地下鉄アートの旅へ!ストックホルムメトロ(地下鉄)乗車方法とプチ旅行術

ストックホルム各地を走るストックホルムメトロ。

旧市街など中心部の観光だけをしている限りあまりお世話になることはありませんが、一方でメトロ駅全体を使った地下鉄アートそのものが観光資源としても紹介されるため、利用したいと思っている旅行者の方も多いかと思います。

今回は、ストックホルムメトロの乗り方と地下鉄アートをお得に堪能するためのプチ裏技を紹介します。

1. メトロ利用方法

ストックホルムのメトロは日本の鉄道と同様事前改札制。

乗車するためには乗車券をその都度自動券売機で購入するか、あるいは交通ICカード(SL Access credit)を自動券売機やキオスクなどで購入しチャージしておく必要があります。

滞在中1−2回しか乗らない場合には前者を、複数日滞在しある程度回数を利用する場合にはICカードの購入がおすすめ。

というのもICカード以外で乗車する場合の料金が高く設定されているためです。

日本と異なるのは、バスであれメトロの利用でれ、目的地がどこであろうとストックホルムや近郊エリアであれば一律料金が設定されているというところ。

チケットは1回券(Single Journey Ticket)、24時間もしくは72時間券などの時間券になっています。

1回券の特徴は、購入後75分間有効。言い換えると、1駅の利用であろうと75分間乗車する郊外までいこうと同じ値段になります。

自動券売機使い方

乗車前に紙チケットでの乗車券を購入する場合やICカードにチャージする場合には、各駅に備え付けられた自動券売機、もしくは有人窓口を利用します。

支払いにはVISAやマスターカードなど一般的なクレジットカードの利用が可能ですが、チャージ式のICカード専用の機械も増えてきているので注意してください。

言語はスウェーデン語だけではなく英語も選択が可能です。

英語に切り替え後、希望のチケット種別を選択します。

1回券 Single Ticketの値段は45SEK(約600円 2018年7月現在)となっています。

自動券売機で購入する場合は紙のチケットが発券されます。券面に大きく有効期間が書かれているので確認してください。

このチケットの場合18:44までメトロやバスに乗り放題ということになります。

ICカードの購入方法

ICカードは再利用可能のプラスチックカードとなっており、チャージして使用する「Suica」「PASMO」と同じシステムとなっています(正式名称 SL Access credit もしくはReskassa)。

各駅の駅窓口やチケットセンター、運行会社であるSLのロゴがかかれたキオスクなどで購入することができます。

ICカードは20SEKのデポジットがかかり、6年間有効となります。

こちらのカードを持っていると乗車券購入時に割引が適応され32SEK(約500円 2018年7月現在)ます。

2. メトロ料金の元を取る方法

ストックホルムメトロ

1回券を購入し、75分有効のチケットをわずか数分の乗車で終えてしまうのはもったいありません。

ストックホルムメトロといえば、一部の駅に施された芸術的なペインティングが有名。

駅全体がアート空間となっており、地下鉄システムそのものが美術館として紹介されることもしばしばあるほどです。

もちろん駅構内なので無料ですし、地下鉄アートを楽しむために改札をいちいち出る必要もないため時間や労力もかかりません。

せっかくメトロ1回券を購入したのであれば、時間が許す限り各駅を回って地下鉄アートを楽しんでみてください。

3. 最後に

ストックホルムのメトロはとても綺麗に保たれており、雰囲気も明るいため旅行者など不慣れな人にとっても非常に使いやすい公共交通機関です。

是非移動手段としてだけではなく、地下鉄アートを楽しむことも忘れずにメトロを有効活用してみてください!

筆者厳選!ストックホルムで泊まるなら

 オススメホテル: スカンディック コンチネンタル

スカンディックはスウェーデン最大の中〜高級ホテルチェーンとして知られ、どこも客室は北欧デザインで飾られていて非常におしゃれ。スタッフも質も高く、非常に評判のいいホテルです。

ストックホルムは宿泊料金が非常に高く設定されているところが多いですが、ここは駅の目の前という利便性にも関わらず料金抑えめ。豪華なビッフェ形式の朝食も含まれています。

観光名所であるガムラスタンや市庁舎など全て徒歩圏内。便利で快適なスカンディックコンチネンタル、ストックホルムの旅をする際には絶対オススメです!

ホテル詳細・空室照会
エクスペディア: Scandic Continental
Hotels.com: Scandic Continental

皆さんのシェアが次の記事執筆に繋がります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です