Fika i Sverige

北欧スウェーデンで海外留学中。留学準備や英語(IELTS)対策、北欧雑貨を含むスウェーデンでの日常や旅行に役立つ情報を紹介。

                    

スウェーデン鉄道旅に必要なチケットをお得に事前購入する方法

      2016/04/23

train-445392_960_720

スウェーデン国鉄SJのホームページが全面リニューアルしたようで、現在仕様が変更になっています。新しい予約方法についてはこちらの記事を御覧ください。

参考にはなると思うので旧仕様の記事も残しておきます。

本ブログではスウェーデンの魅力を多く皆様に知ってほしいので、スウェーデン国内の周遊旅行をお勧めしています。

スウェーデン旅行=ストックホルムと考えている方も多いのですが、実際にはスウェーデンには多くの観光地があり、国土も比較的広い事から地域をまたがって旅行する際には飛行機もしくは列車を使用するとこになります。

今回はスウェーデン国内の移動に便利なスウェーデン国鉄SJの切符の取り方をご紹介します。

スポンサーリンク

1. 早割で格安切符を買おう

基本的に短距離(エリア内)の鉄道を利用する場合にはZone制となっているため、切符の価格は常に一定で変動することはありません。よって、現地で列車に乗る直前に窓口や自動販売機から購入すれば十分です。

しかしながら、長距離列車や高速鉄道の利用を検討している場合には、航空券と同様に時期や時間帯によって料金に変動が生じます。基本的には、予約は早ければ早いほど安く、閑散期や朝夜の時間の方が安い傾向があります。

よってすでに日本から旅行を検討しており、ある程度日程も決まっている場合には事前に列車の切符を買っておく事がお得な旅行には必要になってきます。

2. スウェーデン国鉄SJ AB (Statens järnvägar aktiebolag)

スウェーデンの主要な鉄道会社の1つにSJ ABがあります(日本のJRに相当)。SJ ABはスウェーデンの南部を幅広くカバーしており、ストックホルム、イエテボリ、マルメ等スウェーデン3大都市を網羅するほか、デンマークのコペンハーゲンやノルウェーのオスロ、ドイツのベルリン等にも乗り入れを行っています。

SJ AB

高速鉄道SJ2000(X2000)/SJ3000を使おう

スウェーデン国内の主要都市間の移動を各駅停車で行うのは体力的にも時間的にも辛いところがあります。ですので、スウェーデン版新幹線であるSJ HighspeedのSJ2000(旧X2000)もしくはSJ3000を使いたいところです。

スウェーデン国鉄

速い・広い・静かの快適列車旅

SJ2000の技術は中国の特急列車にも採用されており(というより1台だけ輸出したら全部パクられたらしい。笑)、高速鉄道車両として国際的にも認知されている車両です。最高速度は210km/hと早く、そして車体傾斜機能のおかげでカーブで減速したり揺れを感じる事はありません。

車体傾斜機能

カーブに進入すると車体ごと傾斜するのですが、その量がすごいんです。乗った人しかわかりませんが、車窓から線路しか見えなくなるくらい傾きます。

そして津波等がある日本では考えられないほど海や湖沿いを走ります。その距離場所によっては数メートル。

スウェーデン列車旅

内装は飛行機よりも広く、クッションの効いたシートのため快適です。ほかにもボックス席や会議も出来そうなテーブル席、静かに過ごしたい人向けのサイレントシート等色々なバリエーションの座席が準備されています。もちろんWifiは完全装備です。

3. スウェーデン国鉄SJ Highspeed切符の購入方法

英語版公式HPへアクセス

まずはスウェーデン国鉄HPに行ってください。英語のHPが用意されています。

SJ予約方法

目的地と日時を入力

上部の検索窓から出発地・目的地と希望の日時を入力してCONTINUEをクリック。人数の追加は”Add a traveller”のところから追加してください。

how to book

希望の列車とクラスを選ぼう

すると検索画面がでますので、希望の時間帯の鉄道にチェックをつけましょう。

スウェーデン国鉄予約方法

Non-rebookable: 変更不可
Rebookable: 変更可・キャンセル不可
Refundable: キャンセル可(返金)

基本的に日程が確定されている場合には一番安いNon-rebookableチケットで十分だと思います。

ÖresundstågというのとSJ high speedと2種類ありますが、Öresundstågはデンマーク国鉄が運行する車両です。時間もかかるし値段も高いのであえて選ぶ理由はないでしょう。

1stクラスと2ndクラス

2ndクラスでも十分快適ではありますが、1stクラスになるとさらに広い座席、専用の添乗員、そしてコーヒーやスナックの無料サービス等が受けられます。また1stクラスは基本的に主要駅の改札口に一番近い車両のため長いホームを歩く必要がありません。

機内食の追加や座席指定も可能

次の画面に移ると座席指定のオプション選択や食事の追加画面になります。SJ高速鉄道は基本的に指定席になっています。

座席種別の選択

SJ座席

通常の座席のみならず、テーブル付きやペット可の席、車椅子や障がい者用、半個室、サイレントゾーン等も追加料金なしで選択することができます。もちろん通路側や窓側の指定も可能です。

ホットミールの注文も可能

列車内で食事を楽しみたい方はプレオーダー限定で注文できます。その場合列車乗車後に車掌兼パーサーが食事の時間を聞きに来てくれ、その時間になるとテーブルをセットしてくれたり、食事の用意やドリンクのオーダーを取ってくれます。

本日のホットメニュー(ドリンク付き)89 SEKなので日本円にして1300円位でしょうか。他にも色々なオプションがありますが、価格的にはスウェーデン国内ということを考えると決して高いわけではありません。事実多くの人が注文しているようで、列車内はいい匂いに包まれます。

スウェーデン列車旅

内容の確認をしよう

次の画面で予約詳細の確認画面となりますので間違いがないか確認しましょう。軽食のオプションをつけた例を出しています。

スウェーデン国鉄の予約方法

問題なければ最後に右下の”Pay”をクリックしてください。

旅客情報入力と支払い方法の選択

最後に、乗客の情報を入力します。

スウェーデ鉄道の旅

Delivery methodはチケットの受け取り方法です。基本的に日本からは郵送等無理なのでE-ticket(メール受け取り)を選択しましょう。

Payment methodについてはクレジットカードでの支払いになりますので”Payment Card PA”を選択してください。FINISHボタンをクリックした後カード情報の入力画面へと推移します。

以上にてスウェーデン国鉄のチケットの購入手続きは終了です。支払いが完了するとメールで英語の領収書が送られてきます。

4. チケットの印刷は各自で

チケットは領収書メールから少し遅れて同じくメールで送信されてきます。こちらのメールはスウェーデン語ですが、添付ファイルだけが重要なので、特に気にする必要はありません。乗車には印刷したチケットと身分証(パスポート)が必要ということが書いてあるだけです。

Billet(Ticket)はA4の紙1枚です。基本的には定時運行ですので心配はいりませんが、不安な方はSJのトップページより運行情報の確認をすることができます。当日ホームで出発のホームを確認して乗り込みましょう。改札口はありませんので車内検札となります。

スウェーデン国鉄予約方法

5. レイルヨーロッパで日本語予約

英語での予約が心配で日本語で予約をしたい場合は、レイルヨーロッパ(スウェーデンデイトレイン)がスウェーデンの鉄道切符を取り扱っています。多少の手数料を取られてしまいますが、どうしても日本語でという方にはおすすめです。

ヨーロッパ中の鉄道の切符や周遊パスを取り扱っているため複数の行程や鉄道会社の切符をまとめて買う場合にもいいかもしれません。ヨーロッパ内の列車旅を検討している場合に、鉄道会社以外から切符を購入できる唯一の公式サイトです。

6. 最後に

いかがでしたか?スウェーデン旅行の魅力は鉄道を使った周遊旅行でこそ味わえるものだと思ってます。マルメ、イエテボリ、ストックホルムと魅力な観光地がたくさん待ってますよ!

英語での予約だと少し気が引けてしまいますが、決して難しいことはありませんし日本語でも予約が出来るサイトもあります。ぜひスウェーデン国鉄の切符を事前購入して、スウェーデン周遊旅行を楽しんでくださいね!