ザグレブでデザートと言えば!地元っ子推薦老舗スイーツ店「Vincek」

ザグレブの地元っ子が口を揃えてお勧めだというスイーツ店、ヴィンチェック Vincek。

ザグレブ中心地にあり、その人気から昼夜を問わず客足の途絶えない人気スイーツ店です。

価格帯も非常にお得ながら素材にもこだわっており、質・量ともに大満足間違いなし。

今回はそんなザグレブに来たら是非訪れたいスイーツ店、ヴィンチェック Vincekを紹介します。

1. ヴィンチェック Vincek

ケーキ屋

ザグレブ中心地、イェラチッチ広場 Jelačića squareから徒歩3−4分のところにあるジェラート・ケーキ専門店、ヴィンチェック Vincek。創業1977年の老舗中の老舗スイーツ店です。

ザグレブで最も人気のあるスイーツ店でもあり、地元民が口を揃えて勧める定番スポットでもあります。

主にジェラート、ケーキ、そしてパフェを専門としており、テイクアウトもイートインも可能な広々とした店内。

販売エリアと隣接して、厨房もあり、その場で作った出来立てのものをショーケースに並べています。

また、品質へのこだわりは創業当時から強く、自然素材でオーガニックのものを極力使うなど健康と環境への配慮も忘れていません。

Vincek 概要

住所: Ilica 18, 10000, Zagreb, Croatia
営業時間: 8:30 – 22:30(日曜定休)
公式HP: http://www.vincek.hr

2. 店内

店内に入ると大きなショーケースに20種類以上の手作りジェラートと、同じく20種類以上のケーキ、マカロンがずらり。

いずれも全てオーガニックやローカルプロダクトにこだわった商品になっています。

ジェラートも人口の着色料などは使わずに実際の果物をふんだんに使っているため健康的で自然な味わい。

ケーキ類もザグレブ名物であるクレームシュニッタを始めとして非常に多くの種類のものがふんだんに用意されています。

そして1つ1つがかなり大きく切られているのにもかかわらず値段が非常に安くお得感満載。

3. イートインスペース

店の奥にはイートインできるスペースがあり、店頭で購入したものを店内で食べられるようになっています。

もちろんコーヒーや紅茶などの飲み物も注文可能。

そして、イートイン用にVincekオリジナルのパフェなどのメニューも。

実はこのパフェがなかなかすごい。

フルーツをふんだんに使ってとても大きく豪華なパフェがわずか500円程度〜楽しむことができます。

同じクオリティのものを日本で食べるとおそらく1000円以上はしそうなものばかり。

非常にボリューミーなので複数人でシェアするくらいでちょうどいいかもしれません。

またデザートパスタなど少し風変わりなパフェメニューもあるので勇気のある方は挑戦してみるのも面白いかも。

4. 食べてみた

今回はクロアチア定番ケーキであるクリームシェニッタと、お店のウリでもあるジェラートを2種類シェアする形でいただきました。

クリームシェニッタは薄いパイ生地の上にふんだんなバニラ風味カスタードやホイップクリームが乗っているケーキで、ザグレブで出されるクリームシェニッタではその上に薄くひかれたチョコレートが付いています。

この薄いチョコレートこそがザグレブ風。事実、このケーキの名前は Zagrebačke Kremšniteとなっており、ザグレブ風であることがわかります。

非常にボリューミーではあるものの、カスタード部分が非常に軽く、また甘さも控えめなためぺろっと平らげられてしまうほど。紅茶との相性が抜群かもしれません。

ジェラートはピスタチオとココナッツを注文しました。どちらも非常に強い風味を感じられるにもかかわらず甘さは控えめ。

決して重いとは思うことなくこちらもペロリと完食です。

5. 最後に

いかがでしたか?

ザグレブで人気No.1スイーツ店、ヴィンチェック Vincekを紹介しました。

非常に高い品質、ボリューミーな量、そして驚くほどお買い得な値段設定ととても満足度の高いスイーツ店で、ザグレブ地元っ子が足繁く通う理由がよくわかりました。

是非ザグレブで観光される際には、小腹を満たしにVincekを訪れてみてはいかがでしょうか。

海外旅行のお供に!

ヨーロッパ40カ国で使用できるポケットWiFiルーターならユーロデータbasic!

クロアチア旅行の際に是非持っていきたいのがポータブルWi-Fiルーター。

ユーロデータ のWi-Fiルーターは通信量超格安の定額で、通信会社が提供する海外パケット放題などに申し込むよりもずっとお得。

日本から持ち込んだスマホであっても、国際電話や海外ローミングによる高額請求を気にすることなくインターネットにつなぐことができるようになります。

もちろんLineやFacebookメッセンジャーを使えば通話も可能ですし、何よりGoogle mapを使えば現地で観光情報を調べる際に重宝すること間違いありません!

シェアして応援してください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Shun

1988年 横浜生まれ。アイルランド、スコットランドへ短期留学後、スウェーデン南部マルメ1年留学、さらにその後英国ロンドンに大学院生として留学。北欧やバルト3国の大部分の都市・街を周遊し北欧の文化や観光情報にも精通。 留学に必要なIELTS対策と北欧を中心としたヨーロッパ観光情報をブログにて紹介中。

RELATED POST関連記事