最強カメラ決定!オリンパスOM-D E-M1 MarkⅡ開封レビュー

ついに買ってしまいました。OM-D E-M1 MarkⅡ。オリンパスの一眼カメラのフラグシップモデルで、最新のテクノロジーが見事に詰まった高級ミラーレス機です。

発売当初から気になっていたものの、中級モデルであるE-M5 MarkⅡを購入した直後だったり、その実売価格(約23万円)というハードルの高さのためしばらく敬遠していましたが、ついに手に入れました。

今回はその喜びとともに開封レビューをお届けします!

1. 購入の経緯

海外旅行おすすめカメラ

今まで筆者はオリンパスの同じシリーズ中級モデルであるOM-D E-M5 MarkⅡというモデルを使用しており、その性能や画質などにはほぼほぼ満足をしていました。

手振れ補正機能や防塵防滴など、カメラ界の中でも最高レベルの機能には特に気に入っていましたし、留学中の旅行等の撮影にはほぼ100%連れていったほど。

ただ、その中で段々と質のいいプロレンズなど少し大型のレンズを購入するようになってくると、逆に小さなE-M5のボディとのバランスが気になるようになり、特に小さなグリップ部分のおかげで持ち辛さを感じることが増えてきました。

それだけならいいのですが、たまに落としそうになるなどちょっと心配事も増えてきたことや、さらには16Mピクセルの画素数にも若干物足りなさを覚えるようになったため、E-M1 MarkⅡの買い増しを決意することになりました。

ちなみに、決定打は何かというと、、、昨年のポンド暴落時にちょうど滞在していたイギリスで700ポンドで購入した展示品の12-100mm F4.0レンズを、なんとマップカメラで10万円近い値段で買い取ってくれたこと。。。

2. 開封レビュー

外装

E-M1 Mark2

というわけで、12-100mmの下取りで手に入れた10万円と、昔使っていたEマウントレンズの売却で資金を捻出し、OM-D E-M1MarkⅡをひいきにしているマップカメラ で購入しました。

不思議なことに?下位モデルであるOM-D E-M5 MarkⅡよりもひと回り箱が小さく、また外の箱カバーがなかったりと、コンパクトになっていました。

付属品

OM-D

中を開けて見ると、カメラ本体はカバーに包まれ、その他付属品は小箱に仕切られて梱包されています。

オリンパスのミラーレス

というわけで、ひとまず全て外に取り出してみました。

カメラ本体に、取扱説明書やストラップ、小型のストロボと充電キットなど一通りのものが入っています。

にしてもちょっとメカメカしくてレトロなオーラも出している黒いボディに惚れ惚れ。

カメラ本体

ミラーレス本体

早速カメラ取り出して、手元にあった75mm F1.8をつけてみました。カメラとレンズのバランスが抜群です。E-M5 MarkⅡにつけていた時は、なんとなくボディの小ささのおかげでアンバランスな印象があったのですが、さすがにフラグシップ機とはベストマッチしています。

EM-1 Mark2

説明書を読まずに直感的に操作ができるのは、OM-Dモデルの共通。手元のダイヤルがバランスよく配置され、操作性もミラーレス機としては抜群だと思います。

自分で機能を割り当てられるファンクションキーもE-M5 MarkⅡよりも増えており、今まではメニューを開いて選択しないといけないような操作もワンタッチで設定可能になっています。一瞬を争う撮影にも対応できるフラグシップモデルならではの設計と言えるでしょう。

オリンパス

モニターは2軸可動式液晶。好き嫌いはあるようですが、極端なハイアングル、ローアングルにも対応できるため個人的には結構気に入ってます。

またビューファインダーは236万ドットのものでE-M5 MarkⅡと同様。明るくシャープにうつるのでMFにも十分対応できるのはもう既に経験済みです。

3, 最後に

オリンパス OM-D E-M1 MarkⅡの開封レビューをお届けしました。

値段が20万もする高級ミラーレスということもあって、既に可哀想なくらい酷使されているE-M5 MarkⅡのような使い方が出来るかは心情的にわかりませんが、これから大活躍してくれることは間違いありません。

当面はE-M5 MarkⅡとE-M1 MarkⅡの2台体制で行きたいと思っています。

既に試し撮りも行なっているので、作例が増えてきたらまたレビューを紹介したいと思っています。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でYama 北欧留学中をフォローしよう!

気に入ったらシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Yama

1988年 横浜生まれ。2016春よりスウェーデン南部マルメ、2017年夏より英国ロンドンに大学院留学。その間北欧ほぼ全ての都市を廻る。 留学に必要なIELTS対策と北欧を中心としたヨーロッパ観光のエキスパートとしてブログを運営中。