【おすすめ周遊ルート完全版】効率優先バルト海・北欧周遊旅行

コペンハーゲンからストックホルム

日本でも北欧の魅力が度々紹介されるようになり、北欧への旅行者が増えてきました。北欧といっても広いので、本来なら1つの国の魅力を存分に味わってゆっくりステイしてほしいのですが、やはりヨーロッパとなると頻繁に行くのも難しく、どうしても密度濃い目な旅行をしたくなりますよね。

そんな欲張りな皆様に、北欧在住の筆者が効率よく、かつ北欧の雰囲気を満喫できるオススメ周遊ルートを皆様にご紹介します。

今回は、旧ソ連系のバルト3国うちアクセスしやすい2国の周遊も付けてみたので、一般のツアーではなかなか味わえない北欧とバルト海の魅力を満喫していただけること間違い無しです!

1. おすすめ周遊ルート

2週間コース

時間をゆっくりと取れる場合のフルコースです。2週間の滞在が出来れば最も充実したルートになること間違いありません。ちなみに移動料金をなるべく安くするために考え抜いた順番なので、もし1〜10全て回る場合は、順番に注意してください。

  1. 日本
  2. コペンハーゲン(デンマーク)
  3. ヨーテボリ(スウェーデン)
  4. ストックホルム(スウェーデン)
  5. ヘルシンキ(フィンランド)
  6. タリン(エストニア)
  7. リガ(ラトビア)
  8. オスロ(ノルウェー)
  9. コペンハーゲン(デンマーク)
  10. 帰国

1週間コース

1週間の滞在しかできないよ!という方はバルト国を省いたこのルートが効率的です。

  1. 日本
  2. コペンハーゲン(デンマーク)
  3. ヨーテボリ(スウェーデン)
  4. ストックホルム(スウェーデン)
  5. ヘルシンキ(フィンランド)
  6. コペンハーゲン(デンマーク)
  7. 帰国

2. 日本から北欧へのアクセス

日本からはスカンジナビア航空(コペンハーゲン行き)、もしくはフィンランド航空(ヘルシンキ行き)を使って北欧へアクセスが出来ます。

北欧周遊をする場合には、コペンハーゲンをベースにした方が便利ですので、スカンジナビア航空の利用がおすすめです。

3. コペンハーゲン(デンマーク)

コペンハーゲン

コペンハーゲンはデンマークの首都、北欧の最大の都市です。コペンハーゲン中央駅から徒歩圏内に主要な観光名所が収まっているので、時間のない周遊旅行でも十分に満喫出来ます。

日中は博物館や宮殿見学、夕方以降は北欧一の繁華街であるストロイエで買い物をして、最後にニューハウンでディナーなんていうのはいかがでしょうか。

主要観光地

  • ストロイエ 
  • ニューハウン
  • アマリエンボー城
  • 人魚姫の像
  • チボリ公園
コペンハーゲンのホテル検索はこちら

日本からのアクセス

日本の主要空港から直通便が1日1便運航しています。時期によっても違いますが、エコノミークラスで往復10万円を切るので北欧への最安値アクセスが可能です。

航空券検索はスカイスキャナーを使用すると、複数航空会社に渡っての格安航空券の検索が可能です。

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

4. ヨーテボリ(スウェーデン)

イエテボリ

ヨーテボリはスウェーデン第2の都市であると同時に、超名門大学であるヨーテボリ大学やチャルマース工科大学等の学生の街でもあり活気に満ち溢れています。通りにはトラムが走り、北欧雑貨やインテリアを扱うお店が非常に多く、とてもおしゃれな街。ツアーではまず来ることはありませんが、北欧好きならおすすめ度No.1です。

ヨーテボリのホテル検索はこちら

コペンハーゲンからのアクセス

飛行機利用

コペンハーゲンからヨーテボリへの最短での移動は飛行機の利用となります。

直通便はスカンジナビア航空しかありません。スカイスキャナーで調べると片道8000円程度でした(5月)。イエテボリの空港からは市内中心部までリムジンバスが出ています。

ヨーテボリ行き

鉄道利用

時間に余裕がある方は、列車利用もおすすめです。コペンハーゲン空港より直通のイエテボリ行き各駅列車(所要時間約3時間)が出ている他、コペンハーゲンの隣町であるマルメ(スウェーデン)からはスウェーデン国鉄の高速鉄道 SJ2000/3000(所要時間2時間半)が出ています。

コペンハーゲン中央駅、もしくはマルメ中央駅でチケットを購入できます。スウェーデン国鉄の高速鉄道は全席指定席で、料金が空席数に応じて変動するため事前に予約をしておくことをお勧めします。当日空席があれば窓口でも購入可能です。

また、もちろん鉄道乗り放題チケットであるユーレイルスカンジナビアパスの利用も可能です。

5. ストックホルム(スウェーデン)

北欧のヴェネチアと呼ばれる水の都、ノーベル賞の授賞式(平和賞以外)が行われることでも有名な北欧最大の都市ストックホルム。旧市街地ガムラスタンには見事な宮殿や教会、お土産雑貨品店にノーベル博物館等、見所には尽きません。

ストックホルムのホテル検索はこちら

ヨーテボリからのアクセス

鉄道利用

ヨーテボリからのアクセスは飛行機もありますが、利便性を考えて鉄道旅がおすすめです。ヨーテボリ中央駅もストックホルム中央駅も市街地中心部にあり大変移動が便利です。

ヨーテボリーストックホルム間もスウェーデン国鉄の高速鉄道SJ2000/3000が運行しています。是非、車窓の景色を楽しんでください。ヨーテボリからストックホルムまで約3時間です。

こちらもヨーテボリ中央駅で当日空席があればチケットを買うことができますが、事前インターネット予約がお得です。

6. ヘルシンキ(フィンランド)

ヘルシンキはフィンランドの首都であり最大都市。

フィンランドは歴史的にドイツ系のハンザ同盟、ヴァイキング時代の列強スウェーデン、隣接する旧ソ連等、戦いの歴史を歩み続けてきた国であるため、様々な文化が融合した新旧折々の街並みを楽しむことができます。特に教会や寺院の洗練されたデザインには息を飲むこと間違いありません。

主要観光地

  • ヘルシンキ大聖堂
  • スオメンリンナ島
  • テンッペリアウキオ教会
  • カンッピ礼拝堂
  • カフェ食堂カハヴィラ・スオミ
ヘルシンキのホテル検索はこちら

ストックホルムからのアクセス

フェリー利用

時間とお財布に余裕がある方はストックホルムからヘルシンキまで船旅はいかがでしょうか。

17:00にストックホルムを出発し翌朝10時頃ヘルシンキに着くタリンクシリヤラインと呼ばれる船があります。いずれの港も市内中心部から近いところにあるので、空港に行く手間が省けて便利です。

航空機利用

時間もお金もない!という方は航空機の利用がおすすめです。スカイスキャナー で調べると片道30ユーロ程度からの航空券を見つけることができます。

ヘルシンキ行き航空券

ちなみに、このNorwegianはスカンジナビア航空に次ぐ北欧の大手航空会社で、主要空港の発着、Wifi無料等も提供している「北欧のLCC勝者」と呼ばれています。

他社のLCC(ライアンエアー等)と比べると遥かにサービスも良く、LCC初心者でも十分に安心して利用できる航空会社です。

この区間では以下の航空会社が直通便を運行しています。

  • スカンジナビア航空
  • フィンランド航空
  • ノルウェーエアシャトル

7. タリン(エストニア)

エストニア夜景

タリンはエストニアの首都、特に旧市街地はタリン歴史地区として街ごと世界遺産登録されているとても美しい街です。

現在はユーロに加盟しており、旧ソ連系の国ですが日本人であればビザ無しで渡航可能です。まだまだ日本人は少ないですが、ヨーロッパの人たちには人気の観光地でもあり、物価も安く治安も良く、見所たくさんのおすすめスポットです。ドイツ帝国、北欧、ロシア帝国等多くの文化の融合を感じ取れるはずです。

タリンのホテル検索はこちら

ヘルシンキからのアクセス

フェリー利用

ヘルシンキとタリンは2つの船会社(バイキングライン、タリンク)が運行しています。タリンクは1日7往復、片道20〜45ユーロですのでお手軽です。

高速船の場合の所要時間は1時間40分。現地でのチケット購入も可能ですが、公式HP(日本語選択可)より事前予約が可能です。

8. リガ(ラトビア)

リガはラトビアの首都、こちらも旧市街地全体が歴史地区として世界遺産登録されています。旧市街の息を飲む美しい街並みにはハンザ同盟時代の文化が強く残っています。

また旧ソ連やナチスドイツによる侵攻も経験していることから、戦いの歴史に関する博物館等も多く残っています。

バルト3国に共通して物価は安く、治安も安定しています。

リガのホテル検索はこちら

タリンからのアクセス

バス利用

タリンからのアクセスにはバスが便利です。バスの発着場所は市内中心部にあり、なんと料金は10ユーロから。

約4時間のバス旅になりますが、1人掛けの1st class(10ユーロ程割高)があり、一般席でもシート間隔が広くリクライニングをすることができます。またWi-Fi完備、飛行機のようなエンターテイメント完備、無料のドリンクサーバー完備と、快適なバス旅が期待できます。

ヨーロッパの田舎の車窓を眺めながら国境を越えるのも面白いですよ。

LUX EXPRESSの公式HP(英語)より予約することができます。

9. オスロ(ノルウェー)

ここでバルト海沿岸国から再び北欧に戻ってきました。

オスロはノルウェーの首都であり、自然と歴史、文化の融合した大変美しい街です。フィヨルドの中の要塞として1094年に設立されて以来、デンマークやスウェーデンの影響を受けながら発展と衰退を繰り返してきましたが、現在では北欧有数の大都市として栄えています。世界で最も物価の高い場所としても有名です。

主要観光地

  • ノルウェー国立美術館
  • 市立ムンク美術館
  • カール・ヨハンス・ガーテ通り
  • ノルウェー王宮
  • オスロ市庁舎
オスロのホテル検索はこちら

リガからのアクセス

航空機利用

airbaltic_by_zavadskis

リガからオスロへのアクセスは飛行機の利用になります。複数の航空会社がこの区間の運行を行なっており、価格もとんでもなく安くなっています(オスロが最後な理由はここにあります)。

スカイスキャナーで調べてみると、さすがヨーロッパというほどの価格競争。

Wizzエアーとライアンエアー(上2つ)はLCCということでオスロの郊外空港着陸ですので、荷物を持っている場合はおすすめできません(バックパッカー向け)。

Norwegianは前述の通りとても信頼出来る北欧大手航空会社、AirBalticはラトビアのフラグシップキャリアです。大きな荷物がある場合には後者航空会社2つのいずれかを利用することをおすすめします。

リガからの航空機

10. コペンハーゲン経由で帰国

日本への帰国は行きと同じくコペンハーゲン空港を利用することになります。ですので、オスロからコペンハーゲンまで戻る必要が有ります。

Norwegianを利用すると片道5000円程度になります。

コペンハーゲン行き航空券

11. 最後に

いかがでしたか?いずれの北欧の都市も、大都市とは言えコンパクトで、特に主要な観光地はほとんどが徒歩圏内、もしくはバスで数駅という範囲にまとまっています。なので時間のない周遊旅行には最適です。

今回はかなり盛りだくさんで密度の濃い北欧周遊旅行のご提案をさせていただきました。2週間程度休みが取れるのであれば是非バルト3国にも足を伸ばしてみるといいと思いますよ! 

鉄道乗り放題 ユーレイル スカンジナビアパス

周遊に鉄道を使った移動を計画している場合には、期間内高速鉄道も含めた全国鉄が乗り放題になるユーレイルパスの利用がお勧めです。詳しくはこちらの記事で紹介しています。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でYama 北欧留学中をフォローしよう!

気に入ったらシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です