スカンジナビア航空欧州域内線エコノミークラス搭乗レビュー

スカンジナビア航空

デンマーク、スウェーデンそしてノルウェーの北欧3国の共同出資によって運営されている航空会社、スカンジナビア航空。

日本も毎日定期便を運航しており、日本と北欧を結ぶ主要な航空会社として観光客やビジネス客に支持されています。

また北欧各国に持つハブ空港からは欧州各国へ幅広い便を運航しており、乗り継ぎの利用もとても便利となっています。

今回はそんなスカンジナビア航空の欧州域内線エコノミークラス(SAS GO)搭乗レビューを紹介します。

1. スカンジナビア航空の欧州域内便の特徴

スカンジナビア航空

欧州の航空業界は格安航空会社が多数参入していることもあって競争過多。毎年のように新しい航空会社が出たり倒産したりというニュースを目にします。

スカンジナビア航空も例外なくその過当競争の中におり、顧客満足度と北欧では特に高い水準が求められる従業員の福利という2枚の板に挟まれています。

そのため、スカンジナビア航空は北欧3カ国のフラッグキャリアとは言え、コスト削減にはかなり力を入れている航空会社としても知られています。

最新の航空機を積極的に導入し、燃費の改善などをもとに運航コストを軽減するという顧客にも嬉しい経営努力をする一方、機内サービスのカット、料金体系の細分化によるコスト削減と顧客負担の増加などが見られます。

北欧とアジアを結ぶ長距離線でもエコノミークラス客にはアルコールは有料(東京便のみ1回まで無料)、機内食のコストカットなど目に見えるコスト削減策も多数(詳しくはこちら)。

欧州域内便においては機内食や軽食サービスは全て有料となっており、飲料もコーヒー・紅茶のみ無料でのサービスとなっています。

2. エコノミークラス搭乗レビュー

スカンジナビア航空

スカンジナビア航空の欧州域内線や国内線など短距離便は全てサービス内容は同一。そのため、今回紹介するサービス内容がその他フライトにも適応されます。

スカンジナビア航空による欧州域内線は他社と同様多くがボーイング社やエアバス社の中型機を利用。今回の搭乗機はボーイング737−800型機。定員183名の機材です。

座席配置は3−3。エコノミークラス利用の場合には事前座席指定は別途有料(スターアライアンス上級会員を除く)となっていますが、チェックイン開始時刻以降は無料での指定・変更ができるようになります。

 

スカンジナビア航空では機内誌は月替わり。そのシーズンにあわせた情報をもとにスカンジナビア航空が運行する世界各地の情報が紹介されています。

スカンジナビア航空は言語の異なる3カ国の共同出資会社ということもあり、機内誌は北欧語ではなく全て英語での表記。

そのため英語がわかる方は機内誌も隅々まで楽しめるようになっています。

スカンジナビア航空の短距離線機内サービスはいたって簡素。

コーヒーもしくは紅茶のみ無料となっており、それ以外の飲み物や軽食は全て別途備え付けられたメニューからオーダーする形になります。

他国のフラッグキャリアと呼ばれる航空会社ではサンドイッチなど軽食のサービスがあったり、アルコール類も無料というところもまだ多くありますが、スカンジナビア航空ではコスト削減の一環としてそれらサービスは廃止されています。

3. スカンジナビア航空は安い?

スカンジナビア航空

以前しばしば言われていたスカンジナビア航空は安い、ということ。

確かにスカンジナビア航空は欧州での航空大手フラッグキャリア(例:ルフトハンザ航空、スイス航空)と比べると安い価格設定がされています。

ですが、それは基本的にはサービスレベルを落とした上での価格となっており、同等のサービスを求めるとなるとコスト差はほとんどなくなるといえるでしょう。

一方、格安航空会社(例:ライアン航空、ウィズエアー)と比較するとかなり航空券価格は高く設定されており、価格では勝負になりません。

そういう意味ではスカンジナビア航空はいわゆる「フラッグキャリア」と「格安航空会社」の間に位置する航空会社と言えるかもしれません。

ただし、スカンジナビア航空は北欧の小さな街を結ぶ地域の重要な人と物資の運送手段として不可欠な役割があり、ただ営利だけで勝負している航空会社ではありません。

事実、人口が数百人しかいないような小さな村や町の空港にも運行をしており、そういう意味では、スカンジナビア航空の役割は非常に大きく北欧の人々からは根強く支持されていると言える航空会社です。

4. 最後に

スカンジナビア航空の欧州短距離線の特徴を搭乗レビューを通して紹介しました。

日本から欧州各地へと向かう場合、スカンジナビア航空は欧州の玄関口でもあるデンマークやスウェーデンを経由していくことができるため、総移動距離が短く効率的。

また、北欧の空港はどこも導線がわかりやすく混雑レベルも比較的低い居住性の高い空港となっているため、乗り継ぎのストレスも最小限で済ませることができます。

別料金の追加サービスが多くなっているとは言え、短距離線であればあえて追加しなくても気になるようなものもないはず。是非スカンジナビア航空の短距離線、安心して利用してみてください。

コペンハーゲンで泊まるならここ!

コペンハーゲンは北欧最大都市ということで多くのホテルがありますが、特にオススメなのがRadisson Blu Royal Hotel。

中央駅から近く、観光のスタート地点になるストロイエからも徒歩数分と大変便利な立地にあります。

このホテルが人気な1番の理由は、このホテルのデザイン。デンマークを代表するデザイン建築家の巨匠、アルネ・ヤコブセン(Arne Jacobsen)が内装や家具、照明まで全てデザインしており、彼の最高傑作とも言われています。

北欧ステイの雰囲気を最大限高めてくれるこのホテル、超人気なため予約が取りづらいので検討している方はお早めに!

☆詳細はこちら☆

シェアして応援してください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です