ブラチスラバの隠れ名所!ブルーチャーチの内部・昼夜の姿を大紹介

ブラチスラバ名所

スロバキアの首都ブラチスラバの旧市街の外れに位置し、世界的にみてもちょっと風変わりな青い教会があります。

観光客が内部に入れる時間は1日に1〜2時間程度しかないことから、団体ツアーなどではまず内部を見ることができないまさに穴場といえる場所。

今回はそんなブラチスラバの隠れ名所ブルーチャーチの姿を紹介します。

1. ブルーチャーチ概要

ブルーチャーチは通称で、正式名称は聖エリザベス教会 The Church of St. Elizabeth と呼ばれています。

1903〜1913年に建てられた比較的新しい教会で、ハンガリアンアール・ヌーヴォー様式の建築です。

当初は地元高校に併設されたチャペルとして使用されていたんだとか。

ブルーチャーチ概要

正式名称(英語): The Church of St. Elizabeth
正式名称(スロバキア語): Kostol svätej Alžbety

住所: Bezručova 2534/2, 811 09 Bratislava

建設: 1903 – 1913年

公開時間: 
 平日・土曜: 6:30 – 7:30/17:30 – 19:00
 日曜: 7:30 – 12:00

公式HP: http://www.modrykostol.fara.sk

2. 朝の姿

青の教会

ブルーチャーチという名前の通り、鮮やかな水色で塗装された可愛らしい教会。

晴れた日には背景の青空と見事にマッチし、空と建物が一体化するような、そういう姿を見せてくます。

教会自体は非常に小さくコンパクトですが、やはり色がとても美しい。重厚で彫刻がたくさん施された教会の多いカトリック教会としてはとても異質な教会であることが一目でわかります。

3. 夜の姿

ブラチスラバの教会

夜になると周囲は非常に静まり返り、観光客の姿もほとんどなくなるので落ち着いた雰囲気で周囲を鑑賞することができます。

しっとりとライトアップされており、心が洗われます。

それでもスカイブルーの外観はしっかりとみてとることができます。

細かい装飾や肖像画もどこか可愛らしいデザイン。

4. ブルーチャーチ内部

ブルーチャーチの内部の様子はこちら。

内部もやはりスカイブルー色がふんだんに使われており、聖母マリアの彫像やパイプオルガンまでもやはり青ベース。

とても珍しいと言われる所以がわかると思います。

基本的には観光客向けの公開はしておらず、平日・土曜は早朝と夜の1時間の礼拝時間、日曜日は午前中の礼拝時間に合わせて開門されるため、観光客が内部の写真を撮るのはなかなか至難の技。

開門直後、もしくは礼拝後閉門までの短い間であれば観光客でも快く受け入れてくれるので是非そのタイミングを目指してみてください。

5. 最後に

いかがでしたか?

スロバキアのちょっと珍しい教会、ブルーチャーチを紹介しました。

なかなか内部に入るのが難しい教会ではありますが、外観だけではなく内部も非常に美しい教会ですので早朝もしくは夜間の時間を狙って是非足を運んでみてください。

もちろんあくまでも教会ですので、参拝者の方に最大限の敬意を払った行動をするようにしてくださいね!

海外旅行のお供に!

EUおすすめWi-Fi

ヨーロッパ専用Wi-Fiルータ(周遊対応):ユーロデータ

東欧周遊旅行の際に是非持っていきたいのが、欧州どこでも繋がるポータブルWi-Fiルーター。

ユーロデータのWi-Fiルーターは通信量超格安の定額で、携帯会社が提供する海外パケット放題などに申し込むよりもずっとお得。

日本から持ち込んだ携帯であっても、国際電話や海外ローミングによる高額請求を気にすることなくインターネットにつなぐことができるようになります。

英語が通じにくい東欧諸国であっても、現地で観光情報を調べたりマップで位置を確認したりと重宝すること間違いありません!

シェアして応援してください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Shun

1988年 横浜生まれ。アイルランド、スコットランドへ短期留学後、スウェーデン南部マルメ1年留学、さらにその後英国ロンドンに大学院生として留学。北欧やバルト3国の大部分の都市・街を周遊し北欧の文化や観光情報にも精通。
留学に必要なIELTS対策と北欧を中心としたヨーロッパ観光情報をブログにて紹介中。

RELATED POST関連記事