Fika i Sverige

北欧スウェーデンで海外留学中。留学準備や英語(IELTS)対策、北欧雑貨を含むスウェーデンでの日常や北ヨーロッパ旅行に役立つ情報を紹介。

                    

古都ウィーン撮影!スマホ用広角レンズ+iPhoneが最強過ぎる

      2016/12/01


本ブログでは旅行のお供に最適ということで、スマホ用セルカレンズを紹介してきました。非常に小さいにも関わらずスマホカメラの写真を化けさせてくれる逸品です。

実は普段からもちょくちょくブログ記事の写真としては使ったりしているのですが、今回は私が普段使用しているオススメセルカレンズの製品レビューもかねて、オーストリアの古都ウィーンを街歩きしながらスナップ写真を撮ってきましたのでご紹介します。

これ一つで、SNSに投稿するための写真が一段も2段も化けるのでおすすめですよ!

スポンサーリンク

1. 使用セルカレンズ

セルカレンズとは、スマホやタブレットのカメラに取り付けることで、一眼レフと交換レンズを用いて撮影したようなダイナミックな写真を撮る事ができるスマホ専用外付けレンズのことを言います。

私のオススメはこちらのAUKEY広角レンズ、他の同種のレンズを突き放して、いい写りを残してくれます。

旅行に持っていくなら誰がなんと言おうと広角レンズがベストです。セルカレンズについての詳細はこちらの記事で紹介してます。

2. 撮影レビュー

それでは本題の撮影レビューに入ります。今回はあえて比較のために、同じ場所の写真をセルカレンズ装着前後で比較しながら、その画角の違いを皆さんにご紹介します。セルカレンズの性能の効果を見ながら、美しいウィーンの町並みも楽しんでください。

全てiPhone6sで撮影した写真です(右:通常、左:レンズ装着)。写真のプロではないのでどうしてもセンスがない感じになっているのはご了承ください。

a. 風景スナップ(遠景)

ウィーンの一番有名な礼拝堂であるシュテファン大聖堂。この大聖堂がある広場は実は周囲にショップが取り囲んでいることからなかなか狭く、限界まで下がっても通常の撮影では尖塔が映り込みません。

こちらはリヒテンシュタイン公爵家の庭園宮殿(ガーデンパレス)。やはり、歩行者路が定められており、また街路樹もあることから通常撮影では建物が全部入りきりません。

よくあるシチュエーションが、立派な建築物などを撮影しようとした時にどうしても収まりきらない!ということがあります。後ろに下がれればいいのですが、障害物があり下がれない、下がると他のものが写ってしまうなんていうことは日常茶飯事。

そんな時に広角レンズがあると見事に全体像が1枚に収まりますし、主役の対象物だけでなく周囲の街の風景も一緒に切り取ってくれます。

また、広角レンズを使うと、このように奥行きを強調してくれる効果もあり、空間の広がりを写真から感じる事ができるようになります。

b. 風景スナップ(近景)

ウィーン歴史地区の何気ない花屋さん。

広角で撮影したほうが「ただの花屋の写真」ではなく「街の中にある花屋の写真」と街の一部ということが強調されて雰囲気が出ますね。また奥行きが出ることから、ダイナミックさが追加されています。

c. 室内

見事な装飾と天井画が美しい聖ペトロ教会の内部。

博物館や教会など、室内での撮影では収めたいものを写真にするのが意外に難しいですよね。広角レンズを使用したことで、祭壇だけではなく天井画まで1枚の画の中に収めてくれます。

また広角レンズを装着した状態でパノラマ撮影を行うと左右だけでなく上下の広がりも強調したダイナミックな写真を撮る事ができるようになります。

d. セルフィー

シュテファン大聖堂をバックにセルフィーをしてみました。通常の撮影方法だとバックをしっかり入れるというのが難しいのですが、広角レンズがあるとかなり広い範囲が簡単に一緒に写し込めます。

このように背景をしっかりといれたセルフィーだけでなく、大人数でのセルフィーなどにも有用です。

また奥行きを強調するという特徴を利用して、背を高く見せたり、痩せて見せさせるなんていうことも出来ちゃいます。

3. 最後に

いかがでしたか?中欧オーストリアの古都ウィーンの観光地を広角レンズを使って切り取ってみました。

スマホカメラ用の外付けレンズということで、もともとのカメラ性能の問題やレンズそのもののクセも多少あるため、一眼レフの本格広角レンズと比較すれば全てが完璧とは言えません。

ですが、この価格で、本格広角レンズのような広い範囲の景色をダイナミックに撮影したり、セルフィーを撮ったりするのに大変有用なアイテムでした。

旅の思い出作りを盛り上げるグッズとしては史上最小にして最強です。

注意点としてはカメラ機能をたくさん使うとかなり電池を食います。旅先で充電がなくなった!という事態は避けたいところ。特に海外では充電スポットを探すのは容易ではないのでこのような小型かつ大容量のモバイルバッテリーを一つ持ち運ぶと安心です。

旅行の写真は一生の思い出、せっかくなら少しでも印象的な写真で残したい、そんなあなたにポケットサイズの広角セルカレンズ、おすすめですよ!