まだ間に合う!ヨーロッパ現地発ツアー検索・申し込み

【アイスランド】インスタ映えスポット!フリィズへイマル農園紹介

Friðheimar

アイスランド観光名所の一つとして近年注目が高まっているフリィズへイマル農園 Friðheimar。

通称ゴールデンサークルの道中にある温室農園で、内部では栽培されているトマトなど野菜を見たり、穫れたてのトマトを使った料理を楽しめる施設となっています。

特に温室内にありトマトの苗に囲まれながら食事を取れるレストランは写真映え抜群。今回はそんなフリィズへイマル農園の内部を紹介します。

1. フリィズへイマル農園の概要

フリィズへイマル農園はアイスランド西部、通称ゴールデンサークルの道中にあるトマトや花の温室農園。

1946年に天然の地下温水を使った家族経営の農園として始まった歴史のある温室で、その後1995年から行われた本格的な拡張によって現在の姿になっています。

今では、冬は日照時間の短いアイスランドで通年を通して栽培できる施設として欠かすことのできない農園である一方、観光客からも強く注目されているスポットとなっています。

それは、温室農園としては珍しく、野菜を栽培しているエリアの中に一般の観光客やビジターが穫れたてのトマト料理を楽しむことができるレストランが設置されているため。

有名な間欠泉ゲイシールにも近いことから、ゴールデンサークルの道中に食事がてらに立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

フリィズへイマル農園情報

名称:Friðheimar
住所:Friðheimar, Reykholt, Iceland
営業時間:午後12時〜午後4時
公式HP:https://fridheimar.is/

2. 温室内部はトマト農園

温室内部は常夏のトマト農園。一部の制限エリアを除き温室内部を見学することが可能となっています。

握り拳サイズの大きなトマトからミニトマトまで、温室内はトマトの苗がびっしり。

気温や湿度、人工灯の強さなどもしっかりとコントロールされており、アイスランドの厳しい天候や日照時間の変化に左右されることなく安定して新鮮な野菜を収穫することができるそう。

現在は食糧の大部分を輸入に頼るアイスランドである一方、国内自給率向上にも取り組んでいるとのことで、このような温室はアイスランド各地で見ることができます。

3. 穫れたてのトマトをいただく絶品料理

フリィズへイマル農園が他の農園と違って特別なのは、温室内をそのままレストランにしてしまっていること。

温室には数多くのテーブルがトマトの苗沿いにまで並べられており、そこで新鮮なトマト料理をいただくことができます。

一番の人気メニューはトマトスープ。ビッフェスタイルとなっており、トマトスープと複数種類の自家製パンを好きなだけいただくことができるようになっています。

酸味が控えめで、かなり甘味の強い品種ということでスープもまろやかで飲みやすい味でした。

その他トマトを使ったパスタやピザ、トマトムースやトマトアイス、さらにはトマトを使ったジントニックやオリジナルカクテルなど、トマト三昧のメニュー。

なかなか経験することのできない温室の中でトマトに囲まれながらのトマト三昧。健康によく、思い出にも残る貴重な経験ということで一石二鳥の楽しみ方ができること間違いありません。

4. お土産にも最適なギフトショップ

この温室でとれたトマトを使ったギフト品も数多く販売されています。トマトケチャップはもちろんのこと、様々な熟成度のトマトを使ったジャムやソース、もちろん穫れたての新鮮トマトもお土産として購入可能。

また、この園内で唯一の外国産だというオランダから輸入されているミツバチが作った蜂蜜も人気です。

5. 最後に

レイキャヴィクから日帰りでも可能、特にゴールデンサークルの道中に立ち寄るのに便利なフリィズへイマル農園。

アイスランドの食糧事情を知ることができるのはもちろんのこと、穫れたてで新鮮なトマト料理を存分に楽しめる場所とあって大変おすすめなスポットです。

レストランの店員さんも非常に親切丁寧で、農園の歴史やコンセプトなどを丁寧に説明してくれました。

写真映えも抜群。なかなか体験することのできない温室の中のレストランでの食事を楽しみに是非寄ってみてください。

アイスランド観光満喫のヒント!

アイスランドには手付かずの大自然が広がっており、行くところ行くところで息をのむ絶景がたくさん。

オーロラ観測はもちろん、アイスケーブなどの氷河探索、豪快な滝や間欠泉が楽しめるゴールデンサークルなどアクティビティに欠くことはありません。

アイスランドでは街を離れると公共交通機関がほとんどないため、基本的に大自然を満喫できる郊外の観光はツアーに参加するかレンタカーを利用することになります。

そんな時にオススメなのがアイスランド政府公認の観光案内所・予約サイト Guide to Iceland(日本語対応)。

信頼できる現地ツアー会社により行われる少人数制のオーダーメイドツアーからコスパ重視の団体ツアーバスまで通年様々な現地ツアーが紹介されています。

なかなか訪れることのできないアイスランド、せっかく訪れたからには隅々まで堪能してみてください!

シェアして応援してください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

Eurotraveller 公式
アイルランド、スウェーデン、イギリスに留学経験あり。その際時間の都合がつく限りヨーロッパ各国を渡り歩き、決して観光ガイドだけではわからない現地の情報を収集。そんな情報を元に、ヨーロッパの生の観光情報と留学に必要なIELTS対策を紹介中。