絶景が眩しい!スロベニア最古の街プトゥイで訪れたい7つの観光名所

プトゥイ観光

スロベニア東部にありスロベニア最古の街と言われるプトゥイ Ptuj。

人口2万3千人ほどの小さな街ですが、歴史は石器時代にまで遡る長い独自の文化と歴史を持つ街です。

首都リュブリャナから2〜3時間ほどで訪れることができるため、スロベニアを旅行する人にとっての日帰りや1泊観光先としても人気。

今回はそんなプトゥイで訪れたい観光名所を紹介します。

1. プトゥイワインセラー

ワインセラー

スロベニアといえば欧州では優秀のワインの産地。低価格ながら非常に質の高いワインを作っていると近年欧州市場でも注目を集めるようになって来ました。

そんなスロベニアで最古のワインセラーがプトゥイにあります。

5ユーロほどから非常に上質なボトルワインを購入できるためお土産にも最適。オススメを聞くと色々とテイスティングさせてくれるので、お気に入りを見つけてみてはいかがでしょうか。

また、ガイドツアーに参加すると地下にある貯蔵庫などを見学できるので、興味がある方は公式HPを参照してください。

概要

英語: Ptuj Wine Cellar
スロベニア語:Ptujska klet vinarstvo
住所: Vinarski trg 1, 2250 Ptuj
公式HP: http://www.pullus.eu/

2. 聖ジョージ教会

プトゥイ旧市街にあるカトリック教会。9世紀にゴシック様式で建設されました。

その後損傷を受けるたびにルネサンス様式、バロック様式による修復を繰り返して来ましたが、依然として建設当時のゴシック建築部分も残っていることから貴重な文化財になっています。

内部は13〜15世紀に作られたもので、美しいフレスコ画や彫刻、ステンドグラスなど装飾品に目を奪われること間違いなし。

現在一般公開の時間が制限されているため、ゆっくりと見学したい方は朝早い時間に訪れることをお勧めします。

概要

英語: St. George’s Church
スロベニア語: Ptujska klet vinarstvo
住所: Slovenski trg, 2250 Ptuj
公式HP: http://www.prostija-ptuj.si

3. オルフェウス・モニュメント

聖ジョージ教会の前に設置されているオルフェウスモニュメント。オルフェウス Orpheusの神話の1場面が描かれています。

ローマ帝国時代にこの地を統治していた行政官の墓石の標識として2世紀頃に建設されたもので、スロベニアに残るモニュメントとして最も古いものとされています。

この写真を撮影した際は修復中のためカバーが掛けられていましたが、修復後再度設置される予定になっています。

概要

英語: The Orpheus Monument
スロベニア語: Orfejev spomenik
住所: Slovenski trg, 2250 Ptuj

4. フランシスコ会聖ピーター・パウロ教会/修道院

13世紀に設立され、現在に至るまで修道院として機能しているフランシスコ会修道院。

その横には聖ピーター・パウロ教会が併設されています。

モダンな造りながらゴシック様式の非常に美しい内外観が特徴。

ステンドグラスのデザインが特徴的なので是非ゆっくりと見学してみてください。

概要

英語: Franciscan Monastery of St. Peter and Paul
スロベニア語:Minoritski samostan Sv.Petra in Pavla
住所: Minoritski trg 1, 2250 Ptuj

5. プトゥイ城/博物館

プトゥイ城

プトゥイの街を見下ろすように丘の上にそびえ建つプトゥイ城。12世紀のザルツブルク大司教座による統治中、ハンガリー人の侵略から街を守るために要塞として築かれました。

現在内部ではプトゥイ独自の歴史や文化に関する展示が行われている博物館となっています。

プトゥイ城の城壁越しから見る旧市街の景色はまさに絶景。オレンジ色の屋根と教会の尖塔がまさに中世ヨーロッパの姿を映し出しています。

概要

英語: Ptuj Castle
スロベニア語: Ptujski grad
住所: Na Gradu 1, 2250 Ptuj
公式HP: http://pmpo.si

6. ドミニコ会修道院/市立博物館

13世紀にドミニコ会修道院として設立され、その後複数回の修復・改築を経て現在の姿になったピンク色のファサードが特徴の建物。

現在の外観は17世紀から18世紀にかけて様々なバロック手法を取り入れられて改築された姿となっています。

現在はプトゥイ城と同様市立博物館の一部となっており、内部では修道院にまつわる史跡や歴史、プトゥイの公文書など様々な展示が行われています。

概要

英語: Dominican Monastery/Regional Museum Ptuj Ormož
スロベニア語: Dominikanski samostan
住所: Muzejski trg 1, 2250 Ptuj
公式HP: http://pmpo.si

7. クレント・フェスティバル(2月)

スロベニアに2月に訪れる際には絶対欠かせないのがプトゥイで行われるクレントフェスティバルKurentovanje。

2月の初旬から中旬にかけて、街の中心部では毎日フェスティバルが開催されます。このお祭りのメインイベントはその名の通り「クレント」。

ヨーロッパ版ナマハゲとも言えるユニークな文化で、悪霊を取り除き、幸せや豊作、そして春を呼び寄せると信じられています。

野獣のような被り物をつけた男たちがその前や中で全身につけた鈴を鳴らしながらお店や家などを周っていく姿を見ることができるでしょう。

最後に

いかがでしたか?

スロベニア最古の街、プトゥイの観光名所を紹介しました。

この地に長くから続く独自の文化を持ち、他のスロベニア都市とは少し違った雰囲気を感じさせるプトゥイ。

首都リュブリャナからも2時間程度で訪れることができるので、日帰りや1泊旅行に是非足を運んでみてください!

スロベニアで鉄道旅するなら!

スロベニア全土をくまなく観光する際に活用したいのがスロベニア国鉄。リュブリャナを中心に、人気観光地であるポストイナやブレッド、マリボルやプトゥイなど様々な都市に路線網が伸びています。

そんなスロベニア国鉄の乗り放題パスであり、博物館など多くの観光名所が無料となるスロベニアユーレイルパスは超お得。

日本で事前に購入できるため、現地で英語が通じずに困ったりといった心配は無用。乗り放題なため突然の予定にも対応できます。

スロベニアをくまなく堪能したい方におすすめです!

プトゥイ観光

皆さんのシェアが次の記事執筆に繋がります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です