Fika i Sverige

北欧スウェーデンで海外留学中。留学準備や英語(IELTS)対策、北欧雑貨を含むスウェーデンでの日常や北ヨーロッパ旅行に役立つ情報を紹介。

                    

魔女の宅急便の世界を堪能!魅力的な夜のストックホルム旧市街地散策

      2016/07/14

ストックホルム

近年は北欧人気すごいですよね。北欧って言うだけで何かおしゃれな気分がします。

スウェーデンの観光地の代表といえば首都ストックホルム、その中にある有名観光地の中の1つが旧市街ガムラスタン Gamla stan(英語:Old Town)です。ガムラスタンは魔女の宅急便の舞台となっており、その街並みが映画でも見事に再現されていました。

多くの人気スポットがこのガムラスタン内に位置しており、ストックホルム観光をするにあたってガムラスタンを歩くというのは欠かすことができません。

しかしながら、世界中から人が集まるということもあって、どうしても日中は多かれ少なかれ混雑しますし、静かに町歩きというのはなかなか難しいのも事実です。そこで今回は是非皆さんに夜のガムラスタン歩きをご紹介したいと思います。

ちなみに夜歩きといいますが、夏季は夜の12時近くまで明るいので、真っ暗を想像している方はイメージが少し違うかもしれません(冬季は逆に夕方には真っ暗です)。

 
スポンサーリンク

1. 安定した治安

まず海外での夜歩きをするときにどうしても気になってくるのが、その場所の治安です。スウェーデン自体が元々治安がいい国で有名ではありますが、近年では移民の増加などで場所によっては夜歩きを避けたほうがいい場所もありますし、また歓楽街等では特に女性の一人歩きは注意が必要です。

しかしながら、もちろん最低限の注意をするということはいうまでもありませんが、ガムラスタンについて言えば夜であっても治安はとてもいいですし、女性であっても特に問題ないと言えるのではないでしょうか。事実女性の一人旅らしき方をよく見かけます。

それにはいくつか理由はあります。

ガムラスタン内は基本的に宿泊施設も含めかなり物価が高く、夜ここに滞在している人は、ガムラスタン内の住人かハイクラスの観光客が多いということ(夜は物乞いやロマもいない)、安酒を飲めるようなバーはないため賑やかな若者集団や、酔っ払いもほとんどいないということ、が挙げられます。

そしてなにより、ガムラスタン内にはストックホルム王宮があるため、夜間でも現役の軍人(衛兵)や警察がそれなりの人数巡回していますので、そういう意味でも安心感はあります。

IMG_0004

2. 日中とは別の顔

路地散策

ガムラスタン夜

日中は人通りが多いガムラスタン内ですが、夜になると静寂に包まれます。月夜の明かりとオレンジの街灯に石畳が照らされ、なんとも幻想的になります。人通りも衛兵等を除いてほとんどないため、昼間はただ通り過ぎるだけの路地もじっくりと街並みを見て回る気分にさせてくれます。

まさにヨーロッパの旧市街の雰囲気ですよね。ちなみに空はまだ青いのにお気づきかもしれませんが、これは夜の10時頃です(6月中旬)。街灯と建物の壁の色、石畳、すべてが見事に融合しています。

そしてこちらがモーテン・トローツィグ通り Mårten Trotzigs gränd です。スウェーデンでちゃんと名前の付いた最も狭い通りとして有名です。幅90cm、すれ違い不可です。日中は子供がスパイダーマンのように登って遊んだりしていました。

こういうなんでもないトンネルも夜になると趣がでます。キキが走り回ってそうな感じがしませんか?

ドイツ教会

ドイツ教会

どこからでも目を引く高い尖塔が目印のドイツ教会 Tyska kyrkan。ガムラスタン Gamla Stan の特徴でもあります。夜はこのライトアップのおかげで、ガムラスタンの外からでもその存在感を感じることができます。周囲の黄色やオレンジ、赤色の建物とのコントラストがはっきりしており、浮き出る美しさ。iPhone6での撮影でさえこんなに綺麗に写るので、一眼レフカメラ等あればもっと美しく撮れるんでしょうか。

ストールトルゲット広場

ガムラスタン

ガムラスタンの紹介写真によく使われるのがストールトルゲット広場 Stortorget。昔は処刑場として使われていた場所ですが、現在はノーベル博物館や多くのカフェが並び、日中はとても賑やかな広場です。日中でも十分に美しい広場ですが、さらに夜はしっとりとした幻想的な雰囲気に。

ちなみに昼夜を比較してみると一目瞭然。雰囲気ががらっと変わりますね。

フィンランド教会

アイアンボーイ

そしてニッチなスポットのフィンランド教会にある14センチの像、アイアンボーイ、別名「月を見上げる少年」も月明りに照らされ、さらに哀愁が増しました。本当に月を見上げています。

3. 最後に

いかがでしたか?治安もいいスウェーデンだからこその夜のガムラスタン歩き、新しい発見がたくさんあると思います。是非昼だけでなく夜も散策してみてくださいね!

スウェーデン観光の際はおすすめのガイドブックとしてはこれら3冊を是非参考にしてください。いずれも異なる切り口からスウェーデンの魅力を紹介しているので、たとえ旅行をしなくても北欧好きな方は楽しめると思いますよ。特に最近出版された「北欧が好き!」はコミックなので読みやすく、私のイチオシです。

また日中のストックホルム観光など、個人での散策が不安な方は現地発着のオプショナルツアーを紹介しているサイトがありますので、こちらも参考になるかと思います。

゜:*★スウェーデンのオプショナルツアー予約VELTRA / Alan1.net★*:°

ヨーロッパ各地の旧市街夜散策の記事を他にも書いています。もしよければ読んでみてください。