ストックホルム市庁舎であの空気を堪能!ノーベル賞晩餐会の会場見学

ストックホルムは皆様もご存知の通りスウェーデンの首都であるとともに北欧最大の都市で、ノーベル賞の授賞式が行われることでも有名です。

多くの日本人研究者がノーベル賞を受賞することは、日本人としても誇りに思うとともに、自分のモチベーションにもつながってきたりします。

今回はストックホルム観光の定番中の定番でもあり、そんなノーベル賞受賞者のための晩餐会が行われるストックホルム市庁舎を紹介します。

1. ノーベル賞晩餐会会場

ノーベル賞受賞者晩餐会は授賞式会場であるコンサートホールから移動し、City Hall(ストックホルム市庁舎)で晩餐会へと招待されます。

国会議事堂などが近くにあるにもかかわらず、世界的なノーベル賞の晩餐会はあくまで1地方自治体の市庁舎で行われるというのがすごいですね。

ちなみに授賞式自体は今の所、市内にあるコンサートホールで行われています。現在、近いうちにノーベル博物館と一体化した大きな専門の施設を建設しそちらに授賞式会場を移すという計画がされてはいるようです。

2. 市庁舎の歴史

ストックホルム市庁舎

ノーベル賞の晩餐会会場となるストックホルム市庁舎は1923年に完成しました。こういう建物って一見すると築数百年とかしそうなものなんですが、まだ実は築100年にもなっていない新しい建築物です。

市庁舎の外装はヴェネツィアのドゥカーレ宮殿(総督館、Palazzo Ducale)を意識して作られており、洗練されています。日本の早稲田大学、大隈大講堂の建築の際にストックホルム市庁舎のデザインを参考にしたと言われています。

ストックホルム市庁舎

こちらは正面エントランスとなります。では中に入ってみましょう。実際にプライベートでは入ることができず、ガイドツアーに申し込む必要があります。

スウェーデン語だけではなく、英語のツアーも毎時行われているのでそれに申し込みましょう。内部は世界各地の建築の技術やデザインを取り入れており、部屋が変わるごとにその大きく変わる雰囲気に驚かされます。

3. 青の間

青の間

視聴者内部に入って一番最初に通過するの大広間、こちらが晩餐会が行なわれる有名なBlue Hall(青の間)です。

ここで説明されるなぜ青の間と呼ばれるのか、というストーリーがなかなか面白い。

当時はイタリアのピアッツァを模して「青空教室」のように天井無しで中庭のようにする予定だったのですが、しかし、寒く雪も多いスウェーデンではそうもいかず、、、。結局天井を付けざるを得ず、代わりに天井に空の絵を、壁を空のように「青く塗装予定」だったそうです。

しかし、実際にはレンガの色が美しく、青に塗装をする計画は中止。にもかかわらず、建設途中の時点で青の間という名前があまりに有名になりすぎ定着してしまい、そのまま現在まで呼ばれ続けているということです。

実際に、この場でノーベル賞晩餐会が行われている映像を見ると広く感じるのですが、実際は意外に狭いことに驚き。 しかもここに1300人集まります。

つまり何が起こるかというと超高密度。

ノーベル賞晩餐会

国王・大統領クラスは横幅70~80cm、それ以外の出席者は横幅60cmと決められています。

隣の人と腕ぶつかってナイフとか使えなさそう。。。 たださすが食器類は洗練されています。 ちなみにこの食器類はスウェーデン国内で購入することができますし、一部はこの市庁舎のお土産店でも販売されています。

こちらが市庁舎のメインでもある市議会場。こちらは先ほどとは大きく雰囲気が変わりヴァイキング様式で作られています。天井のデザインが本当におしゃれです。

4. ヴァイキング様式の市議会場

ストックホルム市庁舎

左右で与野党が分けて座るとともに、議員数も男女同数だそうです。

そして上には傍聴席とメディア席があり、議会開会中はたとえ観光客であっても傍聴が可能ということで、非常にオープンな議会ということをアピールしていました。

5. プリンスのギャラリー

議会場を抜けると小さな教会を通過し、プリンスのギャラリーへと向かいます。こちらはユージン王子が右の柱側の壁にストックホルムの街並みのフラスコ画を描いたことから命名されたとか。

写真ではわからないのですが、左の窓から外を見ても、右の壁の絵を見ても同じ景色が見渡せるようになっています。

なんとスウェーデン国民であろうとなかろうと、ここで結婚式を挙げることができます。ショートバージョンとロングバージョンを選べます。 ショートバージョンは30秒、ロングバージョンはなんと3分も式を挙げられます! 

さらに、カップラーメンより短い結婚式を求めて半年待ちなんだとか。 そりゃ思い出にはなると思いますが、、、30秒の結婚式ってどうかのかなぁ。 。。

6. 晩餐会ダンス会場 黄金の間

黄金の間

続いてこちらはノーベル賞晩餐会のダンスホールとなる黄金の間。 なんとも言えないエスニックさがあります。 こちらはローマのピザンチン建築から来ているとか。

真ん中にいるのがストックホルムでは特別の意味のあるメーラレン湖の女神で、小さくてわかりずらいですが膝の上にストックホルムの街並みを乗せています。左側には西洋を代表してニューヨーク(自由の女神)やパリ等の有名建築が、右側には東欧を代表してエスニックなデザインが描かれています。

つまりストックホルムが世界の中心であるということです。

壁中にモザイク画が埋め込まれており、他にもストックホルムの象徴、聖エリックの絵もありました。

写真がなくて申し訳ないのですが、なんとここでもトンデモない事件が。デザイナーが寸法間違えに気づかず足元から作っていった結果、なんと首から上が無くなってしまったという痛恨のミスを犯しました。しかも直す時間もお金もなくそのまま完成させてしまった、なんていうトンデモデザイナーだったようです。

いずれにせよ合計で2000万枚の金箔を用いて制作されていて圧巻の迫力です。

7. 最後に

いかがでしたか?

人気No.1! 欧州旅行者・周遊者専用格安Wi-Fiレンタルはこちら

ノーベル賞晩餐会の会場となる超メジャー観光スポットですが、それ以外にも見所は満載です。ストックホルム観光の際にはマストなので、是非ガイドツアーに参加してみてくださいね。

ちなみにノーベル賞についての資料館としてはこの市庁舎とは別にノーベル博物館がガムラスタン内にあります。ノーベル博物館についてはこちらの記事も御覧ください。

スウェーデン観光の際におすすめしているのがこちらの本になります。

「北欧が好き!」はコミックなので読みやすく、にもかかわらず情報も詰まっているので私の好きな本の1冊です。地球の歩き方等とは違う切り口で横道からコアな所までカバーしているので楽しく下準備ができますよ!

筆者厳選ストックホルムで泊まるならここ!

ホテルの詳細:スカンディック コンチネンタル

スカンディックはスウェーデン最大の中〜高級ホテルチェーンとして知られ、どこも客室は北欧デザインで飾られていて非常におしゃれ。スタッフも質も高く、非常に評判のいいホテルです。

ストックホルムは宿泊料金が非常に高く設定されているところが多いですが、ここは駅の目の前という利便性にも関わらず料金抑えめ。観光名所であるガムラスタンや市庁舎など全て徒歩圏内になっています。

便利で快適なスカンディックコンチネンタル、ストックホルムの旅をする際には絶対オススメです!

気に入ったらシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Shun

1988年 横浜生まれ。アイルランド、スコットランドへ短期留学後、スウェーデン南部マルメ1年留学、さらにその後英国ロンドンに大学院生として留学。北欧やバルト3国の大部分の都市・街を周遊し北欧の文化や観光情報にも精通。 留学に必要なIELTS対策と北欧を中心としたヨーロッパ観光情報をブログにて紹介中。

RELATED POST関連記事