イギリスシェアNo.1!LCCの王者Flybe搭乗レビュー

イギリス国内を飛行機で旅をする際に、最もお世話になる可能性が高い航空会社、Flybe。イギリスの国内線では圧倒的なシェアを誇るとともに、欧州各国へのフライトも行なっています。

今回はエディンバラからカーディフへの移動にFlybeを利用したので、その際の搭乗レビューを書いていきたいと思います。

1. フライビー Flybe

イギリスに本社を置く格安航空会社の1つですが、格安航空会社の代名詞であるイージージェットやライアンエアーと比較すると少し値段設定は高め。

ブリティッシュエアの子会社でもあったBA Connectを吸収合併し、現在ではイギリス国内の各空港を結ぶ主要な航空会社になっています。

2. 予約・発券

フライビーの予約は、他の航空会社と同様、公式ホームページ上から行います。オンラインチェックインに対応している他、空港でのチェックインが無料で出来るのがライアンエアー等と違うところです。

また、航空券の印刷に関しても、自宅で印刷してももちろんOKですが、空港のセルフチェックインマシーンにて印刷することができます(無料)。

航空券を自分で印刷しないと罰金、なんていうことはありません。その点はフラグシップキャリアと特に対応は変わりませんでした。

3. 使用機材

今回塔乗した機材は、 Embraer 195でした。フライビーの保有機材はプロペラ機が大部分なのですが、今回使用したルートのような都市と都市を結ぶような路線では、それなりの定員数があるジェット機での運用を行なっているようです。

3. 塔乗

塔乗方法については、他のLCCと同じく、外を歩いて飛行機まで向かいます。飛行機備え付けの少し急なタラップを登るので、足元が不自由な方や小さな子供は気をつける必要があります。

ですが、フライビー自体は地域を結ぶリージョナルジェットの位置付けで、格安航空色が薄いのでもちろんお年寄り等も多く利用していました。

4. 機内

フライビーの機内は超シンプル、余計なものが何もありません。足元はやや狭目で余裕はあまりありませんが、かろうじてライアンエアーやイージージェットのようなTHE格安航空会社よりは広いように感じました。

リクライニングの機能は付いていませんでした。

内装も特に変わったところはなく、グレー一色、これといった特徴はありません。

CAの対応もいたって普通、ですがホスピタリティは概して高めな気がしました。搭乗員みなフレンドリーで、少なくともイージージェットのようにキレるCAのようなタイプはいなさそうです。

5. 機内サービス

機内サービスは他のLCC同様、全て有料です。メニューが各座席に備え付けられているので、そちらを見て必要であればオーダーします。

ライアンエアーのような何が何でも何かしら売ってやる!のような押し付けがましいことはなく、機内販売にストレスを感じることはありませんでした。

6. トラブル時の対応

トラブル時の対応を実際にレビューしているサイトはほとんどないでしょう。

実は今回、濃霧により飛行場の全便がキャンセルになるという自体に見舞われ、翌日へと振替になるという経験をしました。

LCC利用時のトラブルは初めてだったので結構焦ったのですが、結論からいうと全く問題ありませんでした。

飛行機全便がキャンセルになるということで、全航空会社の全カウンターに結構な行列ができたのは想像の通りで、それなりに長い時間並ばなければなりませんでした。

ですが、当日の宿泊場所を必要な乗客に関しては全員分近隣のホテルを確保(シングルルーム可)してくれ、さらに翌日の便へその場で変更する手続きを行いました。

ちなみに、宿泊場所の確保が不要な人(自宅へ戻る人など)は、列に並ぶ必要がなく、オンライン、もしくは空港のチェックインマシンにて便の振替が可能だったようです。

翌日の振替フライトは、航空会社が早朝に用意したチャーター便で、キャンセル便の乗客全員が朝に目的地に戻れるような手はずを整えてくれました。もちろん都合が悪い場合には、他の便への移動も可能でした。

7. 最後に

そんなわけで、Flybeの塔乗はトラブル時の対応も含め、概して満足のいくものでした。

位置付けとしては格安航空会社ですが、利用に際してストレスを感じることもほとんどありません。日本でいうところのAirDoやスカイマークの位置付けといった感じでしょうか。

スカイスキャナー

Flybeの航空券の検索は、スカイスキャナーからも可能ですので、イギリス国内の旅行の際には是非利用を検討してみてください。個人的には多少ライアンエアーやイージージェットより高い程度であればFlybeの利用をお勧めいたします。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でYama 北欧留学中をフォローしよう!

気に入ったらシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA