ウィーン国際空港から市街中心部への最安アクセス方法(Sバーン編)

ウィーン国際空港から、市街中心部へのアクセス方法には、タクシー、バス、直通特急列車CAT、そしてオーストリア連邦鉄道の各停SバーンNo.7線があります。

SバーンNo.7線は他の手段と比べて最も安く、かつ快適に市街地まで出れるのでスーツケース等を持っていたとしても節約したい方は是非利用したいところ。

今回はそんなSバーンNo.7線を使った空港からウィーン市内へのアクセス方法を写真付きでわかりやすくご紹介します。

1. ウィーン国際空港到着ターミナル

ウィーン国際空港

税関を抜け空港到着ターミナルの制限エリアから出たら、まずは地下にある鉄道の駅を探しましょう。到着ゲートを出た後、左に進んでください。

2. Sバーン空港駅入り口

空港アクセス

到着ゲートを出た後左に進むと、少しピントがぼけてしまいましたがこのような鉄道のマークが見えてくると思います。こちらが鉄道駅への入り口になります。

3. チケット購入

この入り口の横に、オーストリア連邦鉄道ÖBBの窓口と自動券売機がありますので、こちらでのSバーンNo.7線チケットを購入します。

自動券売機の使用が不安な方は窓口の係員に目的地を告げて切符を購入しましょう。支払いには現金のほかクレジットカードも使用可能、ウィーン市街地内まで一律価格3.9ユーロです。

ここで注意なのが、このÖBB窓口のとなりに市内への直通特急列車CATの窓口(緑色)もあるということ。こちらは会社の違う特急列車ということで価格も11ユーロですので、間違えないようにしてください。

尚、空港行きのチケットをウィーン市内の自動券売機で購入する場合には「Selection of Distination」からFLUGHAFEN WIEN(VIE)を選択します。

4. チケット確認

Sバーン

窓口で購入した際には、今使うか、あとで使うかということを聞かれると思います。今使うということを伝えれば、打刻済みのチケットを渡してくれます。

スタンプなどが押されていれば打刻済みとみなされます。もし不安な方は係員に「Do I need to check-in?」と聞いてみてください。

ウィーン鉄道乗り方

券売機でチケットを購入した場合、および係員に後で使うことを告げた場合には、乗車前に切符への打刻が必要になります。

駅のホームもしくは、構内にこのような打刻機があるので、乗車前に挿入口へと切符を挿入し刻印を忘れないよう注意してください(これを忘れると検札が来た際に罰金の対象になります)。

5. Sバーンホーム

オーストリア鉄道

ウィーン国際空港はSバーンNo.7線の始発駅ですので、市街地へはすべて1番線、2番線の両方から発車します。ÖBBは赤色が目印ですので、赤の方向に進めば間違えることはありません。

構内には緑色で示されている特急CAT用ホーム(3番線、4番線)もありますので間違ってそちらにいかないように注意してください。

6. Sバーン車両

ウィーン

各駅停車Sバーンの車両はこんな感じです。少し乗車の際にステップがあるので足元には気をつけて下さい。

7. 車内

Sバーン車内

空港発のSバーン車内は清潔でとても広々としており、スーツケース等をもっていても安心です。また全乗客が空港からということですので、大きな荷物に気を使う心配もありません。

8. ウィーンミッテ駅

2016-09-20-12-44-02

空港から乗車するSバーンNo.7線は全てウィーン中心部の主要駅であるウィーンミッテ Wien Mitte駅を通ります。そのため、ミッテ駅で下車する人にはもちろん、そこからさらに他の列車やトラム、バス等に乗り換えをするにも大変便利です。

空港駅からミッテ駅まで所要時間は約30分です。

9. 最後に

Sバーンを使えば格安で市街地へと出ることができます。

ユーロ圏周遊向け専用格安Wi-Fiレンタルはこちら!

ローカル線ということで海外旅行に不慣れな方だと使用を少し躊躇される方もいるかもしれませんが、大変便利で快適、もちろん安心。ウィーン市街地までさほど距離があるわけでもないのでタクシーなどを使ってあえて高い金額を払う必要はありません。

是非オーストリアのウィーン旅行の際には空港からSバーンNo.7線を利用してみてください!

シェアして応援してください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Shun

1988年 横浜生まれ。アイルランド、スコットランドへ短期留学後、スウェーデン南部マルメ1年留学、さらにその後英国ロンドンに大学院生として留学。北欧やバルト3国の大部分の都市・街を周遊し北欧の文化や観光情報にも精通。
留学に必要なIELTS対策と北欧を中心としたヨーロッパ観光情報をブログにて紹介中。

RELATED POST関連記事