ブラチスラバの公共交通機関制覇!バス・トラム・トロリーバス利用方法

ブラチスラバトラム

スロバキアの首都ブラチスラバ。旧市街を中心としてちょっとコアな旅行者の方が訪れる東欧の街です。

旧市街内部はさほど大きくはなくほとんどの観光名所が徒歩圏内に位置していますが、一方少し郊外にも心惹かれる穴場があるのも事実。

今回は、ブラチスラバでの公共交通機関(バス・トラム・トロリーバス)の乗り方を紹介します。

1. 統一料金システム

ブラチスラバの公共交通機関は全て統一の料金システムを採用しているため、利用する交通機関の種類によらず乗り方は同じです。

利用客の多い主要なバス停やトラム停留所には、このようなオレンジ色の券売機があるため、乗車前に購入します。

乗車券の種類は乗車時間により、15分、30分、60分、90分、24時間という設定。

市内を移動するだけであれば15分〜30分のチケットを、空港まで行く場合には60分、1日複数回乗車する場合や郊外の古城などにバスで行く場合には24時間チケットを購入しておくといいかもしれません。

乗車時間がわからない場合にはGoogle map等で車を利用した際の所要時間をあらかじめ確認しておくといいかもしれません(Google mapでは未だブラチスラバの公共交通機関はサポートされていません)。

支払い時の注意点としては、ユーロ紙幣は使用できず硬貨のみということ。

一部の機械ではコンタクトレス式に限りクレジットカードでの支払いにも対応していますが非常に稀。また日本で発行しているクレジットカードにはこのコンタクトレス機能(ビザタッチ等)が付いていないものがほとんどですので、硬貨のみと考えておいてください。

購入した乗車券には有効期限、料金などが記載されています。有効期限は乗車時の打刻時点からの時間となります。

2. 乗車時の打刻

トラムやバスに限らず、乗車時には打刻機に乗車券を通す必要があります。

ドア付近にこのようなオレンジ色の打刻機が設置されているため、下部の挿入口に乗車券を挿入し打刻してください。

この時間から乗車券に記載された時間が有効期限となります。

稀に車内検札が行われることがあり、その際に有効な乗車券を持っていなかったり打刻漏れがあると、無賃乗車として罰金が請求される場合がありますので十分に注意してください。

3. 主な停留所

観光客が主に利用する停留所は以下となります。

ブラチスラバ中心部は充実したバスやトラム網によってカバーされており、ほとんどの場所に公共交通機関を使ってアクセスすることができます。

1. バス/トロリーバス

  • ブラチスラバ城の近く Most SNP、
  • 青の教会の近く Šafárikovo nám
  • ブラチスラバ中央駅 Hlavná stanica
  • ブラチスラバ空港  Letisko Bratislava

2. トラム

  • ミカエルゲート(ミカエル門)の近く Kapucínska
  • プリマティア宮殿や市庁舎広場の近く Námestie SNP
  • 青の教会の近く Šafárikovo nám
  • その他旧市街周辺 Jesenského、Námestie SNP
  • ブラチスラバ中央駅 Hlavná stanica

4. 最後に

いかがでしたか?

ブラチスラバの公共交通機関利用方法を紹介しました。

ブラチスラバの公共交通機関は非常に安いので、バスやトラムを有効活用することでお得に旅行することができます。

最新式の車両から歴史を感じされせる旧型のものまで様々走っており、そういう歴史の流れなんかも感じることができるので是非積極的に利用してみてください!

海外旅行のお供に!

EUおすすめWi-Fi

ヨーロッパ専用Wi-Fiルータ(周遊対応):ユーロデータ

東欧周遊旅行の際に是非持っていきたいのが、欧州どこでも繋がるポータブルWi-Fiルーター。

ユーロデータのWi-Fiルーターは通信量超格安の定額で、携帯会社が提供する海外パケット放題などに申し込むよりもずっとお得。

日本から持ち込んだ携帯であっても、高額請求を気にすることなくインターネットにつなぐことができるようになります。

英語が通じづらい東欧だからこそインターネットでの情報収集は必須。地図や翻訳アプリなどが利用できれば心強いこと間違いなし!

シェアして応援してください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Shun

1988年 横浜生まれ。アイルランド、スコットランドへ短期留学後、スウェーデン南部マルメ1年留学、さらにその後英国ロンドンに大学院生として留学。北欧やバルト3国の大部分の都市・街を周遊し北欧の文化や観光情報にも精通。
留学に必要なIELTS対策と北欧を中心としたヨーロッパ観光情報をブログにて紹介中。

RELATED POST関連記事