女子が集まるペニス博物館!?アイスランドで大人気な珍名所レポート

アイスランドの首都、レイキャビクを観光した際に最も目(と興味)を引いた博物館。

ペニス博物館

冗談抜きで、レイキャビクでもかなりトップレベルに人気な博物館です。実際オーロラ博物館とか火山博物館とか、クジラ博物館よりもずっっっっっっっと混んでました。

そんなペニスの聖地、ペニス博物館 The Icelandic Phallological Museum を珍レポートします!

1. 博物館とは

アイスランドペニス博物館

アイスランドの首都レイキャビクにある、ペニスの収集展示を目的とした私設の珍博物館。なんと全てが館長のシグルズール・ハーターソンの個人コレクションなんだとか。

その展示ペニス本数200本以上!

アイスランドで取れる哺乳類のペニスは全て収蔵しているんだとか。

もともとは中学生の教師をしていたシグルズース、捕鯨基地から提供されたクジラのペニス収集でペニス愛に火がつき、そこから一気に哺乳類のペニスへ趣味が爆発。現在では、ホモ・サピエンス(つまりヒト)のペニスの展示も。。。(男目線だと見るだけで痛い)

そんな個人的なペニスへの執着心が、2011年のデータでビジター1万2千人をも呼び寄せる一大観光スポットになったっていうんだから凄いものです。

博物館の概要(2017年現在)

住所 Laugavegur 116, 105 Reykjavik
名称 The Icelandic Phallological Museum
営業時間 通年 10a.m – 6p.m
入場料 1500 ISK

アイスランド

というわけで入場券を購入。ペニスを拝むために1500 ISK(1ISK≒1円)ってちょっとどうなの?って思いつつもここは全てにおいて物価が高いアイスランド。

無理やり納得させます

2. 展示が凄い!

レイキャビク博物館

博物館はテニスコート1面程度の小規模、ですが超高密度にペニスが置いてあります。あれもこれも全部生ペニス。

モザイク必要ですか?いやいや、これは猥褻ではなくアートです。

写真撮影OKなので、みんな夢中にペニスの写真撮影。これって帰国するときに「猥褻写真持ち込み禁止」の税関に深刻必要ですか?いやいや、これは繰り返しますがアートです。

シュールなペニスの絵

平日の朝だっていうのにかなりの観光客が見学していて、男女比は3:7。圧倒的に女子に人気。

可愛い顔した子がペニスの模型を凝視している画はなっかなかシュールです。

3. 超巨大ペ○ス!

ペニス博物館

博物館に入って真っ先に目に飛び込んでくるのが、クジラのとんでもない逸物。さすが世界最大の哺乳類だけあって世界最大です。メートル単位です。人間の身長を超えるペニスとか普通にあります。

輪切りにしてみたんだとか。なんとなくですが、人間のもこんなんだったような。。。(昔教科書で見た)

ペニス博物館

ちなみにこの博物館には、世界最小のペニスの展示もありました。虫眼鏡で見てかろうじてホコリペニスが見えるっていう代物。

4. 驚異のコレクション

この博物館、哺乳類だけで50種類以上ものペニスを展示しています。超ちっさいのから身長大の畏敬の念を覚えるものまで。

ちなみにこの博物館、散々笑い取りにいこうとしながら記事かいてますが、超真面目な博物館なんです。研究論文もものすごい数書いてて、世界的にもペニス学の権威。確かにここまで執着できるのは分野に限らず凄い。

アイスランド観光

というわけで、皆さんかなり真面目に展示の説明文を読みながら勉強中です。

繰り返しますよ。勉強です。

にしても女性が多い。しかもみんな絶対10〜20台で若い。女性の方が勉強熱心?え?

5. 民族伝承もたくさん

アイスランド観光

この博物館。ペニスの生物展示だけではなく、世界中に広がるペニスにまつわる民族伝承も紹介しています。そういえば日本にもペニスを崇めるお祭り何個もありましたもんね。

にしても、やっぱ人類はそういうのが好きなのか?本当に北から南、西から東、どこにでもありそうな勢いで展示物あります。

ペニスの偶像

偶像崇拝?

これが偶像なのか、、、?まぁとにかく神聖なんです。それだけはわかります。

6. 眼のマジック

人間って、よくそういうもんだと思って見ると、そう見えてくるってことよくあるじゃないですか。普通ならこんなの気にしないけど、まぁ言われてみればねーみたいな。

ペニス博物館にあるもんだから、どうせペニスでしょ?っていう先入観もって見てくださいね。

こちらは2ユーロ硬貨。年間大量に作られているだけあってそりゃたまにはエラーも出ます。

左は元気がないスカンジナビア。右は元気になっちゃったスカンジナビア。。。

ってもう

 

世界地図そういう風にしかみえん!

アイスランドの博物館

For Vegetarian Only

の文字が虚しく響きます。だってこんな博物館来てる女子たち、みんな絶対肉食。目がギラギラしてるし。

「よくもまぁこういう野菜を取れた時に写真撮って、しかもそれが博物館に届くまで拡散されたなー」とブロガーならではの分析。これぞペニバズーカ?

アカン。

これはあかんやろ!

誰がどう見てもペニス。こんなん食えるか!

先入観とか何もなくても絶対ペニス。今慌ててノートパソコンを閉じたスター○ックスでコーヒー飲んでいる貴方の顔が容易に想像できます。

(この記事スタバで書いてます。)

 

周りの視線が怖い

7. アイスランド代表選手の逸品

アイスランド代表のペニス

なんと、アイスランド代表ハンドボールチームの選手全員のペニスモデルが展示されています。

見る限りなかなか精巧に作られているので、ペニスの型取りして作ったんか、、、冷たそう。石膏じゃ型取りの後抜けなくなりそうだし、、、ていうか意外とアスリートの割には小さいな。なんてしょうもないこと考えてみます。

にしてもアイスランド代表、よくこんなん作るのに協力したな、、、、って思ってたら結構この作品が物議を醸していることが明らかに。

なんと、アイスランド代表はそんなん協力していない!と否定しているんだとか。そして新たな説は、館長の娘が「想像して」作り上げた物というもの。

親が親なら子も子

館長の娘は世界で2番目にペニスを愛する人間認定です。

8. 最後の1本

最後の1本

なんとこの博物館、日本でも上映された映画の舞台になっています。その名も

最後の1本

この博物館に最後の最後までなかったもの。それが「ヒトのペニス」です。その最後のペニスを巡って、自分の逸品を展示してほしいアイスランド人とアメリカ人が火花を散らしましたんだとか。

そんなストーリーがまさかの映画化。日本を含む世界中で放映され、現在ではDVDにまでなっています。

ちなみに2011年についに決着。館長の友人のアイスランド人が死後ペニスを寄贈したんだとか。。。

というわけで、勝者のペニスも展示されています。観覧覚悟はいいですか?

 

 

じしゅーく!

これはアート!とは言い切れないところなので自粛!

相当使い込んだ(これは本当)プレイボーイじーさんの逸物が展示されてます(女の子たち、みんなそんな近くで写真撮らないで、、、omg)

9. 大人気お土産コーナー

ペニスのお土産

ペニス博物館のもう一つの見どころ(?)がお土産ショップ。ここにもペニスっぽいものがたくさん売ってます。

ぬいぐるみ、ストラップなんていうのは当たり前、ペニスの栓抜き、ペニスのウイスキスタンド、ペニスの孫の手、ペニスのハンガーラック。

なぜかペニス付きのスコットランド伝統衣装キルトなんかもあったり、かなり攻めてます。スコットランド人見たら怒るだろうなぁ、、、

そして、意外にセンスの良さを感じたのがTシャツシリーズ。さすがにペニスのTシャツは公然猥褻になりうるので着れませんが、深いメッセージが書いてあるTシャツ発見。

このTシャツ作ったヒト天才です。

「神は男に頭脳とペニスを与えた。しかし残念なことに、両方同時に使うには血流が不足する」

「長さが問題じゃない。棒の中にマジックがあることが重要なんだ」

「セックスは答えじゃない。セックスは質問だ。YESが答えなんだ」

ふかーい!

全人類、いや全女性陣に送りたい名言です。

10. 見学の後は

アイスランドのホットドッグ

ペニス博物館の後は、宇宙一旨いと言われるホットドッグで生気を養います!

最後に

というわけで、世界でもトップ3に入るチン珍博物館でした。

驚くべきことに、レイキャビクの博物館では冗談抜きで1、2を争う混雑ぶり。特に女性陣に絶大な人気でした。

というわけで、アイスランド訪れる時には必ずペニス博物館行って見てくださいね!

(スタバで周りの視線気にして執筆。疲れた。。。)

北欧旅行のお供に!

ヨーロッパ40カ国で使用できるポケットWiFiルーターならユーロデータbasic!

アイスランド旅行の際に是非持っていきたいのがポータブルWi-Fiルーター。

ユーロデータ のWi-Fiルーターは通信量超格安の定額で、通信会社が提供する海外パケット放題などに申し込むよりもずっとお得。

日本から持ち込んだスマホであっても、国際電話や海外ローミングによる高額請求を気にすることなくインターネットにつなぐことができるようになります。

国境を越えても関係なし、欧州にいる限り引き続き使い続けることができます。

もちろんLineやFacebookメッセンジャーを使えば通話も可能ですし、何よりGoogle mapを使えば現地で観光情報を調べる際に重宝すること間違いありません!

シェアして応援してください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Shun

1988年 横浜生まれ。アイルランド、スコットランドへ短期留学後、スウェーデン南部マルメ1年留学、さらにその後英国ロンドンに大学院生として留学。北欧やバルト3国の大部分の都市・街を周遊し北欧の文化や観光情報にも精通。 留学に必要なIELTS対策と北欧を中心としたヨーロッパ観光情報をブログにて紹介中。

RELATED POST関連記事