リトアニアは安全?危険?主要3都市で治安状況を体験してきた

リトアニアの夜歩き・治安

近年コアな旅行者を引きつけているバルト海沿岸国、リトアニア。1990年に旧ソ連から再独立を果たし、現在はEUにも加盟し急速に復興を遂げた国でもあります。

一方まだまだ観光についての情報が少なく、これから旅行をされる際に治安が気になる方は多いと思います。

今回は、リトアニアの都市の中から、観光客が行くであろう3つの街の治安状況を体感するために体を張って夜歩きしてきましたのでその様子を踏まえて紹介します。

1. ビリニュスの治安

リトアニアの首都ヴィリニュスです。

全世界中どこの都市でも例外がないように、首都であるこの街が最も人口が多く、最も発生犯罪件数も多いエリアになります。

とは言っても、他の観光大都市と比べるとかなり小規模であり、観光客を狙ったスリなども圧倒的に少ないように思います。

また、物乞いや観光客狙いの悪質な押し売り、ロマ(ジプシー)もほとんど見かけませんので、安心して歩ける街だと言えます。

観光客が集まる旧市街部は、夜間に歩いている人もほとんどが観光客か店員等の関係者。人通りもさほど多くはありません。

リトアニア全土に言えますが、独立後綺麗に修復、復興されたエリアと、放置され荒廃しているエリアが混在しており、路地に入ると一見物騒に感じる所もあります。

ですが、ここも通常の通り道として地元の人も男女問わず一人でよく歩いていますし、あまりきにすることはないのかもしれません。実際夜歩きをしていて危険を感じるような状況は一切ありませんでした。

ヴィリニュスで最も多い犯罪はアルコールに絡んだトラブル。深夜のバーやクラブ内での客同士のトラブルや、泥酔した人とのトラブルなどが多いとのことです。

また一部の教会は24時間開門していますが、そういう場所は夜間のホームレスの人がシェルターとして使えるような場所となっているため、夜間の教会観光は避けたほうがいいでしょう。

2. カウナスの治安

こちらはリトアニア第2位の街カウナス。

ヴィリニュスと違い観光客もあまり見かけない街ですが、カウナスには大きな大学が複数あり、学生街として発展している側面もあるため夜も比較的メイン通りは賑やか。

観光客が宿泊するようなホテルがあり、行動のメイン場所となる新市街エリア、旧市街エリアは昼夜問わず非常に治安は安定しています。

一方、夜間にバスステーションやトレインステーション周辺は、街灯も少なくホームレスの姿もちらほら見えたので、特に用がなければあえて近くに行くのは避けたほうがいいかもしれません。

3. シャウレイの治安

シャウレイの治安

シャウレイはリトアニア第4位の都市。この街自体に観光資源はほとんどないため、観光客もほとんど訪れることはありませんが、世界遺産「十字架の丘」を訪れる旅行者の経由地点になる街になります。

リトアニア第4位とは言えシャウレイ自体非常に小さな街。夜間ともなると、夜遅くまで空いているスーパーマーケット周辺や、レストランの利用客を除いてほとんど人通りはありません。

シャウレイ中心部の目抜き通りでされ人通りは片手で数えるほど、というくらい夜間は閑散とします。

ですので、夜間の治安という意味では襲う人も襲われるような人もいないくらい静かで閑散としていてちょっと不気味、といった印象。

ただし、目抜き通り沿いにはシャウレイ大学もあり、男女若者の一人歩きを見かけることもあったので、治安は心配するレベルではなさそう。観光客狙いの犯罪は皆無だと言えると思います。

夜間は治安はいいけどちょっと不気味、という雰囲気。日中に関しては全くないと思います。

4. まとめ

リトアニア全土に言えることは、治安は比較的良好に推移しているということ。圧政が敷かれた共産時代を経験した国民が多く、かつ大部分が敬虔なキリスト教徒ということもあるのかもしれません。

最近になって入ってきた移民も非常に少なく、中東、アジア、アフリカ系の住人を見かけることはほとんどありません。

また近年問題になっている難民についても、リトアニアでの難民申請者数及び認定数ともに他国と比較して圧倒的に少なく、ある意味で「単一民族的」な治安の良さを未だ誇っています(ロシア系、ユダヤ系等いるので厳密には単一ではありませんが)。

例えるならば日本の田舎のような、「古き良き」時代の治安の良さがあるような感じでしょうか。

もちろんヴィリニュスの観光地中心部では、それを狙ったスリ等もいてもおかしくないですし、バーやクラブでの喧嘩、貧しさ故なのかアルコール中毒に起因したトラブルなども起こってはいます。

ですので、「ここは日本ではない」という警戒心はもちろん必要ですが、他の欧州主要観光地(ロンドンやパリ)等と比べると、明らかに治安面では安心できる国であると言えると思います。

事実、外務省による海外安全情報によると、2016年のリトアニア国内における犯罪発生率は日本の2.3倍。ドイツは約3倍、フランスだと約4倍、イギリスに至っては5倍近くになっています。

欧州各国の中では比較的治安が安定しているリトアニア。最低限の警戒心はしっかり持って、楽しく旅行してください。

シェアして応援してください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Shun

1988年 横浜生まれ。アイルランド、スコットランドへ短期留学後、スウェーデン南部マルメ1年留学、さらにその後英国ロンドンに大学院生として留学。北欧やバルト3国の大部分の都市・街を周遊し北欧の文化や観光情報にも精通。 留学に必要なIELTS対策と北欧を中心としたヨーロッパ観光情報をブログにて紹介中。

RELATED POST関連記事