コスパ抜群!オーストリア航空の欧州域内搭乗記

以前は日本にも直通便が来ていたオーストリア航空ですが、2016年の9月をもって日本から撤退し、中国路線を拡充する方針にいってしまいました。

ですが欧州内の移動には依然として高いシェアを誇っており、欧州周遊旅行の際には使いやすい航空会社の1つです。

そんなオーストリア航空を欧州域内ウィーン〜コペンハーゲン区間で搭乗する機会があったので、今回はエコノミークラス搭乗レビューを簡単に紹介します。

1. 使用機材

austrian_airlines

今回搭乗した機材はエアバスA320-200型でした。

大きな機材ではないものの他社便と比較して空席が比較的多く、3人シートの真ん中はほとんどの座席で空席となっていました。

3人がけを2人で座れると、両側の肘掛けを独占できたり、隣の人の肩や足を気にする必要がないため居住性がかなり上がります。

航空券も高いということはないので、オーストラリア発着の便を使用するにはかなりコストパフォーマンスがいいように思いました。

2. 座席

2016-09-20-09-41-06-2

イージージェットやライアンエアーといった格安航空会社に慣れているということもあってか、前後・左右幅共かなり広く感じました。

欧州域内の短距離線で利用されているエコノミークラスとしてはおそらくシートピッチが一番広い部類に入ると思います。

またシートポケットが高い位置にあるため、膝の部分にゆとりが大きく、どう浅くシートに座っても足が前のシートにつくということはありません。

3. 機内サービス

オーストリア航空搭乗レビュー

欧州内の移動だとLCCではなくてもコーヒー紅茶のみ、という航空会社も結構ありますが、オーストリア航空はそれに加えて各種ジュースも選択できます。

また時間帯によって軽いサンドイッチもしくはお菓子が配られるようです。私の時はチョコレートのお菓子かスナック菓子をどちらか選べるようになっていました。

4. CAの対応

CAの対応はまさに「The 外資系」という感じ。日系のように愛想振りまく事もなく淡々と仕事をするという感じです。

ですが決して冷たいわけではなく、サービス対応もしっかりしてくれるので問題はありません。英語のなまりも少なく、理解しやすい話し方をしていました。

5. ウィーン国際空港

ウィーン国際空港

オーストリア航空がハブとして利用しているのがウィーン国際空港。実はこのウィーン国際空港はトランジットに必要な時間が短い空港として有名で、乗り継ぎ客の評判が高い空港です。

また、シェンゲン域外から入域しパスポートコントロールを受ける際も、他の主要ハブ空港と比較して待ち時間が早いという特徴もあります。

実際私が入った時も、パスポートコントロールをわずか10分程度で通過できました。

空港から市内へはバスや複数路線による鉄道など大変アクセスがよく、空港利用の際には何のストレスもありませんでした。

6. 最後に

オーストリア航空は大手航空会社のため、他のフラグシップキャリアと比較しても特段大きな変わりはなく、フルサービスの普通の航空会社という感じでした。

スカイスキャナーで航空券比較検索

ですが、概して航空券の料金が安い事が多く、しかも空席率も高めなことが多いということを加味すると、予定さえ合うならば利用の価値の高い航空会社のように思います。

またスターアライアンスメンバーですので、ANAのマイルを貯める事も出来ますし、上級会員であれば空港ラウンジや優先レーンを使用することが出来ます。

総評としては十分にお勧めできる航空会社の1つです!

海外旅行のお供に!

EUおすすめWi-Fi

ヨーロッパ専用Wi-Fiルータ(周遊対応):ユーロデータ

海外旅行の際に是非持っていきたいのがポータブルWi-Fiルーター。

ユーロデータのWi-Fiルーターは通信量超格安の定額で、通信会社が提供する海外パケット放題などに申し込むよりもずっとお得。

日本から持ち込んだ携帯であっても、国際電話や海外ローミングによる高額請求を気にすることなくインターネットにつなぐことができるようになります。

もちろんLineやFacebookメッセンジャーを使えば通話も可能。現地で観光情報を調べたり電話で連絡を取ったりと重宝すること間違いなし!

気に入ったらシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Shun

1988年 横浜生まれ。アイルランド、スコットランドへ短期留学後、スウェーデン南部マルメ1年留学、さらにその後英国ロンドンに大学院生として留学。北欧やバルト3国の大部分の都市・街を周遊し北欧の文化や観光情報にも精通。 留学に必要なIELTS対策と北欧を中心としたヨーロッパ観光情報をブログにて紹介中。

RELATED POST関連記事