やっぱり日本が1番!世界に誇れる日本のすごいところ10選

海外生活をしていると、日本という国がいかに凄いかをしみじみ実感することがあります。事実、海外留学や海外経験のある人は一様に「日本が一番」というもの。

今回は北欧に住んでいる留学生目線で、日本がすごいと思えるところを10項目紹介して行きます。

1. 列に並ぶ

当たり前、と思うかもしれませんが日本の列に並ぶ文化は本当に洗練されています。

エスカレーターでは奇妙なほど一列に左(関東の場合)に並び、反対側は必ず開ける。バスに乗るときも電車に乗るときも列に並ぶというのが当たり前のように染み付いています。

「整然とした国民」と自慢げに語るスウェーデンやイギリス人も列は作ります。ですが、いざ満員になったり混雑したり、少しでも余裕がなくなると我先に押し合いなんて当たり前。「我々も列に並ぶ」と誇らしく言っている割には、大したことありません。

南欧なんていったらもはや列という概念はありません。通勤時間はおしくらまんじゅう状態当たり前。我先にとなだれ込んでいきます。「東京の満員列車がやばい」みたいな事をよく言われますが、乗っているストレスを考えたら圧倒的に日本のほうが快適です。

きちんと列を作って整然と並ぶ姿をみると日本の良さをしみじみ感じます。

2. 食文化

日本の食文化は本当に誇れます。まずそのバラエティーの広さと洗練された調理法。日本中どの地域にも郷土料理があり、内陸でも海沿いでも、新鮮な魚が食べられるというのは世界の常識的には考えられません。

ヨーロッパでは刺身は海沿い限定、しかもサーモンなど一部の魚種をレストランで食べる場合に限られ、それ以外のスーパーで買ってきた魚を生で食べるなんていうのはほとんど自殺行為。調理法も、オーブンに入れるだけ、煮るだけ、のようなかなり大雑把なものがほとんど。

日本食は今世界中で注目されていますが、おそらく本物の日本食は日本人が日本で作らない限りは無理。食材、調理法、包丁さばき、何をとっても比になりません。

3. どこも綺麗

日本の洪水の後に地下通路に溜まった水が透き通ってて凄い、みたいな報道は実はヨーロッパでもありました。

まだモラルのない人は多くいますが、それでもポイ捨てをしたりする人は欧米と比べたら少なく、人混みの渋谷や新宿でさえほとんど散らばったゴミを見かけることはありません。

こちらではゴミは散らかってて当然。ゴミ掃除の人がいるから道路を汚そうが自由、みたいな考えの人も多く、ポイ捨てには罪悪感すら感じていません。歩きタバコも当たり前。ですので大体道路掃除が入る夜中の前は、どこもゴミ箱からはゴミが溢れ、道路に投げ捨てられたゴミが氾濫なんていうのは日常茶飯事。

そもそも清掃業者以外の人が公共の場所を掃除する、という文化があるのは日本の凄いところです。

4. 本音と建前

日本人のコミュニケーションの難しさに、本音と建前の使い分けがあります。これにはいい面と悪い面があるのはもちろん事実で、時にははっきり言ってくれと思う事もあります。ただ思いやり、という精神がその背景にはあると考えればやはり素晴らしい国民性です。

一方、欧米諸国ではYes or No。曖昧な答えはありません。本音と建前の使い分けをするというスウェーデンでさえ、日本のレベルとは比になりません。気に入らないものはNo。行きたくなければNo。興味がなければNo。相手に合わせるなんていうことはなかなか起こりません。

日本の相手をいかに傷つけずに気持ちを伝えるか、という心遣いには感動します。

5. 公共マナーの良さ

他の項目にもつながりますが、やはりマナーの良さは凄い。列に並ぶ、ポイ捨てしない、電車の中で通話しない、音漏れ気にする、大声で騒がない、これらのような「周りの人への配慮」というのが日本人は本当にすごいと感じます。

「音漏れして何が悪い、俺が聴きたい音で聞いてんだ」くらいのノリです。周りから初めて指摘されて、少し遠慮することはあっても、最初から周りに配慮して行動をするということを彼らはしてくれません。

6. 日本語が共通語

日本にいる限り日本語が通じないエリアは今の所ありません。最近は移民も増えてきましたが、それでも日本語が共通語。今住んでいる海外からの移民も、日本語をしっかり習得してくれている人が多いのも嬉しいところ。

パリやロンドンでは首都にもかかわらず英語やフランス語といった母国語が使えないエリアがあります。私が住んでいるスウェーデンでも、アラビア語しか使えないエリアがかなりあります。

日本のアイデンティティとして、日本語が日本中でしっかり使えるというのは1つの誇れる所です。

7. 治安

いうまでもなく日本の治安はいいです。一部繁華街ではまだまだ少し怖い所はありますが、命に関わるようなことにはなりません。

北欧諸国も治安がいいとは言われますが、東京等日本の繁華街の人口密度を考えれば、そもそも比較をするのがおかしいことに気づきます。ロンドンやパリでは、エリアによっては夜間の外出ができないところもありますし、首からカメラをさげて歩くなんていうのはスリの格好のマト。

スウェーデンでさえここ数年爆破事件や銃撃事件がかなり増えてきており、実際私の滞在している街マルメでも移民通しのトラブル等で被害者が射殺される事件が度々発生します。

日本の治安の良さは半端じゃありません。

8. 良い対外イメージ

先人たちが築き上げてきてくれたおかげで、日本のイメージは本当にいい。はっきり言って、未だにヨーロッパは白人至上主義。差別をなくせといっている彼らでさえ、根のどこかに白人が優位で黄色人種を下目に見ていることはよくあります。

お店に入った時など結構失礼な態度してくる人もいますが、日本から来たというと態度が突然フレンドリーになったり、なんてことはかなり頻繁に経験します。

日本のイメージを聞いてもあまり悪いことを言う人はいませんし、日本人として自分の国を誇れるのは幸せなことです。

9. 低い失業率

日本の失業率が3%台だと言うと本当に驚かれます。経済大国のドイツやイギリス、世界一幸福と呼ばれるノルウェーでさえ日本よりも上。

スペインに至っては失業率20%以上、20代の失業率は4割にも昇るとスペイン人の友人が言っていました。イタリアも失業率は10%以上、かなり多くの若い人がイギリスやドイツへの就職や就学を目指して国を離れています。

スウェーデンでさえ、道を歩けばどこにもホームレスやロマ(ジプシー)。スーパー1つにつき最低1人はコイン集めの人がいるくらい。10代や20代のホームレスもよく見かけます。

日本は就職活動が厳しいなど問題点はありますが、それでも失業率の低さは世界有数です。日本の経済規模ってやはりすごいんだと思います。

10. 物価の安さ

日本は物価が高い、と多くの人が感じています。さらに国際的にも東京は物価が高いと思われています。確かに周辺途上国と比べたらそうかもしれませんが、実際のところ欧米と比べたら全然いい方です。

500円でランチが食べられることが当たり前のように思えますが、北欧では500円じゃコーヒー1杯とクッキー1つが精一杯、イギリスでもサンドイッチ1個買えるかどうかっていうレベルです。

牛丼に生卵と味噌汁ついて500円、1000円出せば豪華な食事、5000円出せばちょっとしたコース料理が食べられる。こんな国って先進国ではなかなかありません。

スウェーデン発のH&Mやイケアも日本で買ったほうがずっと安いですし、イギリス発のアパレルブランドも日本で買ったほうが安い。物価が安いおかげで生活の質が上がります。

最後に

完全に偏見に基づいているかもしれませんが、海外生活をしている留学生目線で日本の誇れる所を10項目紹介しました。

他にもあげればきりがないんですが、やっぱり住んでいて都だと感じるのは日本。色々問題点も多いですが、問題かかえてるのは日本だけじゃないですし、実態生活としてやはり日本に住んでいるのが一番QOLレベルが高いです。

多くの海外在住の人が日本に戻りたいという気持ち、日本にいる外国人が帰りたくないという気持ち、よくわかります!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でYama 北欧留学中をフォローしよう!

気に入ったらシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です