事前予約可!リュブリャナーザグレブ間の安心高速バス紹介

FLIXバス

スロベニアの首都リュブリャナとクロアチアの首都ザグレブ。2都市間はバスで3時間程度の場所に位置していることから、両都市を周遊する旅行者の方が多くいます。

主にアクセス方法としては鉄道とバスがありますが、本数が多くフリーWi-Fiなども完備された高速バスでの移動がお勧め。

今回はそんなリュブリャナーザグレブ間を移動する方向けにおすすめな、欧州最大規模の格安高速バス会社であるFLIXバスを使った移動方法を紹介します。

1. FLIXバス予約

ザグレブとリュブリャナ間は様々なバス会社が直通便を運行していますが、オンラインで事前に予約ができる会社は限られています。

現地バスターミナル内券売所で乗車当日にチケットを購入することも可能ですが、満席のため希望する時間帯のバスに乗車不可ということもしばしばありますので、あらかじめ予定が決まっている場合には事前予約が可能なバス会社の利用をお勧めします。

欧州最大手のバス会社、FLIXBUSは各都市間を非常にお得な価格で運行しており、ザグレブーリュブリャナ間ももちろん運行中。

FLIXBUSのHPにアクセスし発着地と時間帯を指定することで、事前予約が可能です。

乗車券の購入方法はいたってシンプルですので、最低限の英語がわかれば特に困ることはないはず。

支払いはクレジットカードで行い、決済後すぐに登録したメールアドレス宛に乗車券が届きます。

乗車券はQRコード付きのPDFファイルで届きますので、そちらを印刷して当日乗車時に運転士に提示するようにしてください。

乗車券には予約済みのバス番号、停留所の場所、荷物の持ち込み制限について(1人あたり23kg1つまで)、緊急連絡先などが書かれています。

2. リュブリャナバスターミナル

リュブリャナバスターミナルはリュブリャナ中央駅正面にあり、小さな券売所を兼ねた待合室と屋外のバス乗車口によって構成されています。

バスは紐で吊るされた行き先案内に従ってごと所定の停留所に止まりますが、FLIXバスの停留所は、行き先に問わず全て「FLIXBUS」と書かれたバス停留所に停車するため、特に迷うことはないはずです。

リュブリャナ中央駅の目の前の車線から通りに沿って50m程いくと、FLIXBUSのロゴとともに道路にも大きく「FLIX」と書かれた場所があるので、そこでバス到着予定時刻の15分前から待つようにしてください。バス停留所番号「30」が割り振られています。

非常に場所はわかりやすく案内されていますが、どうしてもわからない場合にはバスステーションのチケット売り場で乗り場を確認するといいでしょう。

バスの乗車券購入時に送られてくるQRコード付き券売機にもバス停留所の詳細な場所が書かれていますのでそれも参考にしてください。

尚、ザグレブ行きのバスはリュブリャナが始発ではないことがほとんどですので、10−30分程度の遅延はよくあります。バスが定時にこなくても、おそらく他の乗客も同じ場所で待っていると思うので心配になることなく待っていてください。

3. ザグレブバスターミナル

ザグレブバスターミナルは、ザグレブ中央駅の東端にあり、リュブリャナバスターミナルと違ってとても大きく立派な作りとなっています。

FLIXバスが発着するプラットフォームはその時間帯によって変わるので注意が必要です。

ザグレブからリュブリャナに向かう際のバス発着場所は、予約時にメールで送られてくるQRコードつきの乗車券に記載されています。

乗車券でバスの発着プラットフォームナンバーを確認し、出発予定の15分前には停留所前で待つようにしてください。

4. 国境審査

道中、スロベニア側とクロアチア側で2回の入出国審査を受ける必要があります。

2018年現在、クロアチアはシェンゲン協定未加盟のため、両国ともEU加盟国ではありますが国境通過客に対して全員審査があります。

バス運転手から指示がありますが、国境審査ポイントに到着したらパスポートを持ってバスを降り審査ゲートへと向かいましょう。

スロベニア側からクロアチアに入る際には、スロベニアの出国スタンプ(シェンゲン協定加盟国出国)とクロアチア入国スタンプの2回がパスポートに押印されますが、クロアチア側からスロベニア側に入る際には、クロアチア側の出国スタンプが押されないことが大部分のようです。

尚、特に週末を中心に国境での渋滞が見られ、特にクロアチア側からスロベニア側に入る際には予定よりも30分-1時間程度の遅延が発生する可能性があるので、事前に念頭にいれておいてください。

5. 最後に

いかがでしたか?

ザグレブーリュブリャナ間を移動する際には事前にオンライン予約が可能なFLIXバスの利用がおすすめ。

車内ではフリーWi-Fiも利用可能なため、乗車中にインターネットを使って観光情報などを調べることも可能です。

欧州高速バスの業界最大手で、使用しているバスも新しく綺麗なものが多いので安心して利用することができます。

是非、FLIXバスを駆使して中央ヨーロッパ周遊旅行を楽しんでください!

海外旅行のお供に!

ヨーロッパ40カ国で使用できるポケットWiFiルーターならユーロデータbasic!

クロアチア・スロベニア旅行の際に是非持っていきたいのがポータブルWi-Fiルーター。

ユーロデータ のWi-Fiルーターは通信量超格安の定額で、通信会社が提供する海外パケット放題などに申し込むよりもずっとお得。

日本から持ち込んだ携帯であっても、国際電話や海外ローミングによる高額請求を気にすることなくインターネットにつなぐことができるようになります。

もちろんLineやFacebookメッセンジャーを使えば通話も可能ですし、何よりGoogle mapを使えば現地で観光情報を調べる際に重宝すること間違いなし!

FLIXバス

皆さんのシェアが次の記事執筆に繋がります!

3 件のコメント

  • 興味深く拝見致しました。
    わたしもflixでバス予約しようとしたのですが、住所入力のCountryの選択肢に日本が存在しないのですが、何を選ばれましたか?あるいはホテルの住所にされました?
    ご回答頂けますと幸いです。

    • コメントありがとうございます。
      僕は普段イギリスの住所を使うので気づきませんでした。
      今見てたところ、住所が必要になるのは正式なInvoiceの発行のためだけのようですので、国名は適当に入れてしまっていいと思います。
      もともと欧州などの国籍があるわけでないので、特に気にすることはありません。
      ここでいうInvoiceは欧米諸国で採用されているVAT(付加価値税)という税金の支払いを正式に証明する書類で、日本にはそもそもVATがないので発行してもしなくても特に使うことはないです。
      ちなみに確定申告などで使えるような支払い金額などがしっかりと記載されている支払い明細は、invoiceの項目にチェックをつけてもつけなくてもどのみち発行されるのでご心配なく。

      • 早速のコメントありがとうございます。失礼しました、invoiceにチェック付けてました。チェック外したら、住所聞かれてないので、、大丈夫そうです!ありがとうございます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です