【ラディソン/ベルゲン】世界遺産に泊まる観光おすすめホテル

海外旅行にいくなら

海外旅行をする人が必ず持つべきクレジットカードの決定版は?

国際ブランド、付帯保険、旅行中の特典、カードを選ぶポイントは様々。

海外40ヵ国以上を訪れた旅のプロがヨーロッパ向けクレカの選び方とおすすめを伝授している人気記事をチェック!

世界文化遺産に登録されているブリッゲンが見どころ、フィヨルド玄関口としても知られるノルウェー第2の都市、ベルゲン。

ノルウェーでも最大の観光都市として、日本からも数多くの旅行者が訪れる美しい街です。そんなベルゲンに滞在する際におすすめなのがラディソンブル・ロイヤル・ホテル・ベルゲン。

世界遺産ブリッゲンの一角にあり、空港リムジンバスの停留所が目前にあるなど観光で利用するのに大変便利なホテルとなっています。

この記事ではそんなラディソンブル・ロイヤル・ホテル・ベルゲンを詳細にレビューしていきます。

1. ラディソンブル・ロイヤル・ホテル・ベルゲン概要

1-1. 世界の要人が選ぶホテル

ラディソンブル・ロイヤル・ホテルは1885年に開業した非常に歴史の長いホテル。

世界中の要人を受け入れてきており、上皇様(明仁様)が皇太子だった頃に美智子様と滞在されたことでも知られています。

現在でもベルゲンを訪れる要人の一時滞在先として選ばれる事が多いホテルになっています。

1-2. ホテル立地

ユネスコ世界文化遺産に指定されているブリッゲン地区の一角にあり、ホテル自体も世界遺産を構成していることから観光客にも大変人気の高いホテルとなっています。

その他ベルゲンの主要観光名所であるフィッシュマーケットやメイン広場までも徒歩5分程度という好立地。

また、ホテル目の前がベルゲン・フレスランド空港を結ぶ空港リムジンバスの始発/終着場所となっており、大きな荷物を持っての旅行の際にも利便性が高いホテルです。

ホテル立地

2. スーペリアルーム

今回の利用したのは定員2名のスーペリアルーム(21-23㎡)。最も標準的な部屋であるスタンダードルーム(15-21㎡)よりもワンランク上の部屋となっており、ペントハウスタイプの客室となっています。

スーペリアルームはホテルの最上階に位置するペントハウスタイプの客室。屋根の形に沿って非常に高い天井が特徴的で、高い解放感を味わえる珍しい客室タイプとなっています。

最も標準的なスタンダードルームより若干床面積が広くなっている一方、価格差は100NOK(1000〜1500円)程度となっておりお得感のある客室です。

客室は清掃が行き届いており、木のフローリングは素足で歩いても全く気にならないほど。事実、ノルウェーでは日本と同様玄関で靴を脱ぐという習慣があるので、客室は素足での利用を想定している清掃状況となっています。

客室内には冷蔵庫とネスプレッソマシンが完備されています。ミニバーの用意はありませんが、ホテル周辺にはコンビニエンスストアやキオスク、スーパーが多数あるため、冷たい飲み物はそちらで調達が可能です。

バスルームも広々で清潔感のある空間。スーペリアルームではバスタブ付きの客室があるため、希望がある場合には予約時にリクエストを入れておくことをおすすめします。

アメニティはラディソンブルグループで共通のラグジュアリーホテルコスメティクスグループのもの。ソープ、シャンプー、コンディショナー、ボディローション等がトラベルサイズの個別包装で用意されていました。

3. 朝食ブッフェ

朝食ブッフェはホテル1階の専用朝食会場で提供されます。ラディソンブルホテルは幅広いセレクションが評判の朝食ブッフェを一つのホテルの売りにしており、この朝食を楽しむためだけにホテル宿泊をする人がいるほど。

コールドミールでは新鮮なオーガニック野菜やローカルチーズ、ニシンやサーモン、サバの酢漬けや燻製などが日替わりで提供。

オートミールのポリッジやコーンフレーク、出来立てのペストリーやスイーツも充実しており、1日の滞在では全て食べきれないほど。

ホットミールセクションには定番のスクランブルエッグやベーコン、豆の煮込み料理など。

その他オムレツやノルウェーワッフルなどはお好きなトッピングと合わせて注文をすることも可能となっており出来立てを頂くことができます。

4. レストラン・バー  26 North

ホテル1階には地元ノルウェー産の食材を使用した料理を提供しているレストラン・バー

26 North があり、宿泊者やそうでない一般の観光客に大変人気があります。

ノルウェーのフィヨルドで漁れる脂の乗ったトラウトのグリルや北極海で水揚げされる鱈を使ったフィッシュ&チップス、ノルウェー産牛肉を使ったハンバーガーが人気メニュー。

天気がいい日には外のテラスでお酒を飲みながらナチョスやフライドポテトなどを食べるなど、カジュアルな使い方もできます。

5. まとめ

空港アクセスが良く、ベルゲンの主要観光名所が全て徒歩圏内に収まっている人気ホテル、ラディソンブル・ロイヤル・ホテル・ベルゲン。

日本の皇室の人も使うほど気品と歴史がありながらも、観光でカジュアルな使い方もできるとあって日本人を含む多くの旅行者に支持されているホテルです。

是非滞在の際にはホテルの売りでもある朝食ブッフェを併せて楽しんでください。

ホテル概要

ホテル名称:Radisson Blu Royal Hotel Bergen
住所:Dreggsallmenningen 1, 5003 Bergen
ホテルランク:4つ星
最寄り観光名所:ブリッゲン・フィッシュマーケット
アクセス:空港リムジンバス 25〜35分

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US
Eurotraveller 公式
ノルウェー、スウェーデン、イギリスに留学・長期滞在。都合がつく限りヨーロッパ各地を渡り歩き、決して観光ガイドだけではわからない現地の情報を収集。そんな情報を元に、ヨーロッパの生の観光情報と留学に必要なIELTS対策を紹介中。