛な装飾品が展示されている王宮宝物館があります。

中高の歴史の授業で習ったような世界史の世界が目の前に広がり感慨深くなること間違いありません。

概要

名称: Kaiserliche Schatzkammer Wien
住所(クリックで地図表示): 
公式HP: http://www.kaiserliche-schatzkammer.at 


スポンサーリンク

11. ホーフブルグ王宮 Hofburg Wien

ホーフブルグ宮殿

宝物館を抜けさらに王宮中央部へと向かって行くと現れる王宮のメインとも言える大きな建物がホーフブルグ王宮。

現在では旧王宮内部にはオーストリア大統領府が置かれているほか、国際会議場、ウイーン少年合唱団もミサで歌う礼拝堂、ルネサンス時代の古典馬術を伝統するスペイン乗馬学校が入っています。

また一部内部は王室博物館、美術館、シルバーコレクションとしても公開されており、ハプスブルグ家の豪華な生活の様子を見ることができます。

ホーフブルグ王宮の目の前のミカエル広場から見る王宮の姿からは、ハプスブルグ家がいかに繁栄を極めたのか垣間見ることができるでしょう。

概要

名称: Hofburg Wien
住所(クリックで地図表示): Michaelerkuppel, 1010 Wien, オーストリア
公式HP: https://www.hofburg-wien.at

12. モーツァルト記念像

モーツァルト記念像

ホーフブルグ宮殿の裏側にあるBurggartenという公園。その一角にモーツァルトの記念像が建てられています。

オーストリアの音楽は、モーツァルトを欠かしては語れません。記念像の台座部分にはモーツァルトのオペラ作品の一場面が刻まれているため、細かい所までよくみてみましょう。

概要

名称: Mozartdenkmal
住所(クリックで地図表示): 
公式HP: https://www.wien.gv.at/
おすすめ時間: 日中

13. マリアテレジエン広場 

王宮広場から道路を挟んだところに続く大きな広場です。

緑が綺麗な広い公園となっており広場内にあるウィーン自然史博物館美術史博物館、図書館が位置しています。

周囲360度を重厚な歴史的な建築に囲まれることもあって雰囲気は格別。散策をするだけでも雰囲気を楽しめる場所ですが、時間がある方は博物館や美術館見学もしてみてはいかがでしょうか。

概要

名称: Maria-Theresien Platz
住所(クリックで地図表示): Burgring 5, 1010 Wien, オーストリア

14. フォルクスガルテン

ウィーン観光

ウィーンに数多くある公園の中でも最も美しいとも言われるフォルクスガルテン。

王宮や市庁舎の前の広場からすぐ近くにあり、春〜秋にかけては多くの綺麗な花々が植えられています。

王宮〜市庁舎にいくまでの道のりにあるので、道路を通る代わりに公園内を抜けてみてはいかがでしょうか。

またフォルクスガルテンの前にはオーストリア国会議事堂の建物があります。

概要

名称(現地語): Volksgarten
住所(クリックで地図表示): Volksgarten, 1010 Wien, オーストリア 

15. ウィーン市庁舎

ウィーン市庁舎

リングロードのちょうど外周、西南部に位置するウィーン市庁舎。1883年に建設され、総面積113,000m²を誇るウィーン市行政の中心で、市長の執務室および市議会が置かれています。

見事なその外観はもちろん、市庁舎広場にはオーストリアの歴史的な重要人物の像が8つ並んでいるので、そちらもあわせて必見です。

概要

名称(現地語): Rathaus
住所(クリックで地図表示): 
公式HP: https://www.wien.gv.at/ 

16. ウィーン大学

ウィーン大学は1365年に創立されたドイツ語圏最古の総合大学です。

ウィーンの街中に大学関連施設やキャンパスが数多く広がっていますが、市庁舎横にそんなウィーン大学のメインキャンパスの1つドイツ学の学部キャンパスが設置されています。

歴史を感じさせる石造りの重厚な旧のキャンパスを見学しながら超名門校の雰囲気を感じてみてください。

概要

名称: Universität Wien
住所(クリックで地図表示): 
公式HP: http://www.univie.ac.at 

17. ヴォティーフ教会 

ウィーン

1856年から1879年にかけてウィーン大学の近くのリング通り沿いに建てられたネオゴシック様式の教会。

1853年に当時の皇帝フランツ・ヨーゼフ1世がテロによる暗殺から逃れたことを神に感謝するために、弟のメキシコ皇帝マクシミリアン建てられました。

現在は教会内部が博物館(有料)としても使用されています。その豪華な外観はもちろん、数多くのステンドグラスが美しい教会です。

概要

名称: Votivkirche
住所(クリックで地図表示): 
公式HP: http://www.votivkirche.at 


スポンサーリンク

最後に

旅行を充実させるマストグッズ
 ☆スマホ用広角レンズ☆
 スマホ写真を一眼レフ並に化けさせる魔法の外付けレンズ。風景にも自撮りにも使え、本ブログ筆者のお薦めNo.1グッズ!ウィーンで実際に使った際の作例を中心にこのレンズの凄さをこちらの記事で紹介しています。

いかがでしたか?

ウィーンの歴史地区、リング通り周辺には大変多くの魅力がありますが、ある程度歩くことができる方は1日で観光することも可能です。

もちろん時間を取れる方は、今回紹介した中でも美術館や博物館に時間をとったり、美しい景色を眺めながらカフェでゆっくりしたりとアレンジ方法は様々。

今回紹介したルートを辿ると素晴らしいカフェやショッピングストリートも通ることができます。

是非町歩きをしながらウィーン観光を満喫されてくださいね!

筆者一押し!ウィーン泊まるなら?

今回紹介したルートを歩くことで、少し大変ではありますが1日でウィーン中心部にある名所をほとんど全てカバーした上で歩いて観光することが可能です。

ですが、美術館や音楽鑑賞など時間をかけて観光したいという場合にはゆったりと宿泊しての観光もおすすめ。

ウィーンでのホテル選択のポイントは。空港にアクセスしやすくかつメトロやトラムの駅がすぐ近くにあり大きな荷物を持っていてもタクシー等を使わずにすぐにチェックインできるというのが最低条件になります。

今回紹介するホテル・カプリコルノはドナウ川に面したリング通りのすぐ近くで、バス、トラム、メトロ駅まで徒歩1分圏内。またモーツァルトの家などに近い観光にも最適な場所です。

ホテルのクオリティを考えるとウィーンの中では比較的お手頃価格となっており、1室単位の料金なため複数人で利用する際にはさらにお得。

ウィーン観光の際の筆者一押しホテルです!

エクスペディア経由詳細: ホテル・カプリコルノ
Hotels.com経由詳細: ホテル・カプリコルノ

皆さんのシェアが次の記事執筆に繋がります!

2 件のコメント

  • はじめまして
    画像について質問があります。

    王宮宝物館の写真ですが、flickrの以下の写真と同じではないですか?背後の人物まで同じなので、確かだとおもうのですが。
    https://www.flickr.com/photos/kotomi-jewelry/17158674100/
    この写真は商用不可になっているのですが、ブログでの使用は大丈夫なのでしょうか?

    また北アイルランドのホテル記事でもホテルの画像を使用されていますが、これらはご本人が撮影したものでしょうか?そうでなければクレジットなど表記した方が良いのでは?

    とても気になるのでコメントさせていただきました。
    ご回答いただけると嬉しいです。

    • コメントありがとうございます。
      おっしゃる通りFlickerのロイヤルティフリーで公開されていた写真です。
      ただ現在本ブログで使用している全ての写真は当方でライセンスを所有している写真(購入写真含む)、自己撮影のもの、記事提携先より供与を受けたもの、ロイヤルティフリーでクレジット表記不要のもののみとしており、以前使用していたFlickr等クリエイティブ・コモンズの写真は全て外していたはずなのですが、まだ漏れが残っていたようですのでライセンスを所有してる写真に差し替えました。
      なお、Flickerを含めクリエイティブ・コモンズの写真はその写真を元に利益が発生する場合には商用利用ということになるかと思いますが、利益を生み出すことを目的とした写真ではなく、事実当該写真による利益の発生がないためCC BY-NC 2.0の定める商用利用には該当せず、何ら問題はありません。
      ちなみにこのcommercial useという言葉は既にCC BY-NC2.0からも削除されており、現在はその解釈は極めて曖昧なものとなっていますが、過去の海外の判例を見ても写真を直接的な広告などで利用し利益を生み出すものの”ごく一部”が「commercial use」と認められるほど限定的なものとなっています。
      またご指摘の北アイルランドのものについてはホテルから直接提供していただいている写真を使用しています。
      クリエイティブ・コモンズについて詳しくはこちらをご覧ください。
      https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3234435/

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です