カウナス国際空港〜市内間のアクセス方法・バス時刻表

杉原千畝の命のビザで有名になったリトアニア第2の都市カウナス。

個人旅行者も増えてきており、カウナス国際空港からカウナス市内まで個人で移動する方も多いのではないでしょうか。

今回は、カウナス国際空港〜市内を公共交通機関(バス)を使ったアクセス方法を紹介します。

1. バス発着場所

市内と空港を結ぶのは29番バスのみとなっており、タクシーや自家用車を使用しない場合にはこのバスを利用して行き来することになります。

カウナス国際空港

カウナス空港

カウナスの国際空港からバスに乗る場合には、空港を出て左手にバス乗り場があります。

バスの運行時間は到着する飛行機の時間に合わせて作られているため、到着したらそのままバス乗り場へ向かえば常に市内行きのバスが待っているはずです。

バスターミナル

カウナスバスターミナル

市内から空港へ向かう場合には、鉄道の中央駅、もしくはバスターミナルから乗車します。観光の中心になる旧市街に近いバスターミナルからの乗車がわかりやすくてお勧めです。バスターミナル前の青い看板前に停車します。

Kauno Autobusu Stotis

2. バス発着案内(空港)

カウナス国際空港アクセス

カウナス国際空港に到着すると、到着ゲートのすぐそばにバスの発着案内の掲示板が出ています。

カウナス市内行きのバスは飛行機の到着時間に合わせて運行しているためそのままバス停に向かって問題ありませんが、念のため発車時刻を確認しておくといいでしょう。

3. 運賃

カウナス市内のバス、トロリーバスはいずれもシングルチケット0.8ユーロに統一されており、バスドライバーに直接支払うことができます。

もちろん運賃を払うべきですが、共産圏の名残なのか多くの乗客が無賃で乗車しており、バスの運転手もそれを黙認しているかのように目の前を素通りされても見逃しているので、実際にはしっかりと料金を払う人は少数なのかもしれません。

4. 運行ルート

空港とカウナス中央駅を繋ぐ所要時間は大体45分程度となっており、時間には比較的正確に運行しています。

空港から市内へと向かう場合には、鉄道のカウナス中央駅が終点、その手前にバスターミナルがあります。カウナスの旧市街での宿泊や観光を予定している場合には、バスターミナルで下車した方が近くなります。

大まかな運行ルート

M.K.Čiurlionio str. (Kaunas Train Station) Vytauto ave. (Kaunas Bus Station) – Kestucio ave. – Vilniaus ave. – Savanoriu ave. – Kaunas Airport

5. 時刻表

空港と市内を結ぶバス(29番)は、基本的に飛行機の発着時間に合わせて運行されており、1時間に1〜2本となっています。

また空港発の最終バスは、飛行機の最終便到着後一定時間経ったのち発車しますので、バスを逃して空港泊ということにはならないようになっています

時間には比較的正確に運行しますので、5分〜10分前までにバス停につくようにしておけば問題ありません。

カウナス国際空港発

カウナス空港アクセス

(2017.2月現在)

カウナス市内発

(2017.2月現在)

 6. 最後に

カウナス国際空港と市内を結ぶのは29番バスのみ、バスの乗車システムも現金での前払いと日本と同じような感覚で乗車できるのでわかりやすくて簡単です。

運賃も非常に安いですし、時間にも正確なので、空港〜市内の移動は是非29番バスを利用してみてください。

カウナスで泊まるなら!

カウナスおすすめホテル

カウナスで宿泊するなら絶対におすすめしたいのがホテル・メトロポリス。あの杉原千畝が出国直前まで滞在し命のビザを書き続けたという歴史を動かしたホテルです。

客室は非常に清潔に保たれていますが所々歴史を感じる内装があったりと、日本人としてとても感慨深くなるホテル。宿泊料金も非常にお手頃なので是非滞在してみてください。

実際の宿泊記も紹介しているのでこちらもご覧下さい。

シェアして応援してください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Shun

1988年 横浜生まれ。アイルランド、スコットランドへ短期留学後、スウェーデン南部マルメ1年留学、さらにその後英国ロンドンに大学院生として留学。北欧やバルト3国の大部分の都市・街を周遊し北欧の文化や観光情報にも精通。 留学に必要なIELTS対策と北欧を中心としたヨーロッパ観光情報をブログにて紹介中。

RELATED POST関連記事