シャトルバスが便利!スヴタヴァンゲル空港〜市街地アクセス方法

スタヴァンゲル空港アクセス

ノルウェー西海岸南部に位置し、リーセフィヨルド観光の出発地となるスタヴァンゲル Stavanger

オスロを始め北欧主要都市から直通便が多く飛んでいる為空路で訪れる人も多いと思います。

今回は、スタヴァンゲル空港と市街地中心部を繋ぐ空港シャトルバス Flybussenを、お得に乗車券を購入する方法とともに紹介します。

1. スタヴァンゲル空港

スタヴァンゲル空港

スタヴァンゲル空港は日本の地方空港と同様非常にこじんまりとした空港です。

到着ターミナルと出発ターミナルは同じ場所にあり、空港で入り口も共通。

空港シャトルバスの乗り場は、空港のメインエントランスを出たすぐ場所にあり、常に「Flybussen」と書かれたバスその場で待っているので迷うことはありません。

2. 空港シャトルバス Flybussen

スタヴァンゲルバス

Flybussenはノルウェーの主要空港と市街中心部とを結ぶ空港シャトルバスを運行している大手会社で、スタヴァンゲル空港シャトルバスを運行する唯一の会社です。

空港発のバスは航空機の発着時間に合わせて早朝7時頃から深夜2時頃まで、空港行きのバスは24時間一定間隔で運行しています。

運行間隔は日中は15〜30分に1本、深夜早朝の時間30〜1時間に1本となっています。

空港から市内中心部バスターミナルまでの所要時間は約25分です。

Flybussen詳細

公式HP・乗車券事前購入: Flybussen.no

3. 乗車券購入方法

乗車券は原則運転手から乗車時に購入することができます。

料金は大人片道130 NOK、往復200 NOK(2017年現在: 毎年上昇傾向)となっており、子供や学生には割引があります(要証明)。

現金およびクレジットカードが利用可能ですが、お釣りを用意していないことがあるので原則クレジットカードでの支払いと考えておくことをお勧めします。

また、事前にFlybussen.noよりオンラインで事前購入することも可能で、その場合には10%割引が適応されます。

オンライン購入時に登録したメールアドレスにQRコードが送られてきますので、乗車時に印刷もしくはスマホ画面上などで運転手に提示してください。

4. 停留所

スタバンゲル空港アクセス

Flybussenは空港から市内に入るまで道中の路線バス停留所に停車し、市内中心部でも複数箇所に停車します。

乗車時運転手に宿泊予定のホテルを伝えれば、最寄りの停留所を教えてくれるはずです。

また空港から市内へと行く場合、停留所がなくても宿泊先ホテルの近くで降ろしてくれる運転手もいるようなので、いずれにせよ目的地を伝えておくといいでしょう。

停留所で乗車・下車する場合、市内中心部では

  • Byterminalen (2番乗り場)
  • Fiskpirken(終点)

のいずれかを利用することになると思います。

Byteminalenはメインバスターミナルでスタヴァンゲル中央駅の隣、Fiskpirkenはフェリー乗り場やメイン広場に近い海沿いの場所にあります。

5. 最後に

いかがでしたか?

スタヴァンゲルか空港と市街中心部を結ぶ空港シャトルバスを紹介しました。

空港と市内の移動はタクシーか空港シャトルバスの2択ですが、タクシーは非常に料金が高額になるのでよほどのことがない限りはバスの利用がおすすめです。

空路でスタヴァンゲルへ訪れる際には、事前にオンラインで乗車券を購入しておくと割引が効くので、是非利用してみてください!

スタヴァンゲルで泊まるならここ!

スタヴァンゲルおすすめホテル

スタヴァンゲルで泊まるならScandic Stavanger Cityがおすすめです。

スタッフのホスピタリティは一流ホテル並み、北欧デザインを採用した明るく清潔な客室が揃い、快適な滞在を保証してくれるホテルにもかかわらず、リーズナブルな料金設定で大人気となっています。

無料の朝食は品数も豊富で、何より地元のオーガニックフードを使っているため健康的。

空港シャトルバス停留所もすぐ近くに位置し、中心部繁華街エリアにもほど近いため観光にも便利でおすすめです!

ホテル詳細・予約はこちらScandic Stavanger City

シェアして応援してください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Shun

1988年 横浜生まれ。アイルランド、スコットランドへ短期留学後、スウェーデン南部マルメ1年留学、さらにその後英国ロンドンに大学院生として留学。北欧やバルト3国の大部分の都市・街を周遊し北欧の文化や観光情報にも精通。 留学に必要なIELTS対策と北欧を中心としたヨーロッパ観光情報をブログにて紹介中。

RELATED POST関連記事