デンマーク国鉄乗りこなし!コペンハーゲン~オーデンセアクセス方法

オーデンセ名所

コペンハーゲンから日帰り、もしくは1泊旅行先として人気が高いのがデンマーク第三位の都市でH.C. アンデルセンゆかりの地であるオーデンセ。

コペンハーゲンからデンマーク国鉄を使って約1時間半、片道3000円程度で訪れることができます。

今回は、コペンハーゲン中央駅よりオーデンセまでデンマーク国鉄(DSB)を使ったアクセス方法を紹介します。

その他デンマーク国鉄を使った切符の買い方について知りたい方も合わせて参考にしてください。

1. コペンハーゲン中央駅

コペンハーゲン中央駅

まずはコペンハーゲンの玄関口である中央駅に向かいます。

コペンハーゲン中央駅には有人のチケットカウンター、もしくは自動券売機があります。オーデンセまでのチケットは自動券売機で簡単に購入ができます。

2. チケットの買い方

DSBチケット購入

それではチケットの購入方法を紹介します。デンマークでのチケット券売機はデンマーク語、ドイツ語、英語から選択することができますので、今回は英語での操作方法を取り上げます。

a. 初期画面

チケット

英語に切り替えた最初の画面がこちらになります。

この画面からチケットの購入や、コペンハーゲンカードなどの観光用チケット、定期券などを購入することができます。

オーデンセはデンマークの中でも主要駅ですので、最初の画面の「Quick Buy」のところに表示が出ていますが、今回は紹介のため通常のチケット購入の手順通り、左上の「Ticket」を選択していきます。

b. 行き先選択

オーデンセまでのアクセス

チケット購入を選択すると、次に主要駅の一覧が出て来ます。

日帰り観光で人気の高いマルメヘルシンオアなどと一緒にオーデンセも表示されています。今回はこの「Odense」を選択していきます。

c. 人数・日付選択

次の画面では人数の選択、その次の画面では乗車日の選択になります。非常にわかりやすいのでここでは省略します。

d. 支払い

オーデンセアクセス

乗車日の選択が完了すると、次に支払い画面へと移ります。画面を確認し、チケットを追加する場合には「Buy more」、支払い手続きへと進む場合には「Pay」を選択してください。

支払い方法は現金もしくはクレジットカードになります。次の画面で「Cash」「Credit Card」のいずれかを選択してください。

クレジットカードを選択した場合には、券売機についているカードリーダーに挿入し、指示通り暗証番号を入力します。

暗証番号入力し承認されるとクレジットカードを引き抜くようサインがあり、その後発券口より乗車券が発券されます。

3. プラットホーム確認

オーデンセアクセス

切符を手にしたら、プラットホームを探しましょう。駅構内には何箇所も電光掲示板やモニターがありそこで確認することができます。

Odenseへ行く場合にはIC(インターシティ)もしくはICL(インターシティリュン)という特急列車を利用します。ICLのほうが停車駅が少なくICと比べて15分程度早く到着します。

Odense行きは1日に30本以上出ていますが、終着駅ではないのでどれに乗っていいのかわからない場合には駅のインフォメーションに聞いて見ることをお勧めします。また、駅構内には無料Wi-Fiも飛んでいるため、Google Map等で乗る列車を検索することも可能です。

4. DSB乗車

DSB

列車の発車時間が近くなったらプラットホームで列車を待ちましょう。車内は全車自由席、一部一等席がありますが、通常のチケットを購入した場合には「Standard」と書かれた座席を使用してください。

オーデンセまでの所要時間は約1時間15分〜30分程度、デンマークの車窓を楽しんでください。

5. オーデンセ中央駅

オーデンセ中央駅

オーデンセ中央駅はコペンハーゲン中央駅とは違って非常に近代的な建物になっています。駅構内には多くのお店やショッピングモールも入っています。

そして駅を一歩出るとアンデルセン作品をモチーフにしたちょっと奇抜な銅像が出迎えてくれるなど、H.C アンデルセンの世界を感じれる雰囲気になっています。

6. 最後に

コペンハーゲンからオーデンセまでのアクセス方法を紹介しました。その他列車での旅を計画している方は、列車乗り放題パスであるユーレイルスカンジナビアパスの利用もお得ですのでこちらも検討してみてください。

朝早くコペンハーゲンを出発し日帰りで回ってもよし、オーデンセで1泊してもよし。アンデルセンにまつわる博物館やモニュメント、公園などを回りながらコペンハーゲンとはまた少し違った街並みの雰囲気を楽しんでみてください。

アンデルセンの足跡を辿るオーデンセ観光をする方はこちらの記事でアンデルセンにまつわる名所をすべて紹介しています。

シェアして応援してください!

3 件のコメント

  • こんにちは
    今度コペンハーゲンへの旅行を計画しており、大変こちらのサイトを参考にさせてもらっております。

    質問なのですが、朝早くコペンハーゲンを出発し、マルメを少し観光した後にオーデンセへ行って(お昼過ぎ位に到着するイメージ)観光し、夜コペンハーゲンに戻ってくるのはハード過ぎますでしょうか?

    アンゼルセンの像巡りなどはせず、博物館にだけ入ってあとは散策しながら街の雰囲気を味わえればいいかなあと思っています。

    お時間ある時に回答いただけたら幸いです

    • ハードといえばハードですが、不可能ではないと思います。
      ただ朝早くマルメに行っても店などほとんど相手いない可能性がなきにしもあらずですのでその点ご注意ください。
      個人的にはマルメに夜行ってリラトリーで食事なんていうのがおすすめです。コペンでディナーするよりはるかに安く上がるので。
      オーデンセもアンデルセン博物館と町歩きということであれば2時間もあれば余裕ですよ。

      • 早速のお返事ありがとうございます!

        よかったです。
        では朝からオーデンセ、そして夜にかけてマルメへ行ってみようかなと思います。

        引き続きこちらのサイト参考に旅をさせて頂きますね。
        ありがとうございました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    Shun

    1988年 横浜生まれ。アイルランド、スコットランドへ短期留学後、スウェーデン南部マルメ1年留学、さらにその後英国ロンドンに大学院生として留学。北欧やバルト3国の大部分の都市・街を周遊し北欧の文化や観光情報にも精通。 留学に必要なIELTS対策と北欧を中心としたヨーロッパ観光情報をブログにて紹介中。

    RELATED POST関連記事