Fika i Sverige

北欧スウェーデンで海外留学中。留学準備や英語(IELTS)対策、北欧雑貨を含むスウェーデンでの日常や北ヨーロッパ旅行に役立つ情報を紹介。

                    

エディンバラ観光におすすめ!歴史的な秘境地 Dean Village

      2016/12/01


スコットランドの中心都市エディンバラ。最近ではその独特な雰囲気に魅せられ日本人の観光客も増えてきました。

エディンバラといえば石造りの古い建物が密集していて、古代都市を現代まで残す雰囲気が特徴的ですが、実はそんなエディンバラ中心部から徒歩20分ほどのところに、エディンバラのもう1つの顔を見られる歴史的な集落があります。

今回はそんな観光ガイドブックも教えてくれない隠れ家的スポット、Dean Village(ディーンヴィレッジ)をご紹介します!

スポンサーリンク

1. Dean Village

Dean Villageは1145年に、キングデイヴィッド(King David)が穀物製粉場をこの地で所有したことから発展を始めたという800年以上の歴史のある集落で、19世紀になるまではエディンバラに組み込まれることなく独自に発展してきました。

このDean Village、とにかく雰囲気がエディンバラ新旧市街とは全く異なり、自然と木造家屋が見事に融合したスカンジナビアンチックな感じ。人も少ないので、自然を感じながら綺麗な景色をみて小一時間の散策をするのにベストプレイスです。

2. ディーンヴィレッジ散策

エディンバラの中心部から徒歩圏内、バスでも5分ほどで到着する小さな村ですが、雰囲気はがらっといっぺんします。

非常に静かで人通りの少ない村ですが、地元の方の散歩ルートにもなっているようで、ぽつぽつと散策をしている人にすれ違いました。今回のご紹介するルートは、ディーンヴィレッジの西側(スコティッシュ近代美術館側)からエディンバラ中心部へと歩いています。

エディンバラ散策路

ディーンヴィレッジに面して小川が流れており、そこに沿うように散策路(Water of Leith Walkway)が整備されているので、絶景を楽しむためにこちらを利用しましょう。

天気次第ですが、この時は小川の流れが非常に穏やかで、その水の音や自然からマイナスイオンをたくさん吸収できました。ちなみに野生のリスなんかが結構たくさんいます。

小川沿いに散策路を進みます。西側であるスコティッシュ近代美術館側から歩いた場合は「Dean Village」の矢印に沿って歩いていきましょう(東側から散策を開始した場合には「Modern Art Museum」の案内を頼りに)。

ちょうど秋でしたので、見事な紅葉を見ることができました。

エディンバラの秋

散策を続けていくと、途中小川をクロスする橋を何度か渡ることになります。その中でもっとも絶景ポイントがこちら。Dean Villageの特徴的な景色を写真にとることができます。

エディンバラといえばとにかく重厚な石造りの建物がずらっと並ぶイメージですが、この橋からの景色はまるで北欧(スカンジナビア)にいるかのよう。カラフルな木造家屋が立ち並び、見事に自然と調和しています。

エディンバラの絶景

ヨーロッパの中でも美しい景色のかなり上位に入るんではないかと個人的に勝手に理解していますが、ここの景色はエディンバラにきたら是非見ておきたいところです。

ちょうど季節が秋だったこともあり、スナップショットも色映えして綺麗です。

見ての通り、本当に人が少なく、時たま散策やランニングをしている人を見かける以外、自然の音しか聞こえませんでした。エディンバラの中では有名な写真スポットになってはいるのですが、まだまだ観光客へは知られていないのでしょうか。

ただやはりこういう場所は静かに歩きたいので、隠れ家的スポットのまま残って欲しいような気もします。

ヴィレッジにはもちろん一般の家屋も建っていますが、その雰囲気はやはりエディンバラとは別の歴史を長く歩んだ村だけあって、少し雰囲気が違います。

エディンバラ

ちなみに、こちらは超超超高級住宅地とのことで、スコットランドの超セレブや王室の関係者が別荘にもっていたりするんだとか?

3. 最後に

エディンバラのお勧めランク上位ホテル一覧はこちら

いかがでしたか?エディンバラ中心部からすぐそばの隠れスポット、ディーンヴィレッジをご紹介させていただきました。

エディンバラ中心部とは少し雰囲気を変えて、自然を感じながらゆったりとした時間を過ごしたい方には是非おすすめです!