エディンバラで一息つくなら!プリンセスストリートガーデン

プリンセスストリートガーデン

スコットランド首都のエディンバラは石造りの建物が密集する中世の雰囲気をそのまま残した都市として有名です。

ですがそんなエディンバラ中心地にも多くの公園があり、緑を感じながら散歩を楽しめるスポットも多くあります。

今回は最もエディンバラ市街地中心部にありながら、喧騒を忘れてゆっくりできるプリンセスストリートガーデンをご紹介します。

1. プリンセス・ストリート・ガーデン

エディンバラ・プリンセス・ストリート・ガーデンは、エディンバラ新市街地の中心通りであるプリンセスストリートと旧市街との間にありますが、春は様々な種類の花々が、秋には紅葉が楽しめる大きな公園です。

常に人通りの多く喧騒としているプリンセスストリートに隣接しているにもかかわらず、一歩公園へと入ると、まるで別世界に来たかのような静けさと雰囲気を感じることができます。

晴れた日には、公園のベンチで旧市街を望みながらくつろぐ人や、散歩をしている人、子供と遊ぶ人などを多く見かけるリラックススポットです。

2. エディンバラ城を見上げて

公園はエディンバラ城の麓にあるため、公園内からはどこからでもお城を眺めることができます。

この公園内から見上げる城の存在は圧巻。城は崖の上にそびえ立っており、なぜエディンバラ城が難攻不落と言われたのか、その理由がよくわかります。

エディンバラ城はいくつもの建物から構成されていることもあり、見る角度によってその姿を大きく変えます。是非その姿の違いを楽しんで見てください。

3. 自然を感じながら

エディンバラの秋

プリンセスストリートガーデンは非常に静かで自然の溢れる公園です。私が訪れた際はまさに秋の紅葉真っ盛りの時期でとても綺麗でした。

春には、公園内の花壇にカラフルな非常に多くの種類の花が咲き誇ることでも有名なんだそうです。

公園には遊歩道を除き、綺麗に整備された芝生が敷き詰められています。

小さな子供が遊んだり、犬が散歩していたりと、地元の人を中心としたエディンバラの日常の姿を見ることができます。また周囲にはベンチも多数設置されており、リラックスしながら読書をする人、コーヒーを飲む人、うたた寝する人など公園の使い方は人それぞれ。

芝生の中も立ち入りは自由ですので、天気が良い日には地面に寝転んでリラックスしてみるのもいいかもしれません。

4. 歴史記念碑

スコットランドは長年にわたりイングランドと戦いを繰り返してきた歴史があることから、エディンバラの市内いたるところにそれにまつわる慰霊碑や記念碑が建てられています。

このプリンセスストリートガーデンも例外ではなく、スコットランドの歴史に非常に重要な人物の銅像など、記念碑・像が色々なスポットに設置されていました。

ポーランド人による自由との戦いを記念したちょっと面白い記念碑は、記念撮影の人気スポットのようで人が集まります。

スコットランドの終戦記念日にあたる11月の中旬にかけては、特に第1次世界大戦時に犠牲になった人や、それ以前のスコットランドとイングランドの戦争など、多くの国のために命を捧げた人を慰霊するため、花束を添えて訪れる地元の方が結構いらっしゃいました。

5. 最後に

自然に溢れるプリンセス・ストリート・ガーデン、いかがでしたか?

エディンバラで是非泊まりたいおすすめホテルはこちら

エディンバラの観光の中心となる新・旧市街地は常に観光客が溢れ喧騒としていますが、一歩公園内にはいるととても落ち着いた雰囲気の中で散策を楽しむことができます。

また実はあまり知られていませんが、落ち着いてエディンバラ城やエディンバラ旧市街を眺めるには一番いいスポットだったりします。

少し観光に疲れた際の息抜きに、あるいは朝の散歩に訪れてみてはいかがでしょうか。

シェアして応援してください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Shun

1988年 横浜生まれ。アイルランド、スコットランドへ短期留学後、スウェーデン南部マルメ1年留学、さらにその後英国ロンドンに大学院生として留学。北欧やバルト3国の大部分の都市・街を周遊し北欧の文化や観光情報にも精通。
留学に必要なIELTS対策と北欧を中心としたヨーロッパ観光情報をブログにて紹介中。

RELATED POST関連記事