最強・最恐の評判?欧州LCC王者ライアンエアー搭乗記

本ブログでも度々登場するヨーロッパの最強格安航空会社LCCライアンエアー。巷ではその評判や口コミを見ているとそれはもう酷いもので、二度と乗らない、荷物制限が厳しすぎる、なんていう情報が広がり、今では敬遠される動きがあります。

一方で、そういう悪評はライアンエアー側も随分と認識しているようで、最近はサービスも改善されてきたなんて話も聞かれます。

そんなライアンエアーにこの度乗ってみたのでレビューを紹介します。空港の情報はすべてコペンハーゲンのLCCターミナルです。

追記
ライアンエアーのメインハブであるダブリン空港ではやや事情が違ったので、最後に追記しました。

1. ライアンエアー

格安の代名詞、ライアンエアー。今回はコペンハーゲンからダブリンまでの往復チケットを予約しました。

そのお値段、早く予約をすれば普段はなんと往復で3000円程で手に入ります。ただ私の場合は、スーツケースの預け入れが必要だったこともあり、1段階上位のチケット(プレミアムエコノミーに相当?)「Leisure」を1万3千円程で購入しました。

ちなみにコペンハーゲンからベルギーのブリュッセルまで800円なんていうチケットもかなり頻繁に売られており、実際に何度か10ユーロ以下の航空券を使用した事があります。

先に結論から言うと、少し高くつきますが日本人の「一般の」旅行初心者にはこの「Leisure」がおすすめです。

2. Liesureチケットの特徴

Leisureをおすすめする理由はいくつかあります。キャンセルや変更時の手数料等はあまり考慮する必要がない場合がほとんどだと思うので省きますが、特に日本人的に嬉しいのが

・事前座席指定無料

・優先搭乗&プライオリティ待合室(空港による)

・スーツケース預け入れ1つまで無料

の3つです。ライアンエアーは安いチケットでは自由席になるので座席争奪戦のため早くから行列ができますが、なかなかその並び方がエゲツないのでこの優先搭乗&専用待合室は嬉しいところです。

3. チケット印刷

ライアンエアーの予約後に重要なのは、事前にオンラインチェックインが必要なこと、そしてその際各自搭乗券を印刷するということです。

この搭乗券を印刷するという一手間を忘れて空港にいくとペナルティで60ユーロ程取られるので注意してください。ちなみに携帯の画面で搭乗券バーコードを見せるというのもNGです。

4. 必須のVISAチェック

日本人の場合、必ず搭乗前に空港のカウンターにいきビザチェックというものを受けなければなりません。これはライアンエアー特有のルールなのですが、たとえシェンゲン圏内の移動や日本人がビザの必要のない国であっても必須です。

ですので、空港に2時間前に行くということが指示されるため、かなり時間のゆとりを持つ必要があるというデメリットがあります。

ライアンエアー搭乗方法

このビザチェックを受けると、自分で印刷した航空券にこのような赤いスタンプが押されます。

このスタンプがない状況で万が一搭乗口まで行ってしまうと、飛行機目の前にして有無を言わさず搭乗拒否という災難に見舞われるので注意です。(荷物検査や出国手続きは問題なく出来るのですが、搭乗口のライアンエアー係員に拒否されるという事が起こります)

他の人のレビューを見ると何例か、搭乗拒否を食らったというのがあるので絶対に覚えておいてください。ただ、一応自分で印刷する航空券には推奨タイムスケジュールが書いてあります(写真右下)のできちんと見ておけば問題はありません。

ちなみに、噂にあった手荷物の重さを測ったり、サイズを見たりということはありませんでした。ビザチェックの際にあからさまに手荷物の許容を超えるような荷物を持っていると突っ込まれるのかもしれませんが、そこまで厳しくしているようには感じませんでした。

ライアンエアーでは、55x40x22cmの大きな手荷物とハンドバッグの合わせて2つまで機内に持ち込む事ができます。

5. LCC専用ターミナル

LCCターミナル

通常ライアンエアーを含むLCCを利用する場合にはLCC専用ターミナルが用意されている事が多いです。今回利用したコペンハーゲンの空港もその1つ。

LCC専用ターミナルは手荷物検査場を抜けて免税店エリアを超え、さらにそこから15分程度ひたすら歩いていく空港の最果てにありました。はっきり言ってお年寄りにはきついと思います。そして配管むき出しの無機質な空調もあまりよくないターミナルに小さな売店が1つという最低限の設備しかありません。

ライアンエアー評判

ちなみにお分かりでしょうか。フロアの高さが地面と同じ高さにあります。つまり搭乗デッキというものがありません。これは空港使用税・使用料を安くするためにLCCではよく見られる方法で、大抵徒歩で搭乗するか、バス移動で沖止めの飛行機まで行くことになります。

6. ゲート前搭乗手続き後

通常は搭乗ゲートで搭乗手続きを行うとそのまま機内へ乗り込みますが、LCCの場合はちょっと事情が違うことが多くあります。

搭乗手続きを行いゲートの中に入ると、まずは待合室で待機となります(コペンハーゲン国際空港の場合)。全搭乗客を待合室にいれた後に、一斉に機内へ乗り込みを行う為です。ここで先ほどの「Leisure」チケットのプライオリティ力が発揮されます。

まず優先的にゲートでの搭乗手続き後待合室に誘導されます。そして大抵の場合そこでは椅子が用意されており、本当に機内に乗り込むまで座って待つことが出来ます。

こちらの写真はプライオリティ客用の待合室で椅子に座りながら撮った写真。あまり写ってませんが左側には蟻の行列級の列が、、、

ライアンエアー

プライオリティではない安いチケットの場合はどうなるか。搭乗ゲートでの優先客の搭乗手続き&待合室誘導後に一般客の搭乗手続き&待合室誘導が開始されます。この時の待合室は先ほどのプライオリティ客とは別のエリアに通され、そこは1列にずらっと並ぶよう指示されます。

さらにライアンエアーはプライオリティ客と追加料金を払って座席指定をした場合を除き自由席なので、搭乗手続き開始前かなり早くから並んでいる人がいます。

つまり、搭乗手続き前からゲート前に並び、搭乗手続き後も待合室で並び、さらにそのあと搭乗のためにも並び(後述)ということでかなり体力を消耗する可能性があります。やはり高齢者は不可です。

7. 搭乗・機内

ライアンエアーおすすめ

全搭乗客が手続き後待合室に入ると、今度は駐機場側のドアが開けられます。つまり歩いて飛行機へ向かいます。晴れても雨でも雪でも変わりません。

ここでもプライオリティは発揮されます。まず長い行列を横目に、先に機内へ案内され、そして自分の事前指定した席を確保することができます。もちろんプライオリティ客の人数はさほど多くないので、搭乗に行列ができることもありません。

ライアンエアー最強

一般のお客さんはというと、優先客の搭乗後に一斉に飛行機へ向かいますが、見ての通り飛行機備え付け(よくある可動式のタラップではなく、飛行機側に備え付けというのがポイント)の梯子のような階段で搭乗するので、必然的に長い行列が、、、そして搭乗前に待ち構えるのは急な階段。

やはり高齢者は使うべきではありません。赤ちゃんを連れていたりすると大変そうです。

8. 座席

ライアンエアーの座席

ライアンエアーはコスト削減のために全機ボーイング737−800というタイプを採用しています。

座席ははっきり言って狭いです。通常の航空会社のエコノミークラスからさらに拳2つ分狭くしたような感じでしょうか。座席を狭くする分、シート前ポケット等もすべて省かれています。リクライニング等は出来ない仕様で、もちろんモニター等のエンターテイメント設備もありません。

体格の大きな人は少し辛いかもしれません。

ちなみに、LCCの特徴として、到着後ほとんど清掃する時間もない中折り返し運行ということが頻繁に行われるため、床に多少のゴミが散らばっていたり、シートの上にポテトチップがおっこっていたりということはしばしばあります。

こればかりは運としかいいようがありませんが、経験的には2回に1回は汚い印象があります。

9. 機内サービス

キャビンアテンダントはかなりフレンドリー、言い方を換えれば結構適当でラフ。ズボンからシャツが出ていようと気にしないような感じです。

ライアンエアーの特徴として、キャビンアテンダントはシートベルトサイン消灯後、空飛ぶセールスマンになります。コーヒー紅茶から始まり軽食、機内販売までとにかく売ろうとセールスをかけてきます。

ノルマがあるのかもしれません。結構頻繁に商品紹介のアナウンスをしたり、ディスカウントを持ちかけたり、次回使える割引クーポンが当たるスクラッチくじを売りにきたり、、、笑

scratchtickets

まぁ別に完全スルーでも構いませんし、ほとんどの人が何も買ってないんですが、私はコーヒー一杯だけ購入しました。

10. 運行

基本的に目的地へ飛ぶ、ということに関しては他の航空会社と変わりません。定時運行率も高いそうですのでその点はあまり心配はないのでしょう。

逆に、定時運行率を高める為に、たとえ目の前に飛行機が止まっていても、ゲート締め切り時刻が1秒過ぎると絶対に遅れた客を乗せてくれないという厳しさがありますので、遅れることだけはないようにしてください。

最後に

追記
ライアンエアー本拠地のダブリン空港を含む多くの空港では搭乗前の待合室はありません。すなわち搭乗ゲートで手続き後はそのまま歩いて機内へ向かいます。よってPriorityを持っている場合でも専用待合室はないので、他の航空会社同様優先搭乗ということで先にゲートをくぐることができます。

結構散々に書きましたが、もう1回使うか?と言われれば、やはり安さは魅力的ですので答えはYESです。ただこの3つの条件付きです。

  1. 時間に余裕が有る
  2. 3時間以内のフライト
  3. 航空券の値段が他より圧倒的に安くて4桁以下

やはりフルサービスの航空会社に慣れていると結構衝撃も大きいですが、それ以上にあの価格で飛行機を使えるということだけで衝撃なのです。この値段では細かいことは言えません。

逆に絶対使わない条件はこちら。

  1. ほんの少し多く払えばフラグシップキャリアを使える
  2. 乗り継ぎが必要
  3. 到着後重要な用事がある
  4. 荷物が多い

ちょっと不便で、ちょっと面倒で、あまり快適じゃない、その程度です。今回はプライオリティでの搭乗記を紹介しましたが、そうでない場合も何度も使っています。列に延々並んだりちょっと大変なこともありますが、別に早く着くわけではありませんので移動手段と考えれば問題ありません。

やはり最安値だと東京→小田原の電車賃でヨーロッパ各国を結ぶライアンエアーの凄みは無視できません。

少なくても、若者の旅行で使う分には問題はないと思います。実際ヨーロッパで旅客運搬数最大というだけあって広く支持されています。

ヨーロッパ周遊の旅行を検討されている方はスカイスキャナー で是非目的の航路を検索してみてください。まず一番上にライアンエアーが出てきてませんか?是非トライしてみてください!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でYama 北欧留学中をフォローしよう!

気に入ったらシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Yama

1988年 横浜生まれ。2016春よりスウェーデン南部マルメ、2017年夏より英国ロンドンに大学院留学。その間北欧ほぼ全ての都市を廻る。 留学に必要なIELTS対策と北欧を中心としたヨーロッパ観光のエキスパートとしてブログを運営中。