Fika i Sverige

北欧スウェーデンで海外留学中。留学準備や英語(IELTS)対策、北欧雑貨を含むスウェーデンでの日常や北ヨーロッパ旅行に役立つ情報を紹介。

                    

ワルシャワ発LOTポーランド航空搭乗後評価 その②

      2016/09/12

ポーランド航空

以前、成田~ワルシャワ間のポーランド航空プレミアムエコノミークラス搭乗記をご紹介させていただきましたが、今回は例に漏れずワルシャワ~成田間のプレミアムエコノミーを再度利用したので、再度ご紹介させていただきたいと思います。

今回は軽めの内容にしていますので、前回の記事と合わせてお読みください。

スポンサーリンク

1. アップグレード成功

ポーランド航空口コミ

ポーランド航空のプレミアムエコノミー、およびビジネスクラスへのアップグレードは入札制度を採用しており、エコノミークラスのチケットを購入した場合、搭乗前1週間頃にアップグレードオファーが届きます。

この際、アップグレードを希望する場合には、希望(プレミアムエコノミーorビジネス)とそれに対して支払う価格を入札します。だいたい日本~ポーランド間の場合、片道あたりプレミアムエコノミーアップグレードは2万円弱~、ビジネスクラスアップグレードは6万円~から入札が可能なようです。

搭乗48~24時間前になると、アップグレードが成功した場合にはその案内メールが届き、祝アップグレード完了となります。

以前は成田~ワルシャワ間で最低入札額の約1万9千円でアップグレードを獲得しており、味を占めていたため、今回も最低入札額でオファーを出したところ、見事にアップグレードされました。夏季の最も混雑する時期でさえアップグレードを最低額で出来るので、現状あえて高い入札希望額を出す必要はないように思います。

実際、今回搭乗した便もまだプレミアムエコノミー、ビジネスともに結構空席がありましたし、機内でもアップグレード希望者いないか募っていたので、比較的落札成功率は高いのではないでしょうか。

2. 機体

ポーランド航空

ポーランド航空の長距離線は現在全てボーイング787(通称ドリームライナー)を使用しています。前回利用時は新しい機体にもかかわらずちょっと落書きがあったりしましたが、今回の機体はとても綺麗でした。

プレミアムエコノミー

プレミアムエコノミーでは座席も広々、リクライニング角度も大きいので快適に長時間過ごすことができます。

3. アメニティ

プレミアムエコノミーでもらえるアメニティは東京~ワルシャワ線と同じでしたので、詳しくはこちらの記事をお読みください。もちろん前回絶賛した厚いブランケットももちろんありました。

4. 機内食

ポーランド航空評判

ポーランド航空のプレミアムエコノミーの場合、機内食もエコノミークラスから随分とレベルアップしたものが提供されます。ANAの場合、プレミアムエコノミーの食事ははエコノミークラスと同じ、飲み物とデザートが少し違うくらいなので比較になりません。

ワルシャワ~東京間ではこのように各々メニューが配布されました。

離陸後

ポーランド航空機内食

説明は不要です。ビジネスクラスは別としても、見るからに美味しい機内食ってあんまりないですよね。今回は洋食を選択しましたが、美味しいです。妥協とか抜きにして美味しいです。前回同様CAによりバスケットで運ばれてくる暖かいパンも嬉しい限り。

ドリンクもワイン、ウイスキーを始め様々な種類のドリンクを複数銘柄用意しており、食前、食後とも好きなだけいただくことができます。。

着陸前

LOT機内食

東京~ワルシャワ線では着陸前の食事は洋食のみでしたが、ワルシャワ~東京線では日本食の用意もあるようです。成田着が9時前の予定ですので、朝食メニューになります。

今回もまた洋食を選択してしまいましたが、(機内の日本食は100%マズいと勝手な偏見のある)日本食も見ていて美味しそうでしたよ。

5. サービス

プレミアムエコノミーの場合、専属のキャビンクルーが2名~3名ついているようでしたが、皆とても親切で高級ホテルマンのようにホスピタリティ高めでした。ぶっきらぼうに仕事だけしているオーラのある外資系が多いだけあってかなり高ポイントです。

また機内には往路同様、日本語を話すポーランド人クルーも2名乗っていましたので、英語が不安な方にとっては何かあった時でも安心です。

ポーランド

トイレも清潔に保たれていましたし、このような一輪のバラが飾られているあたりポーランドらしさを感じました。

6. マイル

マイル

ポーランド航空はスターアライアンスメンバーですので、ANAのマイルを貯めることができます。プレミアムエコノミーの場合、マイル加算率も高いのでお得です。

私の場合(ANAのプラチナメンバーのANA SFC ゴールドカードホルダー)は、加算マイルは5384マイル(片道)、プレミアムポイントは5784ポイントでした。

最後に

いかがでしたか?ポーランド航空のプレミアムエコノミー2回目ですが、やはり裏切られることなく大変満足しました。

【JTB海外航空券】手配・発券手数料 0 円 !リアルタイム空席検索で楽々予約

ただでさえポーランド航空の欧州行きチケットは安いのに、プラス2万円弱でプレミアムエコノミーに乗れるのは非常にお得です。まだ就航したばかりで利用者が少ない、日系航空会社とのコードシェアをしていないというのも、アップグレードがしやすい理由かもしれません。

ヨーロッパ現地オプショナルツアー一覧はこちら

またANAのただちょっと席が広くなるだけのプレミアムエコノミーとは比較にならないほどクオリティーが高いので、今後もチケット取れたら利用したいと思います。是非みなさんもお得で快適な空の旅を!