エコでハイテク!ラトビア首都リガ観光に便利なトラム・バスの乗り方

近年のバルト3国人気の高まりからラトビア共和国を訪れる旅行者の方も増えてきました。

ラトビアの首都リガはとてもコンパクトな街。ほとんどの観光スポット徒歩でアクセス可能ですが、一方で公共交通機関も使えれば、さらに移動の幅が広がって効率よく観光をすることができます。

リガの公共交通機関(バス・トラム・トロリーバス)はハイテクでかつエコフレンドリー、さらにわかりやすいシステムを採用しているため不慣れな観光客にとってもとても便利。

今回はそんなラトビアの首都リガで是非使いたい公共交通機関を紹介します。

1. リガ市民の3種類の足

リガ市内の主要な移動手段はトラムとバス、そしてトロリーバスになります。

a. バス

リガ市内や郊外へと走る路線バス。大型のものと10人定員の小型バスが走っています。

メルセデスベンツで統一されているようで、内部もICカードリーダーや電光掲示板などが整備されています。さすがIT大国ということもありハード面でもソフト面でも進んでいました。

b. トロリーバス

トロリーバスは一見普通のバスなのですが、電車のようにルート上に電線がありそこから電力供給を受けているバスになります。

ハンドルで運転はしていますが、電線に沿って決められたルートを決められた車線で運行します。

もともと旧ソ連の統治をうけていた旧共産圏の国でトロリーバスはよくみられます。当時は供給が不安定であったガソリンよりも電気を利用した方が安定運行ができるというのが理由。

ですが、現在では公共交通機関は常に同じルートを走るため、電力で動いた方がガソリン車よりも環境に優しく沿道を歩いている人にも優しいから、というエコを意識した理由で運行を続けています。

c. トラム

リガ中心部から市内の郊外まで幅広く連絡しているのがトラムです。見ての通り街中にトラムの架線が敷かれています。

リガ市内を走るトラムは見ていても飽きません。旧式のデコっぽいシルエットのものから最新式のハイテクトラムまで色々なタイプが走っています。

・旧式トラム

一口に旧型とはいっても製造された時期によってデザインは様々。古い建物が多く残るリガの街並みによくなじんでいます。

・新型トラム

やはり街並みを考えると旧式のほうが可愛らしいんですが、ハイテクが進んでいる国だからこそ最新式を普及させたいという思いもあるのでしょうか。現在は最新技術を導入した新型車両が次々に投入されています。

新型の内装はシンプルでありながらとても綺麗。

トラム内装

2. 簡単な一律料金制度

リガでのバスやトラムは日本と違って一律料金制を引いていますので、乗車運賃の支払いは簡単です。

事前にキオスクや券売機で事前購入しておけば1回の乗車につき1.15ユーロ、乗車後に運転手から購入する場合は2ユーロとなっています(2017年10月現在)。

車内で購入する場合には現金のみでしか支払いができず、お釣りを用意していないことが多いので2ユーロ分の硬貨を用意しておくようにしてください。

 

キオスク

事前購入して割引料金を適応する場合には、乗車前にキオスクで乗車券を購入する必要があります。

様々な場所で購入することはできますが、町中いたるところにキオスク Narvesenでの購入が一番便利で簡単。店員に「バスチケット◯回分」と伝えればその場で発券してくれます(公共交通機関全て共通なため、バスでもトラムでも伝え方は関係ありません)。

チケットは紙のICカードとなっており、購入時に伝えた回数分がカードの中にチャージされています。使い捨てですので、使い切ったのちは捨てて構いません。

リガチケット

トラムやバス乗車時に、事前購入したカードをICリーダーにかざすことで、1回分ずつ差し引かれていきます。

車内で購入するよりも随分と安くなるので、乗車が決まっている時には事前に是非購入しておきましょう

公式HPから乗り換え案内を見ることができます。

3. 最後に

いかがでしたか?

ラトビアに訪れた際には是非トラムやバスも利用してリガ市内の隅々までみてみてください。トラムは見ていても飽きませんしリガ観光の幅が広がりますよ。

バルト3国の観光の情報はあまりないので、上記のような市販の本も参考になります。

ここで出した3冊を持っていればバルト3国の文化や観光情報を知るには十分すぎる内容を知ることができると思います。特に真ん中の本は北欧雑貨好きな人もおそらく好きな感じの本でおすすめですよ。

最新の情報をしっかり持って不安のない旅行をしてください!

バルト3国周遊のお供に!

ヨーロッパ40カ国で使用できるポケットWiFiルーターならユーロデータbasic!

バルト3国周遊旅行の際に是非持っていきたいのがポータブルWi-Fiルーター。

ユーロデータ のWi-Fiルーターは通信量超格安の定額で、通信会社が提供する海外パケット放題などに申し込むよりもずっとお得。

日本から持ち込んだスマホであっても、国際電話や海外ローミングによる高額請求を気にすることなくインターネットにつなぐことができるようになります。

もちろんLineやFacebookメッセンジャーを使えば通話も可能ですし、何よりGoogle mapを使えば現地で観光情報を調べる際に重宝すること間違いありません!

シェアして応援してください!

2 件のコメント

  • 8月にスウェーデンとラトビア、リトアニアの旅行を計画してこのサイトに出会って大変参考になっております。ありがとうございます。今回は、日本からストックホルム、リガに行ってカウナス、ヴィリニュス、リガに戻って帰国しますが、リガ国際空港にトランクを1泊預けるようなところがあるのか気になっております。移動がエアバルチックで受託手荷物なしの格安チケットなので。情報があれば教えてください。実は、スウェーデンのこともいろいろ伺いたいのですが、今の悩みはリガでの荷物のことです。こんなコメントを残してよいのかわかりませんが、よろしくお願いします。

    • こんにちわ。こちらのブログシステムが自動でスパムコメントに振り分けをしてしまっていたようで、今の今までコメントに気づくことができませんでした。
      申し訳ありません。
      まずリガの空港にスーツケースの預け入れ場所があります。
      到着ゲートの1階に「Luggage Storage」という案内があり、料金はこのようになっています。
      Storage of Luggage (per item)

      • 1.50 EUR for every 8 hours on the first day.
      • 3.00 EUR for 24 hours, starting from the second day
      • 1.00 EUR for 24 hours, starting from the second month

      大変遅くなってしまいましたが、お気軽にお問い合わせ下さい。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    Shun

    1988年 横浜生まれ。アイルランド、スコットランドへ短期留学後、スウェーデン南部マルメ1年留学、さらにその後英国ロンドンに大学院生として留学。北欧やバルト3国の大部分の都市・街を周遊し北欧の文化や観光情報にも精通。 留学に必要なIELTS対策と北欧を中心としたヨーロッパ観光情報をブログにて紹介中。

    RELATED POST関連記事