呼吸不全必至!アイスランド伝統料理の腐り過ぎた”エイ”

アイスランドのシーフードレストラン

各国それぞれが独自の食文化と伝統を持ち、時には「まじっすか」というものがあるのが世の常。日本でも腐った豆(納豆)やら、緑の涙腺崩壊ペースト(ワサビ)、ゴ○○リ風甘煮(イナゴの佃煮)とか色々やばいものがあるので、人のことは言えません。

基本的に好き嫌いはなく、大概のゲテものも大丈夫な私ですが、今回初めて旅先で「これは食えん」とほとんど手をつけられなかった物があります。

今回は、偶然経験することになったアイスランド伝統料理、毒ガスよりも臭いシーフード料理を紹介します。

1. 海の幸が豊富なアイスランド

アイスランドのシーフード

アイスランドは国土を360度海が囲む島国、伝統的に魚をメインに食べる国民のため、日本同様魚文化が定着しています。また、日本同様捕鯨国でも知られ、現在でもクジラ肉はかなり広く食されているというのも特徴。

クジラステーキを頂きましたが、ちょっとした高級レストランでいただく美味しい牛フィレステーキをも凌ぐかなりの美味でした。ヨーロッパ在住中食べた食事としてはNo.1クラス。

レイキャビク漁港

レイキャビクの市内にも漁港が複数あり、多くの漁船が停泊していますし、魚市場やシーフードレストランが軒を重ねており、魚好きにはなかなかたまらない国。言うまでもなく、恐らくヨーロッパでも1、2を争うシーフード大国です。

そんな中、漁港すぐ近くに、なかなかローカル色が出ているシーフードレストランを発見。しかも物価が尋常じゃないほど高いこのアイスランドで、ブッフェ形式で好きなだけ食べられるということあって吸い込まれるように入店しました。

2. 穴場シーフードレストラン

レイキャビク漁港シーフード

漁港すぐ近くにシーフードレストランを発見。店構えに惹かれ入店即決しました。観光客はいませんでしたが、地元のおじさんたちが昼から飲んでいるようなそんなローカルな店です。

シーフード

壁には、たくさんの魚の絵や魚拓が飾られており、気持ちが高ぶります。

魚=Cod(タラ:フィッシュ&チップスの白身魚)かSalmon(北欧はサーモンばっかり)ばっかりのヨーロッパ生活にかすかな希望の光が点灯。

うまそう、、、

メニューを見て、アラカルトもいろいろありましたが、ブッフェがイチオシだとのことなのでそれを頂くことに。

3. 感動の魚料理

スターター

シーフードスープ

とりあえずスターターとしてシーフードスープを出してくれました。非常にクリーミーで、魚介や蟹の風味が非常に効いたなんとも言えない濃厚なスープ。パンにも良くあう絶妙な味付けです。

日本人をシーフードで納得させるのはなかなかハードルが高いですが、それでもやはりそこはシーフード大国アイスランド。期待を裏切ることはなく、メインの食事に胸が躍ります。

ブッフェ

ブッフェはとにかく種類が豊富。そして当然のように、全て魚か野菜で肉を使った料理は1品もありません。さすがの徹底っぷりです。

カルパッチョのような生の魚から始まり、煮込み、グラタン、フライに焼き魚と、ありとあらゆる魚の調理法全て網羅しています。シェフによると、この日は全部で12種類の魚を使っているとのこと。

また、過酷な環境のアイスランドというだけあって、伝統的な調理方法としては発酵させることが多いとのこと。その他酢漬け、塩漬けなど、アイスランドの伝統的な料理が並んでいました。

せっかくアイスランドにきたので、食べ過ぎリスクがありましたが少しずつ全種類制覇してみようと、少しずつお皿に盛りつけます。

1皿目

アイスランドのシーフード

さすがに1度では全て取りきれないので、ラウンド2に何品か残し1皿目の盛りつけ完了。

カルパッチョにフライに酢漬けに、、、

こういう料理を待ってました。ヨーロッパに移って約1年。どんな小洒落たレストランに入っても、雑な魚料理をソースで誤魔化したみたいな、そんなシーフード料理に騙され続けましたが、ヨーロッパにも救世主がいました。

これからは魚食べにアイスランド行きます(スウェーデンから飛行機安いし)。

2皿目

レイキャビクのシーフード

1皿目に感動し、胸躍らせながら2ndラウンドへ。今度はこってり系の魚料理を中心に盛りつけます。

なぜか1品だけ、アルミのカバーで常に蓋をされている魚の煮込みがありましたが、その時はなんの疑問も持たず。

ちょっとテクスチャーが変わってる?なんの魚だ?と疑問を持ちながらもとりあえず着席。

もちろん2皿目にとった魚料理もどれも絶品(皿の向こう側に控えてる”1匹”を除く・・・)

ちょっと硫黄の匂いするなーと思いつつも、アイスランドでは蛇口を捻ってお湯を出せば、常に硫黄が香る温泉水なのでこんなもんかと気にせず。

そして、先ほどの未知の魚料理(向こう側に控えてる”1匹”)を口にした途端、異変に気づきます。。。

4. 悪夢の始まり

例の料理を一口。そこから何かが狂い始めます。

揮発性毒ガス

人生で初めてです。食べたものが喉あたりで揮発性のガスを発しながら、アンモニアのプールの中で息継ぎしているようなスースー感。

鼻もわさびとは違う「ツーン」とした感覚が襲います。そして、口蓋が焼けるような感覚。そして後から襲ってくる超絶厳しい刺激臭。

とりあえず330ml800円もした瓶ビールで流し込んで、気持ちの整理をつけます。

2口目。

ファーストアタックで敏感になった鼻のせいで、さらに強い刺激が。大概のマズいものは耐えられますが、今回ばかりは身体が毒と認識して拒絶反応開始。マズいというより刺激臭で味を感じません。

これ腐ってんのか?

ちょっと困惑しながらも、もう1口トライし、ギブアップしました。皿をテーブルの一番遠いところに追いやってもまだアンモニアが香る。次第に吐き気が襲います。

アイスランドの腐った鮫

さらに自分も椅子を引き、怪しまれない程度にテーブルと距離を置くも、アンモニアの匂いが襲います。嗅覚が防衛本能を発揮するとはまさにこのこと。写真見るだけであの時の臭いを思い出します。

クサいというよりも、アンモニアのツーンとした刺激臭、中学の理科実験で嗅いだあの匂いです。

食欲は完全消失し、吐き気を鎮めるので必死。なぜあの料理にだけカバーがされていたのか、ここで初めて理解しました。

5. 腐ったエイ  kæst skata

アイスランドの伝統食

あの刺激臭を発する魚はなんだ!シェフを問い詰めます。こんなところで食中毒にでもなったらたまりません。保険金請求します。

シャフに、これは食えないっていう意思表示とともに、正直に気持ちを伝えます。

「これ腐ってんのかと思った」

さすがのシェフも機嫌を害するかと思いきや爆笑しながら

「You are right」

と。

えー簡単に認めないでよ。

話をよく聞いてみると、あれはKæst skata (fermented skate)というアイスランドの伝統料理で、ガンギエイを常温で腐らせた(良く言えば発酵)アイスランドの伝統料理とのこと。腐る過程でアンモニアを発するようになり、さらに濃縮されることで超強烈な臭いを発するんだとか。

「It has been described as eating rotten fish(腐った魚と称される)

しかもそのあまりに強烈な臭いから、人が住む地区では製造することができないためにアイスランドの人里離れたところで作られているとか。

12月23日に伝統的に食べられるそうなのですが、加工工場で作られた食材を最後の最後に家のキッチンで調理するだけで、そのあたり一帯がアンモニア臭に包まれるというかなりヤバイ食材だということがわかりました。

一般的には通年を通して食べられるような食材ではなく、あくまでクリスマス前に広く食されるという季節物のようではありますが、アイスランド人の中では珍味として人気とのこと(参考リンク)。

いずれにせよ、旅行者が興味本位で食べるにはかなりの要注意食材。万が一これが1品物のプレートだったら確実に金をドブに捨てることになります。ハッキリ言ってドブより臭いですが。

マークつけとけよ!

ただ罰ゲームの一環とか、ブッフェでヒトカケ位なら経験としては面白いかも?

6. 最後に

旅行をする際には各地の食文化を経験すると言うのは楽しみの1つ。現地の伝統料理に触れるのはとても良い思い出になります。

アイスランド(レイキャビク)のおすすめランク上位ホテルはこちら

今回はアイスランドで偶発的に、クリスマス前の伝統食である刺激臭のする腐ったエイをつかまされ、いい意味でも悪い意味でも一生忘れられない思い出になりました。

その後お腹を下したり救急車になったりはしていませんので、腐ってはいるものの加熱してあることもあり食材としては大丈夫みたい?

ちなみに、アイスランドには他にも鮫を発酵させたHákarlという、こちらも強烈な匂いを発する食品があり、こちらは酒のツマミとしてスーパー等に売られていたりします。

超勇気のある方、アイスランドに旅行の際には、アンモニアプールで泳いでみてはいかがでしょうか?私はもう2度と頂くことは無いと思いますが。。。

今回紹介したレストランの情報はこちらです。

店名 Sjávarbarinn
住所 Grandagarður 9, 101 Reykjavik
営業時間
  平日 11a.m – 9p.m
 日曜 3p.m – 9p.m

 

シェアして応援してください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Shun

1988年 横浜生まれ。アイルランド、スコットランドへ短期留学後、スウェーデン南部マルメ1年留学、さらにその後英国ロンドンに大学院生として留学。北欧やバルト3国の大部分の都市・街を周遊し北欧の文化や観光情報にも精通。 留学に必要なIELTS対策と北欧を中心としたヨーロッパ観光情報をブログにて紹介中。

RELATED POST関連記事